So-net無料ブログ作成

「ラスト・ショー」 [映画]

lastshow.jpg
〔1971年/アメリカ〕


1951年。テキサス州アナリーン。
この町の高校生、
サニー(ティモシー・ボトムズ)とデュアン(ジェフ・ブリッジス)は、
金を出し合って車を買い、
デートに使っている。


サニーの恋人・シャーリーンは、
最後の一線を越えさせず、
サニーは不満を募らせている。
またデュアンの恋人・ジェイシー(シビル・シェパード)は、
町一番の美人と言われるが故、
デュアンを物足りなく思っている。


ある日、サニーは、
フットボールのコーチから、
妻・ルースを病院に送ってやってくれと頼まれる。
ルースは、自分を顧みない夫に淋しさを募らせており、
サニーと一線を越えてしまう。


デュアンとジェイシーは、
ベッドを共にするが、
ジェイシーの気持ちは燃えないまま。
さらに、サニーとジェイシーが急接近したため、
怒ったデュアンは、
ビール瓶でサニーを殴りつける。


そんなこんなの中、
町でたった一つの映画館が
幕を閉じようとしていた。
それは、ある時代の終わりを告げるかのような出来事であり・・・。





50年代の、
アメリカの田舎町の人々を描いた物語。
私はその時代を生きたわけではないし、
アメリカ人でもないのだけれど、
なんだか懐かしいような、郷愁を覚える。


ただ、今から65年前の時代設定とはいえ、
人のしている事って、
基本的には、変わっていないんじゃないかとも思える。


若者たちは、
恋の駆け引きに夢中になり、
夫に不満を募らせる人妻は、
若い男と不倫に走り・・・
そんな話題、
昨日も今日も、
ネットに載っているネタばかりじゃないか(笑)。


それにしても、
ジェイシーの小悪魔っぷりが凄い。


彼女はデュアンと付き合いながらも、
プールでの「全裸パーティ」があると知ると、
彼をうっちゃって、
そちらに駆け付ける(笑)。
なんて奔放な。


その後、デュアンと一線を越えるけれど、
なんだか表情が冴えない。
そしてサニーを誘惑して、
駆け落ちして、
でも、また戻ってきたり、
とにかく男を振り回す。
そして男たちは、
彼女を巡って、殴り合う、っと(笑)。


映画館が閉館するというエピソードは淋しいなぁ。
私も、
昭和な映画館や、
名画座が閉館するのを、
何度か体験しているので、
その感覚は理解できる。
そういった映画館を、
何とか残していくって、
できないんだろうか。


ちなみに、
冒頭、恋人たちがこの映画館で観る映画は、
エリザベス・テイラーの、
「花嫁の父」。
そして最後の上映は、
西部劇、「赤い河」だ。


評価 ★★★★☆





-------

今年も今日で終わります。
楽しい事の多い、幸せな一年でした。


こんな私に、
優しく、親切に接してくださる皆様に、
心から感謝しています。


年末、色々あり、
お一人お一人にご挨拶に回れず、
申し訳なく思っています。


「我以外、皆、師なり」
この言葉を忘れずに、精進していきます。
来年も、いい年になりますように。

nice!(113)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「16歳の合衆国」 [映画]

16sainogasshukoku.jpg
〔2002年/アメリカ〕


16歳の少年・リーランド(ライアン・ゴズリング)は、
ある日、特別な理由もなく、
恋人・ベッキー(ジェナ・マローン)の知的障害の弟を
刺し殺してしまう。


逮捕されたリーランドは、
矯正施設に入れられるが、
なぜそのような事件を起こしたのか、
その理由について語ろうとはしない。


教官のパール(ドン・チードル)は作家志望で、
リーランドの心の闇を解き明かし、
それを本にしたいと考える。
教官が時間外に収容者と接する事は禁じられているが、
それを破り、リーランドと語り合う。


リーランドの父親は高名な作家(ケビン・スペイシー)。
しかし、リーランドとは長い間会っておらず、
息子の心を理解するのは難しい。


一方、ベッキーは恋人が起こした事件にショックを受け、
断ち切っていたドラッグに、
再び手を出してしまう・・・。





10代の少年が、
知的障害のある年下の少年を殺害した、と聞くと、
以前、日本で起こった事件を
思い出す人も少なくないだろう。


ただ、この映画の犯人・リーランドは、
日本のあの事件の犯人とはタイプが違うように思える。


リーランドは成績もよく、
性格も穏やか。
今まで問題を起こした事はなく、
そして、父親は高名な作家だ。


だからこそ、
なおさら理由が分からない。
彼のような少年が、
なぜ無抵抗な弱者を殺したのか、と。


理由は最後まで分からないし、
本人さえ、説明がつかなさそうだ。
私もこれを書いていて、
何か取ってつけたような理由を
捻り出して書こうと思えば、
書けなくもない気がするけど、
どれも、本当のようで、
でも、違うような気もして、
書く気がしない。


