So-net無料ブログ作成

「アルキメデスの大戦」 [映画]

archimedesnotaisen.jpg
〔2019年/日本〕


昭和8年。
軍事路線を歩み始めた日本。
海軍は、戦艦大和の建造を計画するが、
山本五十六(舘ひろし)は、
それに反対する。


巨大戦艦の建造がいかに無駄遣いか、
それを証明するため、
山本は、数学の天才と言われる、
帝大中退の青年・櫂(菅田将暉)に、
見積りの再計算を依頼する。


しかし、櫂は大の軍隊嫌いで、変わり者。
最初は頑なに拒否していたが、
山本の熱心な言葉に心動かされ、
帝国海軍の中枢に飛び込んでゆく・・・。





試写会で観た。


今の邦画の戦争ものは、
どうも、しゃっちょこばってばかりで、
あまり好きではないので、
この映画もどうかな、と思っていたのだけれど、
とても面白かった。


親に対しても敬語を使うような、
最近の戦争ものに、
「いくら昔だって、そんなわけないだろ」という思いでいたけど、
この映画は、
笑いの要素が多分にあり、
130分と長いけど、
え!もう終わり!?と思うくらい、
あっという間。


菅田将暉くん演じる、
天才数学者、というのが、
それはそれは凄くて。


彼は、常にメジャーを持ち歩き、
ありとあらゆる物の長さを計測する。
彼の部下についた、柄本佑くんに、
「君、物の長さを測りたいと思わないの?
 へー、変わってるね」と、
のたまうくらい。
変わってるのは、お前じゃ(笑)。


そんな菅田くんだから、
横須賀に行って、本物の軍艦に乗り込んで、
そこかしこを測りまくって、
なんと、大和の図面を予測で製作してしまう。


その後も色々あり、
菅田くんの、
天才っぷりに目を見張るばかりなのと、


とにかく、時間に追われる内容で、
「早く早く」と、
こっちの気が急いてしまう(笑)。


悲しい、悲惨、笑い声は将校の高笑いだけ、
なんていうのでなく、
これからも、
こういう反戦映画が、
どんどん作られるといいのになぁ。


評価 ★★★★☆

nice!(122)  コメント(6) 
共通テーマ:映画