So-net無料ブログ作成

「ベン・イズ・バック」 [映画]

benisback.jpg
〔2018年/アメリカ〕


クリスマスイブ。
薬物依存症治療のため、
施設に入っている、19歳のベン(ルーカス・ヘッジズ)が、
突然、実家に帰ってくる。


母親のホリー(ジュリア・ロバーツ)は、
ベンとの再会を喜びながらも、
戸惑いを隠せず、
また、妹のアイヴィーは、
あからさまに不安な表情で、
継父・ニールにすぐ連絡を入れる。


ホリーとニールは、
話し合いの末、
24時間だけ、ベンが自宅に滞在する事を許可する。


しかし、彼の帰省を知った昔の仲間は、
一家が教会に行っている隙に、
家に荒らし、飼い犬を誘拐し・・・。





薬物中毒の息子が、
更生施設から、突然帰ってくる。


おかしい、変だ、
施設からは何の連絡も受けていない。
息子は勝手に抜け出してきたのか。
早く施設に帰さなければ。
でも、このまま一緒にいたい。
でも、甘やかすのは良くない・・・


それに、夫のニールと自分は再婚同士。
ベンの実の父でない夫に、
迷惑は掛けられないし、
夫のおかげで今の生活が成り立っている以上、
あまり強い事も言えない・・・


悩み、逡巡する母親・ホリーの気持ちが痛いほど
伝わってくる。
もし、自分がホリーと同じ立場だったら、
めちゃくちゃ迷うと思う。


ところで、息子のベンが、
薬物中毒になったのは、
ベンには全く責任はないのが、
今まで観た事のある、
麻薬中毒者をテーマにした映画と、
全然違うところ。


ベンは、14歳の時、
怪我をした事が原因で、
中毒性の高い鎮痛薬を大量に処方され、
そのせいで、
薬物中毒となってしまったのだ。


ああ、そうなのか、
ベンは可哀想な子・・・と、
思いながら観ていたのだけれど、
途中から、彼が、
麻薬を買うだけでなく、
人に売り、
死者まで出した過去がある事が分かる。


母親・ホリーは、
ベンを中毒者にした医者を殺したいほど憎んでいるけれど、
別の人にとって、ベンは、
ホリーにとっての医者と同様、殺したい相手であるわけで。


一晩の間に、様々な事が起こるわけだけど、
やっぱり、最初にベンが帰ってきた時、
心を鬼にして、
施設に戻すのがベストだったんじゃないかなぁと思うし、
家が荒らされた時、
警察に通報すべきじゃないかなぁと思うし、
その時その時の分岐点で、
選ぶ道が難しい。


ラストも、明確な答えは出ない。


評価 ★★★☆☆

nice!(148)  コメント(6) 
共通テーマ:映画