So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「クワイエット・プレイス」 [映画]

quietplace.jpg
〔2018年/アメリカ〕


リー(ジョン・クラシンスキー)とエヴリン(エミリー・ブラント)夫妻は、
3人の子供たちと、
「決して音を立てず」に暮らしている。


音を立てると、
「あいつ」に殺される。
耳聡い「あいつ」は、
音を聞くと、すぐやって来る。


しかし、エヴリンは臨月。
生まれた子供に、泣くなというのは無理。
家族はどうなるのか・・・。





試写会で観た。


上映後、
「SNSでの投稿について、ご協力のお願い」という
紙が配られ、
それを読むと、
通常の映画以上に、
ネタバレに気を使っているのが分かる。


なので私も、
余計な事は書かない方がいいであろう。
私自身も、
映画を観る前は、
極力、余計な情報を入れたくないと思う方だし、


特に、この映画、
観る前に想像していたものとは、
内容が全然違っていたし。


まぁ、とにかく、
主人公の一家が、
音を立てずに暮らしている、という映画なのだよ(笑)。


音を立てないといっても、
日常生活において、
例えば、引き出しを開ける時に出る音、くらいなら、
いいらしい。
あくまでも、静かに開け閉めする場合だけど。


でも、話し声は、絶対にダメ。
家族は手話で会話している。


これが現実だったら、
とっても難しそうだな。
決して声を立てないって、
できそうで、できない気がする。
驚いた時とか、
痛い時、
私はすぐ、「え!」とか「あ!」とか、
言ってしまうもの。


それから、この映画、
「釘」がめちゃくちゃ気になります。
気になって気になって、
夢に出てきそう。
・・・って、観ていない方には、
何の事だか、意味が分からないでしょうけれど(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(53)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

23区内全駅制覇・東武大師線 [23区内全駅制覇]

TS13.西新井駅
     daishi13.JPG

TS51.大師前駅
     daishi51.JPG



--------------------


全駅制覇、35回目の掲載は、
東武大師線です。


以前、「日暮里・舎人ライナー」の掲載をした時、
西新井大師に行くのに、舎人ライナーの西新井大師西駅で降りてしまい、
ずいぶん歩いた、と書きましたが、
この大師線の大師駅こそ、
西新井大師の最寄り駅なのですよね。


大師駅には、改札がなく、
西新井駅が全ての窓口になっているようです。
そのような形の駅があるとは、
この遊びをするまで知らなかったので、
とても面白く思いました。


--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
数年間かけて、
先日、やっと全駅制覇を完了いたしました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(69)  コメント(16) 
共通テーマ:映画

「コーヒーが冷めないうちに」 [映画]

coffeegasamenaiuchini.jpg
〔2018年/日本〕


時田数(有村架純)は、
従兄と一緒に、
喫茶店「フニクリフニクラ」を運営している。


この喫茶店には、
過去に戻れる席がある。
けれど、
そのためには、
面倒くさい、5つのルールがあった。


それでも、過去に戻りたいという客のために、
数はコーヒーを淹れるのだが・・・。





試写会で観た。


過去に戻れる喫茶店。
けれど、たとえ過去に戻ったとしても、
過去を変える事はできず、
体験できる時間も、
コーヒーが冷めきらない短い間。


それでもいいから、
自分が相手に言いたかった事、
したかった事を実現させるために、
実行する、登場人物たち。


で、私も考える。


過去に戻ってまで、
誰かに、何かを伝えたり、
知りたかったりって事があるだろうか、って。


うーん、ちょっと浮かばないかなぁ。
なんだか、風情のない人間だなぁ(笑)。


それに、それをしても、
未来は変わらないのだから、
あんまり意味がないような(笑)。
・・・って、これじゃ、身も蓋もない感想だわ(笑)。


ただ、未来は変わらないけど、
過去に戻った時に、起った出来事を参考に、
未来を自分で作る事はできる。
この映画は、そこがいい。


主人公は、
ずっと過去に縛られて生きてる女の子だけど、
クライマックスのシーンで、
人生が変わる。


これからはもう、
未来だけを見据えて生きてほしいと
願わずにはいられないラスト。


評価 ★★★☆☆

nice!(64)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

「ダウンレンジ」 [映画]

downrange.jpg
〔2018年/日本・アメリカ〕


男子3人、女子3人の大学生グループが、
車で山道を走行中、
タイヤがパンクする。


タイヤを交換している時、
中から薬莢が出てくる。
これは、自然にパンクしたのではなく、
何者かが銃を撃ち、
故意にパンクさせられたのだと
気付いた時から、
恐怖が始まる。


