So-net無料ブログ作成

「トーク・トゥ・ハー」と「ガープの世界」 [時事]

今年の初め頃、
「10年間、意識不明の女性が妊娠・出産した」というアメリカでの事件を、
ニュースで見た。


介護士の男が、
乱暴した結果の出来事だという。


なんともおぞましく、
気持ちの悪い事件だったが、
私はすぐに、
映画「トーク・トゥ・ハー」を思い出していた。


トーク・トゥ・ハー [DVD]

トーク・トゥ・ハー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD


2002年のスペイン映画、「トーク・トゥ・ハー」は、
交通事故で意識不明になった、
若く美しいバレリーナ・アリシアが
入院中、介護士のベニグノに妊娠させられてしまう、
という物語。


最悪なのは、
ベニグノは、以前からアリシアにストーカーをしていて、
彼女が事故に遭った時、
チャンスとばかりに、自分から介護を申し出た事。


名匠・ペドロ・アルモドバル監督の作品なので、
それなりに面白く作られてはいるけれど、
ゾッとした事は間違いなく、
忘れられない映画の一つ。




「トーク・トゥ・ハー」が、
妊娠させられる女性を描いた映画なら、
その逆の映画もある。


それは、
1982年のアメリカ映画、「ガープの世界」。

ガープの世界 [DVD]

ガープの世界 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: DVD


看護婦のジェニーは昔から、
「男はいらないけど、子供はほしい」という考えで、
ある日、入院してきた、
意識不明の兵士に跨り、
勝手に子供を作ってしまう。
(その後、兵士は死ぬ)
そこで授かった息子にガープと名付ける、という物語。


これを観たのは、
「トーク・トゥ・ハー」よりずっと前だけど、
「トーク・トゥ・ハー」で感じたおぞましさはなく、
「面白い女がいるな」と思ったくらい。


同じ事をしても、
男と女で、
受ける印象がこれほど違うというのも面白い。


もちろん、今、現実にこんな事があったら、
女性からのセクハラという事で糾弾されるんだろうけど、
女が黙ってさえいれば、
誰にも分かりゃしない。


どんなに男女平等が叫ばれる世の中になっても、
やっぱり男と女は違う。
平等は当然なんだけど、
何でもかんでも同じ土俵に、
というのは違う気がする。


だから何、というわけではないけれど、
2つの映画の違いを面白く思い、
記してみたくなりました。

nice!(138)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

じゅんの。 [時事]

「入口、出口、田口でーす」と言っていた頃が懐かしい。


男は、「二人のもの」。
女は、「自分一人のもの」。


女の愛の方が強いという事か。


それとも、年下の恋人を
犯罪に引き込んでしまった事への罪悪感なのか。

nice!(114)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

さくらももこさん。 [時事]

漫画家のさくらももこさんが亡くなられた事を、
昨日、ニュースで知りました。


私はさくらさんの世界観が大好きでした。


「ちびまる子ちゃん」のコミックスは全巻揃えて、
時々、取り出しては読んでいました。
まるちゃんの、
ぐーたらで、のんきで、
でも、自分の好きな事になると、
それがどんなにくだらない事でも、
途端に一生懸命になる、
あの姿勢が好きでした。


それから、まるちゃんとお父さんの関係が、
とても羨ましかった。
まるちゃんがどんなにやらかしても、
「ま、どーにかなるさ」というお父さんの姿勢は、
私が育った環境にはなかったもので、
もし、まるちゃんのお父さんのような人に育てられていたら、
私の人生、変わっていただろうと、
本気で思ったりしています。


エッセイも、どれもとても面白かったです。


「もものかんづめ」シリーズ、
「あのころ」シリーズ、
妊娠中の爆笑エピソードを綴った「そういうふうにできている」などなど。
私が特に気に入っているのは、
他のエッセイとは、ちょっと毛色の違った、
「うみのさかな&宝船蓬莱の幕の内弁当」。
それから、私の大好きな土屋賢二先生との共著、
「ツチケンモモコラーゲン」が出版された時は、
驚いたし、とっても羨ましかった。


そういえば、私がモーオタだった頃に出された、
「ハコイリ娘。」という本もありましたね。
北野武さんが、まるちゃんに出てきたこともあります。
そう考えてみますと、
とてもおこがましいのですが、
さくらさんの好きな人や、選ぶ人が、
私が好きだなと思う人と、結構被っている気がします。


さくらさんには、もっともっと、
面白い漫画やエッセイを書いてほしかったし、
可愛くて、綺麗なイラストを描いてほしかった。


若すぎます。
残念です。

chibimarukochan.jpg
nice!(58)  コメント(18) 
共通テーマ:映画

相撲 [時事]

自分が立ち去った後、
塩を撒かれるって、


握手した後、
相手がその手をアルコールで拭くのを
目の前で見せつけられたような、
悲しい気持ちになる。


いい事をして、
あの扱い。
女性たちは、どんな気持ちで、
あのアナウンスを聞いたのだろう。


後付けの言い訳は結構。

nice!(61)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

まだ諦めたくない。2 [時事]

今月20日から始まった、
各CDショップで催されている、
SMAPの衣装展。


先日、2店舗に行ってきた事を書きましたが、
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-12-23
また別のショップに行ってきましたので、
載せたいと思います。


〔HMV&BOOKS TOKYO〕

SMAP20.JPG
拓哉

SMAP19.JPG

SMAP18.JPG


〔山野楽器 銀座店〕

SMAP16.JPG
ゴローちゃん


SMAP15.JPG
拓哉

SMAP17.JPG

どのショップさんも、
それぞれ趣向をこらした、
SMAP愛溢れる飾りつけがされており、
胸がいっぱいになります。


さらに、山野楽器さんは、
他のショップさんと展示の仕方が少し異なっていて、
広い2フロアーを使って、
衣装は、ケースに入れずに、
直接見られる状態になっていました。
壁には大きなスクリーンで、
SMAPのプロモが映し出されていて、
そちらも堪能できます。


隣の部屋では、
来場したかたが、
SMAPへのメッセージを書き、
貼り出せるスペースが設けられていました。


こんなに愛されているのに。
なぜ今回のような事になるのか、
いまだに理解不能。

nice!(62)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画