So-net無料ブログ作成

「ワンス・アポン・ア・ タイム・イン・ハリウッド」 [映画]

ONCEUPONATIMEINHOLLYWOOD.jpg
〔2019年/アメリカ〕


1960年代。
テレビドラマの俳優で、
かつては人気者だった
リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)も、
今は落ち目。


最近は、悪役や、単発ゲストの仕事ばかりで、
今後の人生に、
不安と焦りを感じている。


そんなリックを、親友で、専属スタントマンでもある
クリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、
支え続けてきた。


そんなある日、
リックの隣の家に、
映画監督のロマン・ポランスキーと、
監督の妻で女優のシャロン・テートが
引っ越してくる・・・。





この映画のニュースを聞いた時から、
このミーハーな心のときめきを抑える事ができず、
公開を楽しみにしてきた。


なんと、
私の王子・プリオと、
今まで肉眼で見たスターの中で
一番カッコいいと言い切れるブラピとが、共演。
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2017-05-24
そりゃあ、ときめくな、という方が無理であろう(笑)。


さらに、監督がクエンティン・タランティーノ、
そして、扱うテーマが、
猟奇殺人に多大な興味を寄せる私が、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2019-06-25
詳しく知りたいと思っている、
シャロン・テート殺人事件ときた日には、
好きなおかずだけが乗った大皿を、
目の前に差し出された気分。


で、実際観た感想は、といえば、
期待通りで、面白かった。


さすが、映画の黄金期を描いた作品というだけあって、
実在のスター・スティーブ・マックイーンなどが出てくるんだけど、
特に、ブルース・リーには大笑い。


ヒッピー文化の最盛期という事もあって、
ヒッピーのコミューンの雰囲気も面白いし、
そこに、黄色いアロハを着て、
ずんずん入っていくブラピがまた、カッコいい。
なんか、好きなシーン。


そして、最大のみどころ。
いよいよ、シャロン・テートの事件が起こるか!?
という場面。


これがまた、
興味深くて。
うん、そうか、なるほどねと、
思わされる場面。


プリオとブラピのコンビもいい。
人気低迷に泣くプリオを、
ブラピが、よしよしして、
サングラスを貸してやるシーンなんか、
別に変な意味じゃないのに、
なんか、ときめくー(笑)。
いい男が2人揃うって、
なんて気分がいんでしょ(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(82)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

「孤狼の血」 [映画]

koronochi.jpg
〔2017年/日本〕


1988年。
広島・呉原市。
街は、古くからある暴力団・尾谷組と、
新興組織・加古村組とが、
一触即発の状態だった。


そんな中、
呉原東署に、
広島大学を卒業した、
エリート新米刑事・日岡(松坂桃李)が赴任、
ベテラン刑事・大上(役所広司)と組むことになる。


大上は、
暴力団との癒着や、
強引な捜査など、
黒い噂が絶えない男で、
日岡は、早速、彼のペースに巻き込まれてゆく。


そんなある日、
加古村組の系列企業の経理担当が失踪。
大上は日岡を引き連れ、捜査を開始するが・・・。





出だしから、
激しい暴力シーンで、
目を背けてしまう。


豚小屋での、
あんな事や、そんな事。
ゲロ吐きそうなシーンの連続。
人って、拷問しようと思えば、
どんな場所でも、
どんなものでも使えるって事なのね。


役所広司演じる刑事が、
正義の味方なのか、
悪徳警官なのかが分からなくて、
その演技に圧倒されながら、観る。


現実に彼のような刑事がいるかどうかは分からないけど、
世の中の、
想像を絶するような
悪人と対峙するには、
悪人より、さらに上をいく迫力を持ってしか
立ち向かえないだろうから、
あれくらいの刑事はいるのかなぁ、とも思う。


