So-net無料ブログ作成

☆中国旅行 その2☆ [旅行]

翌日。
成都から車で2時間ほどの街・雅安に行きました。

DSCN1374.JPG

ここには、パンダの繁殖を目的とした施設、
「雅安パンダ保護研究センター」があります。


私たちは、ここで、
この旅行の最大の目的である
パンダのお世話ボランティアをするのです。

DSCN1125.JPG
まず、つなぎの作業着と、


DSCN1127.JPG
手袋をお借りして、身に付け、


DSCN1126.JPG
ボランティアのプレートを首から下げます。



DSCN1388.JPG
私たちがお世話をするのは、
この子。
人懐っこくて、
すぐ寄ってきました。
めちゃくちゃ可愛い。


DSCN1392.JPG
この子のお部屋をお掃除するために、
お外に遊びに行かせます。


DSCN1411.JPG
私たちが作業をしていると、戻ってきて、
こちらをじっと見ています。
あぁ、なんてお利口なんだろう。


DSCN1448.JPG
お掃除が終わったら、
いよいよ、一番のお楽しみのお食事です。


DSCN1452.JPG
まさか、パンダに直接食べ物をあげられる日が来るとは、
夢にも思っていませんでした。


DSCN1459.JPG
私たちがあげたのは、
にんじんと、パンダだんご。
咀嚼音まで、愛おしい。


IMG_4777.JPG
パンダは、
あまり近寄ると、
向こうはじゃれているつもりでも、
鋭い爪や牙で、
人間が怪我をしてしまう事もあるそうで、
食べ物は全て、トングで口に入れてあげます。


IMG_4779.JPG

IMG_4807.JPG

IMG_4816.JPG

IMG_4819.JPG
このボランティアは、
来園者が誰でもできるというわけではなく、
事前に申し込みをして、
医師の健康診断書が必要です。
この日の参加者は、私たちだけでした。



DSCN1427.JPG
中国のどこかの会社から、
研修に来ていた皆さまと一緒に、
パンダだんごも作りました。


「中国は何度目ですか?」と聞かれたり、
「私は日本が大好きです」と言ってくださったり、
和気藹々と、とても楽しかった。


IMG_4789.JPG
全ての工程が終了するといただける、
証明書です。


IMG_4791.JPG
裏面。



DSCN1435.JPG

DSCN1479.JPG

DSCN1444.JPG
ここにも沢山のパンダがいて、
ボランティアはしなくても、
普通に見る事ができます。





本当に、夢のような旅でした。
これだけ、パンダと関わったのだから、
当分、見なくていいだろうと言われそうですが、
その逆で、
帰るのが名残り惜しく、
近くに住んでいたら、何度でも通いたいくらい、
パンダへの愛が強まりました。


そして、思うのはシャンシャンの事。
好奇心旺盛で、元気いっぱいのあの子が、
このような広い場所で、
伸び伸びと暮らせたら、
本当は幸せなんだろうな、と思ったりもしたのです。


うーん、でも、
中国に帰してしまうのは、やっぱり淋しい・・・。
私が考えたって、どうなる事でもないのですが、
色々考えさせられた旅でもありました。


パンダの繁殖期は、
6月~8月なので、
いわゆる「パンダ幼稚園」を見る事は出来なかった事だけが、
残念ですが、


いや、むしろ、その方が良かったかな。
また行く口実ができたので(笑)。

nice!(160)  コメント(44) 
共通テーマ:映画

☆中国旅行 その1☆  [旅行]

5月11日から14日までの4日間
中国に旅行に行ってきました。


2年前、上野動物園にパンダの赤ちゃん・シャンシャンが生まれて以来、
あの子の可愛さに魅了され、
何度も上野に通っている事は、
このブログにも時々書いているのですが、


パンダの生態を本で読んだり、
映像で観たりしているうちに、
「野生のパンダを、この目で見てみたい、
 野生は無理でも、
 野生に近い状態で育てられているという、
 中国のパンダセンターに行ってみたい」
という思いが、日に日に募ってゆくのを、
止める事ができません。


「行こう! パンダセンターに行こう! 一人でもいいから行こう!」
そう決心し、
ツアーを探している中、
そのことを、同僚女性のHさんに何気なく話した所、
「ぜひ一緒に行きたい!」という、思いもかけないお言葉があり、
2人で行くことが決まっというわけなのです。



DSCN1256.JPG
着いた先は、四川省成都。
いよいよ「大熊猫繁育研究基地」に入ります。


DSCN1304.JPG
おぉぉぉぉぉ!!!!!
嘘でしょう!?
上野動物園では、
1時間並んで、見られるのは30秒なんて時もあるパンダが、
普通に目の前にいます。
何時間でも見ていていいんです(笑)。


