So-net無料ブログ作成

「角帽三羽烏」 [映画]

kakubousanbagarasu.jpg
〔1958年/日本〕


城北大学の学生、
矢沢治夫(高橋貞二)
浅野六郎(川喜多雄二)
大西健太郎(大木実)の3人は、
成績が振るわず、このままでは留年すると、
大学から言われてしまう。


治夫は親から見合いを勧められているが、
美術館でよく会う謎の美人に惚れているため、気乗りがせず、
六郎は、治夫の妹と恋仲、
そして、健太郎は下宿先の娘・明子(野添ひとみ)と
いい仲になっている。


ところが、健太郎と明子が、
些細な事から喧嘩になり、
明子はすっかり、へそを曲げてしまう。
そんな折、健太郎の恋人に会いたいと、
郷里から祖母が訪ねてくることに。


困り果てた健太郎は、
同級生の春子に、
恋人役をお願いする事が・・・。





この「三羽烏」というのは、
シリーズものなのだろうか。


「三羽烏」の言葉が付くタイトルの映画が、
沢山あるようだけど、
主演は必ずしも、
この映画の3人ではない。
その辺のところは、私にはちょっと分からない。


もしこの作品が、シリーズ物なら、
通常なら、できれば公開順に観ていきたい所なんだろうけど、
今回は、まぁ、そこには拘らない。
野添ひとみさんが出ているから、
観にいっただけなので。


可愛かったぁ、野添さん。
顔が小さくて、
スラリとしていて、
それに、ほぼ最初から最後まで、
すねていて、
そんなお顔がまた可愛い。


それから、
「三羽烏」が、いつもいつも、
学ランを着ているのが可笑しい。
彼らは何処へ行くにも学ラン、
空港に、人を見送りに行く時も学ラン。
私は常々、
「理想の男性は、学ランが似合う人」と公言しているけれど、
(私の情報など、どーでもいいが(笑))
3人とも、学ランが致命的に似合っていない(笑)。
オッサンが、コントで着ているようだ。


衣装代がかかっていないせいで、
費用が余ったのだろう(ウソです(笑))、
この映画、別の面ではとっても豪華。


なんと、いきなり、
佐田啓二さんと、草笛光子さんが、
本人役で出てくるのよ。


予備知識がなかったせいで、
お二人が現れた時はビックリ。
佐田啓二さんって、本当に素敵。
その時だけ、
主役が誰だか忘れたわ(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(118)  コメント(2) 
共通テーマ:映画