So-net無料ブログ作成

「女たちの庭」 [映画]

onnatachinoniwa.jpg
〔1967年/日本〕


日本橋で織物問屋をする石塚家。
主の宗一郎(小沢栄太郎)
妻の綾子(高峰三枝子)
長女・初子(小畑絹子)
次女・悠子(香山美子)
三女・いずみ(生田悦子)
そして、
初子の夫や子供たちがいて、
にぎやかだ。


悠子は、もう何度も見合いをしているが、
中々、結婚に踏み切れずにいる。
そんな中、
宗一郎の友人・真山が親代わりになって育てたという、
加川(山口崇)が家にやって来る。


宗一郎は、加川を気に入り、
悠子の婿にどうかと考える。
しかし、真山の名前を聞いた途端、
綾子の顔色が密かに変わった事に
気付く者はいなかった・・・。





出だしはコメディタッチ。


石塚家に遊びに来た、
加川を気に入り、
自分が付き合いたいと言い出す、
三女のいずみ。


そうなると、
急に惜しくなったのか、
年上の私に権利があるとばかりに、
張り合い出す、次女の悠子。


でも、話は少しずつ、
シリアスな方向へ。


父の友人・真山との間に、
なにやら秘密があるっぽい母。
その事に、娘たちは気付いていくんだけど、
ショックは受けても、
家庭が決定的に壊れることはない。


そして、全ては、
女たちの中だけで帰結する。
タイトル通り、
主役はあくまで女。
男は女の人生の添え物(笑)。
だって、一度だって、
「お父さんが可哀想」なんてセリフはなかった(笑)。


そんな「お父さん」を演じている、
小沢栄太郎さんが良かったなぁ。
悪役の多い小沢さんだけど、
この映画では、
とってもいい父親を演じていた。


普通に考えたら、
泥沼な話を、
「さわやか」とポスターに書いてある所が凄い。
だって、まさかの托卵よ(笑)。
いや、私は、咎める気は全くない。
人生、秘密が多いほど、
スリリングで楽しいではないか。


それから、ポスターを見て、
倍賞千恵子さんも、
この家族の一員なのかと思ったら、
香山美子さんの友人役で、
出番はそう多くはなかった。
文字通りの「友情出演」であった。


評価 ★★★☆☆

nice!(132)  コメント(7) 
共通テーマ:映画