So-net無料ブログ作成

「さよなら、退屈なレオニー」 [映画]

sayonarataikutsunaleonie.jpg
〔2018年/カナダ〕


カナダの田舎町で暮らす、
17歳のレオニー(カレル・トレンブレイ)は、
高校卒業を控えながら、
苛立っていた。


この町を出たいけれど、
具体的な計画があるわけでなく、
将来はどうするのと聞かれても、
何のビジョンをありゃしない。


母親の再婚相手は大嫌いだし、
頼りになる実父は遠くに住んでるし、
何をやっても、1か月以上続いたためしがない。


そんなある日、
レオニーは、行きつけのダイナーで、
年上の男・スティーブ(ピエール=リュック・ブリラント)と出会う。
自宅でギターを教えているというスティーブから、
レッスンを受ける事を決め、
また、野球場でバイトを始める事にするのだが・・・。





試写会で観た。


若いのね、お嬢ちゃん。
色々な事を、
片方の意見しか聞かず、
信じ込んで、
もう片方にだって理由がある事を
まだ考える事ができない。
17歳だもんね、仕方ない。


だから、両親の離婚が、
母と、義父だけのせいだと思っていたところが、
実父にも原因があったと知った時のショックったら、
そりゃあ、ビックリだったわね。
男と女がくっつくのに理由は必要ないけど、
別れる時の理由は1つじゃない、
と、解かるまでに、
あと20年くらいは必要ね。


・・・と、エラソーに書いてみた(笑)。
けど、私だって、立派な事は言えない。
17歳のレオニーが、
意味もなく、年を重ねただけの姿が、
今の自分のような気もするし。


物語は、起承転結が殆どなく、
ダラダラッとした、
17歳の少女の日常が描かれる。


ギターを教えてくれるスティーブと、
どうにかなるのかな、と思っていたけれど、
恋愛には発展しないようだし。


このスティーブに、
レオニーが、
夜、勝手にバイトする野球場に入れてあげて、
グラウンドでギターを弾かせてあげた場面が
大好き。

sayonarataikutsunaleonie2.jpg

sayonarataikutsunaleonie3.jpg

めちゃくちゃギターの上手いスティーブは、
しがないギター講師に甘んじてはいるけれど、
きっと若い頃はミュージシャンを夢見た事もあったのではないかと
想像でき、
だから、広い野球場で、
大音響でギターを弾く事が、
どれほど嬉しい事かと思ったりして。
観客がいないのが、残念だけど。


この、スティーブを演じる、
ピエール=リュック・ブリラントって何者?と
本気で気になる。
冗談抜きで、ギターが上手い。
それに、エアドラムも凄い。


検索すると、
俳優であり、
ミュージシャンでもあるという。
やっぱり。


レオニーが、
これからどんな女性になってゆくのかは
分からないけど、
17歳のモヤモヤはよく伝わってくる。


評価 ★★★☆☆

nice!(109)  コメント(6) 
共通テーマ:映画