どこにいるのか分からない人間が、
こちらに向けて銃を撃ってくる。
男女各1名が撃ち殺される。


残った者は、
車の陰や、切り株の陰に隠れるが、
相手は容赦なく銃を撃ってくる。
こんな山道、
車は通らず、
ケータイの電波も入らない・・・。





試写会で観た。


これは、
血を見るのが嫌いな方には、
絶対にお勧めできない。


とにかく血でいっぱい。
いや、血だけならまだいいけれど、
それより私がゾッとしたのは、
銃で頭を撃ち抜かれて、
地面に広がった、脳髄。


アスファルトに広がる、
液体のような、固形物のようなドロドロのそれに、
太陽が当たり、
蠅がたかり、
カラスがやって来る。


「この程度の映像、大丈夫」と思って観ていたけれど、
やっぱり気持ち悪くなってくる。


なぜ、犯人が、
この男女のグループの車を狙ったのかは、
描かれていないけど、
観た感じ、
誰でも良かったように思える。
通りかかったのが運の尽き、という感じで。


ほぼ、半径10メートルだけの範囲で描かれる、
シチュエーションムービー。
監督は、ハリウッドでも映画を撮っている、
日本人の北村龍平さん。


映画の前に、監督さんや製作さんなど、
映画に関わった皆様の舞台挨拶があった。
それから、藤原紀香さんも来た。
※注・藤原さんは、映画には出ていません(笑)。

downrange2.jpg


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

23区内全駅制覇・都営三田線 [23区内全駅制覇]

I01.目黒駅
     mita01.JPG

I02.白金台駅
     mita02.JPG

I03.白金高輪駅
     mita03.JPG

I04.三田駅
     mita04.JPG

I05.芝公園駅
     mita05.JPG

I06.御成門駅
     mita06.JPG

I07.内幸町駅
     mita07.JPG

I08.日比谷駅
     mita08.JPG

I09.大手町駅
     mita09.JPG

I10.神保町駅
     mita10.JPG

I11.水道橋駅
     mita11.JPG

I12.春日駅
     mita12.JPG

I13.白山駅
     mita13.JPG

I14.千石駅
     mita14.JPG

I15.巣鴨駅
     mita15.JPG

I16.西巣鴨駅
     mita16.JPG

I17.新板橋駅
     mita17.JPG

I18.板橋区役所前駅
     mita18.JPG

I19.板橋本町駅
     mita19.JPG

I20.本蓮沼駅
     mita20.JPG

I21.志村坂上駅
     mita21.JPG

I22.志村三丁目駅
     mita22.JPG

I23.蓮根駅
     mita23.JPG

I24.西台駅
     mita24.JPG

I25.高島平駅
     mita25.JPG

I26.新高島平駅
     mita26.JPG

I27.西高島平駅
     mita27.JPG


--------------------


全駅制覇、34回目の掲載は、
都営三田線です。


都営三田線は、
金持ちマダムのイメージの目黒や白金から、
新興住宅地の高島平まで繋がる、
長い路線なのですが、
駅名の付け方に、
あと一歩工夫があったらなぁと、
勝手に思っています(笑)。


というのも、


「白金」の付く駅 ⇒ 2駅
「巣鴨」の付く駅 ⇒ 2駅
「板橋」の付く駅 ⇒ 3駅
「蓮」の付く駅 ⇒ 2駅
「志村」の付く駅 ⇒ 2駅
「高島平」の付く駅 ⇒ 3駅


と、いった感じで、ちゃんと調べていかないと、
降りる駅を間違えてしまいそうです(笑)。


--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
数年間かけて、
先日、やっと全駅制覇を完了いたしました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(68)  コメント(15) 
共通テーマ:映画