So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「恋愛ズバリ講座」 [映画]

renaizubarikouza.jpg
〔1961年/日本〕


【第一話:吝嗇】

リッチマン社の社長・天知茂は、
とにかくケチな男。
彼の口癖は「ギブ・アンド・テイク」。

そんな天知が、恋をしてしまう。
相手は、大富産業の女社長・小畑絹子。
小畑は、天知よりさらにケチな女で、
口癖は、「テイク・アンド・テイク」・・・。


これは、ストーリーというより、
セリフ回しを楽しむ。
なにせ、天知茂さんや小畑絹子さんの喋り方は、
ロボットというか、宇宙人というか、
まるで感情がこもっておらず、
2人が一緒にいても、
恋愛に発展するというイメージが湧かない(笑)。

星輝美さんが、
小悪魔なホステス役で出ていて、可愛い。
彼女は、天知さんの
小切手と印鑑を手に入れる・・・
・・・と書けば、
どういう流れになるかは、分かりますよね(笑)。





【第二話:弱気】

ある田舎の村に、
原子力発電所が誘致される事になり、
東京から、役人・菅原文太が視察に来た。

村のお偉方は、
自分の土地を利用してもらいたく、
菅原を大歓迎するが、
彼の様子がどうもおかしい・・・。


菅原文太さんが、
世間から持たれているイメージとは正反対の、
とっても気の弱い男を演じているのが面白い。
彼は、東京の役人のフリをしているけれど、
実は、村長の娘・池内淳子さんとの
結婚の許しを請いに来たのだ。

村のドタバタっぷりも可笑しい。
原発の建設場所を、
なんとか自分の土地にしたいと、
村の三役が、それぞれ金や愛人を差し出す。
古い映画だけど、
今でも、そういった体質は変わっていないのかも。





【第三話:好色】

結婚詐欺師の沖竜次は、
女を騙しては、金を巻き上げ、殺害する、
を繰り返している。

次のターゲットは、保母・三原葉子。
三原は、小金は持っているらしいが、
グレている弟がいて・・・。


3つの中では、
これが一番好きかも。
サスペンス風味で、
どんでん返しもある。


三原葉子さんが、酔って、下着姿になって、
突然踊り出すシーンが、
好評のようだけれど、
私は、これには特に感慨はなし(笑)。
むしろ奇妙なシーンに思えた。
その奇妙がいいのかもしれないけど。


3話とも、それなりに面白かったけど、
恋愛の「ズバリ講座」というほどには、
特に参考になるような事はなかった(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(52)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

「クワイエット・プレイス」 [映画]

quietplace.jpg
〔2018年/アメリカ〕


リー(ジョン・クラシンスキー)とエヴリン(エミリー・ブラント)夫妻は、
3人の子供たちと、
「決して音を立てず」に暮らしている。


音を立てると、
「あいつ」に殺される。
耳聡い「あいつ」は、
音を聞くと、すぐやって来る。


しかし、エヴリンは臨月。
生まれた子供に、泣くなというのは無理。
家族はどうなるのか・・・。





試写会で観た。


上映後、
「SNSでの投稿について、ご協力のお願い」という
紙が配られ、
それを読むと、
通常の映画以上に、
ネタバレに気を使っているのが分かる。


なので私も、
余計な事は書かない方がいいであろう。
私自身も、
映画を観る前は、
極力、余計な情報を入れたくないと思う方だし、


特に、この映画、
観る前に想像していたものとは、
内容が全然違っていたし。


まぁ、とにかく、
主人公の一家が、
音を立てずに暮らしている、という映画なのだよ(笑)。


音を立てないといっても、
日常生活において、
例えば、引き出しを開ける時に出る音、くらいなら、
いいらしい。
あくまでも、静かに開け閉めする場合だけど。


でも、話し声は、絶対にダメ。
家族は手話で会話している。


これが現実だったら、
とっても難しそうだな。
決して声を立てないって、
できそうで、できない気がする。
驚いた時とか、
痛い時、
私はすぐ、「え!」とか「あ!」とか、
言ってしまうもの。


それから、この映画、
「釘」がめちゃくちゃ気になります。
気になって気になって、
夢に出てきそう。
・・・って、観ていない方には、
何の事だか、意味が分からないでしょうけれど(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(53)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

