So-net無料ブログ作成

「メリー・ポピンズ リターンズ」 [映画]

MARYPOPPINSRETURNS.jpg
〔2018年/アメリカ〕


大恐慌の真っ只中にある、ロンドン。
銀行で臨時雇いをする、
マイケル・バンクス(ベン・ウィショー)は、
妻を亡くし、
3人の子供を育てている。


しかし、融資の返済期日が迫り、
もうすぐ、家を差し押さえられそうな状況に、
マイケルは焦っている。


そんな中、20年前に、
バンクス家にやって来た、
魔法使いのメリー・ポピンズが、
再び、空から舞い降りてくる。


マイケルは年を取ったのに、
メリー・ポピンズは、そのまま。
子供たちは、
マイケルの子供時代同様、
メリー・ポピンズと、不思議な世界を行き来するが・・・。





上映会で観た。


今年の2月に、
この映画が劇場公開された時、
絶対、観たいと思いながら、
時間が合わずに、
気が付いたら終わっていて、残念に思っていたのだけれど、
今日15日から、MovieNEX発売ということで
記念上映会があり、
観させていただいた、というわけで。


会場は、表参道テラス。
普段は、結婚式に使われるような場所で、
そのお洒落な雰囲気に、
めっちゃ場違いな自分が恥ずかしい(笑)。

IMG_4854.JPG


スタッフさんが、
とてもにこやかに出迎えてくださり、
色とりどりの、ウェルカムドリンクまで、すすめてくださる。
全部、飲み比べてみたかったけど、
とてもそのような図々しい事を言い出せる雰囲気ではなく(笑)、
一つ選ばせていただいた。
とても美味しかったです。

IMG_4852.JPG

IMG_4856.JPG


今まで、結婚式場で行われた試写会もあったけど、
ここまでのサービスは初めて。
映画を観そびれる、というのも、
たまには良い事があるのですね(笑)

IMG_4857.JPG

IMG_4859.JPG


なんだか、表参道テラスの紹介みたいになってしまった。
映画映画。


ジュリー・アンドリュースがメリー・ポピンズを演じた、
1964年版は、
以前、ビデオで観ている。
実写とアニメが合成された、
とてもいい映画だった。


この映画は、
ただ、あの名作をリメイクしたのではなく、
20年後というのがいい。


子供だったマイケルは、
大人になり、
既に3人の子持ち。


かつて祖父や父が勤めた銀行で働いてはいるけれど、
正社員ではなく、臨時雇いで、
家のローンの期日が迫っているという、苦しい状況。
時の流れを強く感じる。


でも、メリー・ポピンズは変わらない。
彼女は相変わらず、みんなを幸せに。


この手法は、
「プーと大人になった僕」と同じだけれど、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2018-10-13
「あの時の子供が、こうなりましたよ」という
描き方、
私は、とっても好き。


評価 ★★★☆☆

nice!(138)  コメント(7)