実際、刑事の集団と、
ヤクザの集団って、
見分けがつかないとも聞くし。


それにしても、
この原作を書いたのが、
女性というのが、
何より凄い。


この発言が、性差別になるとしたら、
申し訳ないのですが、
女性があんな激しいバイオレンスを描くとは、
私の中に、無いイメージだったから。


続編も準備中という事で、
楽しみだ。


特に、エリートの松坂桃李君が、
どんな刑事になってゆくのかが、
ものすごく気になる。


本作の彼は、
役所広司の暴れん坊っぷりに唖然とし、
それを止めるという役だったけど、
今後、どういう人間に成長してゆくんだろう。


エリートを貫くのか、
役所さんのやり方を踏襲するようになるのか。


評価 ★★★★☆

nice!(127)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「エセルとアーネスト ふたりの物語」 [映画]

ETHELTOERNEST.jpg
〔2016年/イギリス〕


1928年、ロンドン。
牛乳配達のアーネストと、
メイドのエセルが出会い、
恋に落ち、
結婚する。


ウィンブルドンに家を買った2人の間に、
息子・レイモンドが生まれ、
幸せな家庭生活だったが、
第二次世界大戦が勃発。


レイモンドだけが疎開し、
激しい戦火の中でも、
笑いを忘れない2人。


戦争が終わり、
レイモンドも成長し、
エセルとアーネストにも、
老いが忍び寄り・・・。





試写会で観た。


イギリスのイラストレーター、
レイモンド・ブリッグズが、
自分の両親の一生を描いたアニメ。


特別な事は、何も起こらない。
平凡という言葉が、
これほどしっくりくる夫婦はいない、というくらい、
普通で、
でも、平凡で、平穏に暮らせることが、
どれほど幸せな事か、と教えてくれる。


でも、平凡な中にも、
もちろん、家族だけの
小さなドラマがある。


レイモンドが生まれる時、
とても難産で、
高齢出産のエセルは、
2人目の子供は無理だと医者に言われたり、


レイモンドが一人で疎開する時、
エセルが泣き崩れたり、


せっかく入れた、レベルの高い学校を、
レイモンドが中退し、
美術学校に入ってしまい、
ガッカリしたり・・・


・・・って、殆どのエピソードが、
レイモンド絡みね。
子供が家庭の中心になって、
喜びや希望、時に失望をもたらしてくれるのは、
どこの国も同じなようだ。


どこの国も同じ、といえば、
エセルと、隣の家の主婦が、
子供の事で、何かと張り合うのも、
人間はどこも同じだなぁと思う。


エセルが、レイモンドが優秀な事を
自慢げに話したり、
その後、レイモンドが悪さして、
警察車両で帰ってきた時、
隣の主婦が探りを入れてきたり(笑)。


それから、
エセルが、
レイモンドのお嫁さんを
ちょっと気に入らなかったり、
2人の子供について口にしたり、
レイモンドたちが買った家に文句を付けたりなど、
面倒くさいなー、と思う部分もあった(笑)。


いや、それは仕方ない。
レイモンド・ブリッグズさん自身が、
現在85歳。
つまりエセルは、
1890年頃、生まれたという事で、
今とはモラルも感覚も、
全然違っていたのでしょうね。


評価 ★★★☆☆

nice!(112)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

「セカイイチオイシイ水 マロンパティの涙」 [映画]

sekaiichioishiimizu.jpg
〔2019年/日本〕


女子大生の明日香(辻美優)は、
友人から、
フィリピンにボランティアに行かないか、と誘われる。
気乗りがせず、断るも、
「素敵な出会いがあるかも」
「就職にも有利」などと説得され、
渋々、承知する。


ところが、当日、友人がインフルエンザで渡航不可能に。
仕方なく、一人で、
マニラから300キロ南にある村・パンダンに行った明日香は、
ボランティアのリーダー・岩田(赤井英和)の指導の下、
地面に、水道を引くための穴を掘る作業をする事に。


パンダンには水道がなく、
人々は、濁って、塩分含んだ水を飲むしかない。
明日香のホームステイ先の、
10歳ほどの少女・アミーは、
その水のせいで、腎臓病を患っている。