「コーヒーが冷めないうちに」 [映画]

coffeegasamenaiuchini.jpg
〔2018年/日本〕


時田数(有村架純)は、
従兄と一緒に、
喫茶店「フニクリフニクラ」を運営している。


この喫茶店には、
過去に戻れる席がある。
けれど、
そのためには、
面倒くさい、5つのルールがあった。


それでも、過去に戻りたいという客のために、
数はコーヒーを淹れるのだが・・・。





試写会で観た。


過去に戻れる喫茶店。
けれど、たとえ過去に戻ったとしても、
過去を変える事はできず、
体験できる時間も、
コーヒーが冷めきらない短い間。


それでもいいから、
自分が相手に言いたかった事、
したかった事を実現させるために、
実行する、登場人物たち。


で、私も考える。


過去に戻ってまで、
誰かに、何かを伝えたり、
知りたかったりって事があるだろうか、って。


うーん、ちょっと浮かばないかなぁ。
なんだか、風情のない人間だなぁ(笑)。


それに、それをしても、
未来は変わらないのだから、
あんまり意味がないような(笑)。
・・・って、これじゃ、身も蓋もない感想だわ(笑)。


ただ、未来は変わらないけど、
過去に戻った時に、起った出来事を参考に、
未来を自分で作る事はできる。
この映画は、そこがいい。


主人公は、
ずっと過去に縛られて生きてる女の子だけど、
クライマックスのシーンで、
人生が変わる。


これからはもう、
未来だけを見据えて生きてほしいと
願わずにはいられないラスト。


評価 ★★★☆☆

nice!(64)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

「ダウンレンジ」 [映画]

downrange.jpg
〔2018年/日本・アメリカ〕


男子3人、女子3人の大学生グループが、
車で山道を走行中、
タイヤがパンクする。


タイヤを交換している時、
中から薬莢が出てくる。
これは、自然にパンクしたのではなく、
何者かが銃を撃ち、
故意にパンクさせられたのだと
気付いた時から、
恐怖が始まる。


どこにいるのか分からない人間が、
こちらに向けて銃を撃ってくる。
男女各1名が撃ち殺される。


残った者は、
車の陰や、切り株の陰に隠れるが、
相手は容赦なく銃を撃ってくる。
こんな山道、
車は通らず、
ケータイの電波も入らない・・・。





試写会で観た。


これは、
血を見るのが嫌いな方には、
絶対にお勧めできない。


とにかく血でいっぱい。
いや、血だけならまだいいけれど、
それより私がゾッとしたのは、
銃で頭を撃ち抜かれて、
地面に広がった、脳髄。


アスファルトに広がる、
液体のような、固形物のようなドロドロのそれに、
太陽が当たり、
蠅がたかり、
カラスがやって来る。


「この程度の映像、大丈夫」と思って観ていたけれど、
やっぱり気持ち悪くなってくる。


なぜ、犯人が、
この男女のグループの車を狙ったのかは、
描かれていないけど、
観た感じ、
誰でも良かったように思える。
通りかかったのが運の尽き、という感じで。


ほぼ、半径10メートルだけの範囲で描かれる、
シチュエーションムービー。
監督は、ハリウッドでも映画を撮っている、
日本人の北村龍平さん。


映画の前に、監督さんや製作さんなど、
映画に関わった皆様の舞台挨拶があった。
それから、藤原紀香さんも来た。
※注・藤原さんは、映画には出ていません(笑)。

downrange2.jpg


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「ヒトラーと戦った22日間」 [映画]

hitlertotatakatta22nichikan.jpg
〔2018年/ロシア〕


第二次世界大戦下、
ユダヤ人収容所・ソビボルには、
毎日、列車いっぱいのユダヤ人たちがやって来ては、
ほぼ全員が、
ガス室で殺される。


役に立ちそうな仕立て屋などの職人は
殺されずに済むが、
彼らには壮絶な虐待が待っている。


そんな日々の中、
一部のユダヤ人たちが、
収容者全員の脱走を計画し始める。


それは困難で危険な計画だ。
彼らは綿密な打ち合わせを始め・・・。





試写会で観た。


昨日、「singlemom」の感想で、
「この映画には夢がない」と書いたけれど、
同じように書くなら、
この「ヒトラーと~」には、
心がない。


まずは、収容所に送られたけれど、
役に立ちそうだからと、殺されなかったユダヤ人たち。


彼らは、殺されずに済んでラッキーだった、なんて、
とても思える状況ではない。
自分の家族や恋人や友人が目の前で殺され、
自身も、激しい虐待に遭う。


それは、真っ当な神経を持っていたら、
気が狂ってしまうと思われるような出来事で、
心を殺し、心を持たず、
何も考えないようにする外、
生きる術がない、という意味で、
心がない。


そして、ナチスの将校たち。
一体どうすれば、
あんな風に、
笑いながら人を虐待し、殺せるのか、
それはもう、想像を絶する場面の数々で、
とても、人間のする事ではない。
そういう意味で、心がない。


酷い虐待の中で生きているユダヤ人たちは、
ここを抜け出そうと模索し、
ついに実行する。


それは手に汗握る緊張の場面で、
スクリーンから目が離せない。
頑張れ!なんとか成功してほしいと祈るような気持ち。


この話のいい所は、
その計画が、
自分たち数人が助かればそれでいい、というのでなく、
やるからには、収容者全員を脱出させなければ、
という事。


実話なのだそうだ。


評価 ★★★★☆

nice!(51)  コメント(4) 
共通テーマ:映画