DSCN1066.JPG
よく目をこらさなければ見えないような木の上で
くつろいでいる子もいます。
ちゃんと探さなければ。


DSCN1080.JPG

DSCN1297.JPG

DSCN1085.JPG

DSCN1274.JPG

DSCN1273.JPG

DSCN1263.JPG

DSCN1312.JPG

DSCN1289.JPG

DSCN1285.JPG

DSCN1099.JPG

すごい!すごすぎです!
パンダ好きにはまるで天国。
パンダの楽園。


Hさんと合わせて、
360枚も写真を撮ったのですが、
いくらなんでも、全部は載せられないので、
これくらいにしておきます。


パンダに興味のない方には、
退屈ですよね(笑)。
すみません。

nice!(137)  コメント(34) 
共通テーマ:映画

☆茨城旅行 その2☆ [旅行]

JAXAを見学したあと、お食事をして、
友人は帰ってゆきました。
今回の旅は、
私だけが泊まりなのです。


翌日は、路線バスで土浦へ。


春に、高知旅行をした時と同じように、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17
土浦にも、昭和な映画館があると知って、
どうしても行きたかったのです。


DSCN1015.JPG
土浦駅から、7分くらい歩くと、
目的の映画館・土浦セントラルシネマズが入っているという、
TCビルを発見。


DSCN1017.JPG
壁には、上映作品が。


DSCN1040.JPG

入口を探すと、それらしいものがありましたが、
エスカレーターは、
ずいぶん前から動いていない雰囲気。
本当にこの上に、映画館があるのでしょうか。


DSCN1039.JPG

DSCN1038.JPG
階段を上がりきって、奥へ。


DSCN1023.JPG
ハリー・ポッターのディスプレイに、
ピンクの壁。
正直、ちょっと怖い(笑)。


DSCN1034.JPG
さらに、長い廊下が。
大丈夫か?
廃墟じゃないよね(笑)。


DSCN1028.JPG
やっと券売機に到着。


チケットを買って、
中に入ると、係の男性がもぎってくださいました。
聞いてみたら、この映画館、
オープンして50年以上経っているそうです。


DSCN1030.JPG
劇場内はこんな感じ。


DSCN1032.JPG

DSCN1031.JPG
廊下は怖かったけど、
ロビーは、
とても綺麗に飾り付けされていました。


まだまだ、日本には古い映画館があるのですね。
出来る限り、行ってみたい。


DSCN1042.JPG
JR土浦駅から、帰途につきました。



----------

初めての茨城県。
色々満足でした。


以前、このブログで、
47都道府県で泊まった事のある県がいくつあるか、
数えた事があるのですが、
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2013-09-16
これでもやっと19県。


・泊まった事のある県

  宮城県
  福島県
  栃木県
  茨城県
  千葉県
  埼玉県
  東京都
  神奈川県
  静岡県
  長野県
  愛知県
  岐阜県
  石川県
  滋賀県
  京都府
  奈良県
  和歌山県
  大阪府
  高知県


・泊まった事のない県

  北海道
  青森県
  岩手県
  秋田県
  山形県
  群馬県
  山梨県
  三重県
  新潟県
  富山県
  福井県
  兵庫県
  岡山県
  広島県
  鳥取県
  島根県
  山口県
  香川県
  愛媛県
  徳島県
  福岡県
  佐賀県
  長崎県
  大分県
  熊本県
  宮崎県
  鹿児島県
  沖縄県

nice!(66)  コメント(18) 
共通テーマ:映画

☆茨城旅行 その1☆ [旅行]