アミーとすっかり仲良しになった明日香は、
活動に力が入るようになり・・・。





試写会で観た。


フィリピンの貧しい村に、
水道を引くために、
一生懸命になる女子大生の物語。


観ていて、気持ちがいい。
なぜだろう、と考えてみたら、
気乗りがしないまま、パンダンの地にやって来た、
主人公の明日香だけど、
穴を掘る作業を、
一度でも、
「手が汚れる」とか、
「服が汚れる」とか、
「日に焼ける」とか、
「疲れた」とか、
言わないからだと気が付いた。


たとえ不本意であっても、
一度やると決めたからには、
不平不満を言わない。
そんな姿勢がいいし、
私も見習いたいところだ。


明日香は、このプロジェクトに最後まで関わっていたいと
思うようになり、
その後、何度もフィリピンに通うようになる。


私が、このようなボランティアに携わることは、
おそらく一生ないだろうけど、
明日香の気持ちは、理解できる。
少しでも、工事に関わった人なら、
水道が完成した瞬間の達成感は、
何にも代えがたいし、
その場に立ち会いたい、
と思うのが人情なのではないだろうか。


上映前に、
赤井英和さん、辻美優さん、目黒啓太監督による
舞台挨拶があった。

EDbbUZvU4AAKg-V.jpg

辻さんは、アニー役の少女と、
折り紙を介して、
交流を深めたり、
赤井さんは、
現地のエキストラの方の親切に感動したなどの
お話しをされ、
和やかな舞台挨拶だった。


辻さんがとっても綺麗で、
ブルーグリーンのワンピースが、
似合っていて、素敵。


赤井さんが、
普通のおじさんみたいに、
緊張しながらお話しされているのも、
面白かった。


評価 ★★★☆☆

nice!(112)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

「僕のワンダフル・ジャーニー」 [映画]

bokunowonderfuljourney.jpg
〔2019年/アメリカ〕


犬のベイリーは、
飼い主の、
イーサン(デニス・クエイド)と妻のハンナが
大好き。


現在、イーサンたちと一緒に暮らしている、
ハンナの娘・グロリアと、
グロリアの娘・CJ。


グロリアは、CJを妊娠中に夫を亡くし、
荒んだ心で生活している。
ベイリーは、
イーサンとハンナから、
「CJを守ってあげてね」とお願いされている。


ところがある日、
グロリアは、
CJを連れて、出て行ってしまう・・・。





試写会で観た。


「僕のワンダフル・ライフ」の続編。


前作で、飼い主のイーサンを愛するあまり、
50年で3回も生まれ変わったベイリー。


この物語の面白い所は、
生まれ変わるベイリーの犬種が同一でなく、
性別も男の子に限らない、という点。
つまり、私が生まれ変わった時、
アメリカ人の男性になっていたようなもの(笑)。


本作は、感動だった前作の終わりから始まる。
やっと結ばれたイーサンとハンナだけど、
ハンナの娘・グロリアは、
妊娠中に夫を亡くしたせいで、
世の中全体を恨んでいるようなところがあって。


イーサン夫妻が、どんなにいいアドバイスをしても、
グロリアの心にはまるで響かない。
それどころか、ひねくれた受け止め方をして、
激しく怒り出す。


で、ついに家を出てしまうわけだけど、
ベイリーは、
グロリアの娘・CJを守る、というミッションを忘れず、
生まれ変わって、10歳になったCJに飼われるようになるんだな。


前作では、ベイリーの生まれ変わりは、
50年で3回だったけど、
今回は、スパンが短い(笑)。
25年ほどの間に、3回。


まぁ、主役がCJで、
赤ちゃんの時から、年頃になるまでだから、
そこは、仕方ない。


ベイリーの愛らしさ、
健気さ、
イーサンを思う気持ち、
そして、言葉を持たない動物の、
そこはかとない哀しみが伝わってくる、
とてもいい映画。


前作より、
ちょっとテンポが早いのが気になったけど、
動物を愛する人、
生まれ変わっても、また会いたいと思える人がいる人なら、
きっと感動できると思う。


評価 ★★★☆☆

nice!(120)  コメント(6) 
共通テーマ:映画