先日、1泊2日で、
茨城県に旅行に行ってきました。

IMG_4246.JPG
1日目に行ったのは、つくば。


つくば駅の前にある中央公園には、
ノーベル賞受賞者や学者さんたちの像や、
モニュメントが沢山あります。
さすが学園都市。


IMG_4247.JPG
朝永振一郎先生。
猫を連れているのが可愛い。


DSCN0975.JPG

気になったのは、
「未来の台座」。
当然この上に立つ(笑)。

DSCN0976.JPG


DSCN0982.JPG
午前中の目的は、
公園奥の、つくばエキスポセンターにある、
世界最大級と言われる、
プラネタリウムを見る事です。


このドームがプラネタリウムで、
建物内には、他にも、
遊びながら科学の実験ができる設備が沢山あり、
つい夢中になってしまいました(笑)。



DSCN0985.JPG
午後は、JAXAの見学です。

DSCN0988.JPG
JAXA見学には、事前予約と身分証明書が
必要です。

DSCN0998.JPG
広大な敷地に、
様々な建物が建っています。
見学者は、そのうちの、
「無重力環境試験棟」と「運用棟」へバスで移動します。

DSCN0992.JPG
「無重力環境試験棟」の内部は、
写真撮影OKですが、
「運用棟」は禁止です。

DSCN0995.JPG

DSCN1006.JPG

DSCN1009.JPG

DSCN1013.JPG
宇宙飛行士になるには、
語学力や数学力など、
必要な物は沢山ありますが、
一番大事なのは、
「協調性」だそうです。


確かに、狭い宇宙船の中で、
仲間と力を合わせて様々な研究に取り組むのに、
すぐ腹を立てる人や、
ウジウジした人は、
絶対に向きません。


友人と2人で、
「私たちには無理だ」という結論に達しました(笑)。


DSCN1011.JPG
観光地などによくある、
顔はめパネルの、
宇宙服立体バージョン。
これで写真を撮れば、
気分はすっかり宇宙飛行士(笑)。

nice!(55)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

☆イタリア旅行 その5☆ [旅行]

ヴェローナで一番の目的地、
「ロミオとジュリエット」の、
ジュリエットの家にやって来ました。


Italy50.JPG
ロミオがジュリエットに愛の告白をしたとされる
バルコニー。


Italy51.JPG
美しいジュリエットの像。
後ろの壁に、沢山の紙が貼りつけてありますが、
これが、
ここを訪れる世界中の女性が、
ジュリエットに宛てた、
恋の相談のお手紙です。


そして、
このジュリエットの像の右胸を触ると、
願い事が叶うと言われてはいるのですが・・・


Italy52.JPG
・・・男性がすると、
なんだか、公開セクハラをしているように
見えなくもありません(笑)。


この嬉しそうな男性の写真を、
こんな所で晒していいものかと迷いましたが、
別にこの方も、
邪な気持ちで触っているのではなく、
あくまでも、願い事を叶えるためですからね(笑)。


Italy53.JPG
こちらがロミオの家。
ジュリエットの家は、
市で管理されているのですが、
ロミオの家は、一般の方が住んでいるそうで、
外側から見るだけです。


Italy54.JPG
ハムなどを量り売りしているお店で、
ヴェローナ産の生ハム、
パン、サラダ、リンゴの煮たものなどを買って、


Italy55.JPG
お店の奥の、
川が見えるバルコニーでいただきました。
美味しくて、景色がよくて、
とても気持ち良かったです。


Italy56.JPG
やっぱり、古いお家に目が行きます。


Italy57.JPG
それから、
通りを何気なく歩いていたら、
ファッションブランド、
「ブランディ・メルヴィル」のショップがあってビックリ。
サンフランシスコでもハワイでも、
友人は、このお店を探してまで行くほどだったのですが、
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-06-24
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2017-09-16

でも、今回はイタリアなので、
行かなくていいや、と思っていたのだそうで、
見つけたのは本当に偶然。
友人は、すぐお店に入って、
Tシャツを買ってました(笑)。


Italy58.JPG
街のいたる所に、このような装飾があります。


Italy60.JPG
スクーターの2人乗りが、
世界一似合う国、イタリア(笑)。


Italy61.JPG
先ほどの川の少し上流。


Italy33.JPG
また、特急列車に乗ってホテルに帰ります。
駅で、時々、
真っ赤で、超カッコいい電車が走り抜けていくのですが、
なんとこれは、
フェラーリの会社が作った電車なのだそう。
なんか納得。


Italy32.JPG
ホテルの近くの本屋さんで、
こんなディスプレイがされていました。


Italy31.JPG
テレビで放送されていた日本のアニメ。
セリフはイタリア語の吹き替えでしたが、
「ガンバレ」の文字はそのままです(笑)。
今や、日本の漫画やアニメは世界共通の文化ですね。


Italpokemon.jpg
イタリアでポケモンGOをしたら、
どうなるのだろうと思い、やってみました。
何匹か、モンスターを捕まえましたが、
どこでやっても、
捕獲場所はカタカナ表記なのですね(笑)。





楽しかったイタリア旅行。
全土が、世界遺産のような、
深い歴史のある国。


今度はローマやフィレンツェにも行ってみたいけど、
行けるかな、行けないかな。
それは神のみぞ知る、といったところです。


もうすでに、いつもの日常に戻っていますが、
どこにいても、日々を旅人のような心で、
のんびりと、でも貪欲に、
生きていけたらいいなと思っています。

nice!(69)  コメント(18) 
共通テーマ:映画