この邦題が言いたい事はなんだろう。
アメリカの日常では、
このような事がいつ起こっても、
不思議はないという事なんだろうか。
まぁ、日本も、人の事は言えない現状だけど。


評価 ★★★☆☆

nice!(138)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

12月26日のシャンシャン。 [できごと]

IMG_4421.JPG

12月26日。
私にとって今年最後のシャンシャンに会いに行ってきました。

IMG_4425.JPG

おぉ!やった!
この日は、ガラスのすぐ前に座って、
笹を食べるシャンシャンを見る事ができました。
可愛い可愛い可愛い。
ずいぶん大きくなりましたが、
美少女っぷりは健在です。

IMG_4426.JPG
全体的にまだ、
コロコロしてる。




IMG_4431.JPG

IMG_4433.JPG
お母さんのシンシン。
シャンシャンは一人立ちしたけれど、
優しいお顔はそのままです。



IMG_4439.JPG

IMG_4440.JPG
お父さんのリーリー。
イケメンすぎ。


こんな美男美女を両親に持つシャンシャンなら、
そりゃあ、可愛いのも当然ね。
恐るべしDNA。


3人とも、起きている姿が見られて、
ラッキーでした。





今年一年、
シャンシャンの存在には、本当に助けられました。
体調が優れない時、
悲しい時、
シャンシャンの映像を見ると、
ホッとできました。
こわばっていた心が、
ほぐれていくような感覚を覚えました。


12月10日からお母さんのシンシンと離れて
暮らすようになったシャンシャン。
2人が最後に一緒だった、
9日の様子が、youtubeに沢山アップされたのを見た時、
私は声を上げて泣いてしまいました。
シャンシャンは、
明日から永遠にシンシンに会えないとも知らず、
甘えておっぱいを飲んでいたのです。


あんなに大好きだったシンシンと離れて、
本当に大丈夫なのかと、
気になって仕方がありませんでしたが、
離れれば離れたなりに、
元気にやっているようです。


人間の感情を、
そのままパンダに当てはめるのは、
間違っているのかもしれません。

nice!(146)  コメント(26) 
共通テーマ:映画

「幸せなら手をたたこう」 [映画]

shiawasenaratewotatakou.jpg
〔1964年/日本〕


「現代のティーンエイジャーはなってない!」
と主張する、
会社社長・佐々木(宇津井健)は、
若者に、自身が開催するマラソン大会への参加を呼び掛ける。


集まってきたのは、
佐々木の主張に反発する、
高木(倉石功)、
小川明(堺正章)、
中原ゆき(姿美千子)ら。


そんな中、
佐々木の会社は、
区が払い下げた土地を買い、
そこに社員寮を建てようとしていたが、
そのせいで、
子供たちの遊び場がなくなってしまった。


それを知った高木たちは、
佐々木に抗議するが・・・。





何これ?
詐欺にでも遭ったような気分。


若尾文子さんの出演作リストに入っている作品で、
でも、名画座にも中々かからず、
だから、思い切って
ビデオテープを買ったというのに、


若尾さんなんて、出てないじゃん(笑)。


まだかまだかと、
ずっと観ているうちに、
話がどんどん進んで、
ついに、
「終わり」の文字が(笑)。


私が見逃したのか?
と思い、
今度は早送りして
観てみたけど、
それらしいお姿は確認できず。


これ、若尾さんだけでなく、
勝新太郎さんも出ている事になっているけど、
勝さんのお姿も確認できない。


若尾文子、勝新太郎という
2大スターが出ていたら、
たとえ特別出演の数分の出番だったとしても、
気付かないわけがないものね。
作り手だって、
それなりの見せ場を用意するはずだし。


うーん、なんだろう。
理由は不明。


それから、これ、
坂本九さんのファンの方にとっても、
かなり物足りないんじゃないか、という気がする。


ポスターには、
まるで主役のようにお顔が載っているけれど、
出てきたのは、
最初と最後だけ。


正直、
お話も退屈だった。


青すぎるよ、若者たち(笑)。
子供のための遊び場を作るために、
深夜に手作りの噴水を作ろうって、
小学生か?(笑)。


他人の土地に、
そんなもん、作っちゃダメでしょ。


色々残念な映画だった。


評価 ★★☆☆☆





この作品で、
若尾文子さんの出演映画、160本中120本を観た事となりました。
(本作はお姿が確認できなかったけれど、
 一応出演作リストに入っているので)


(★は観た作品)


★春の雪 (2005)
★竹取物語 (1987)
★ある映画監督の生涯 溝口健二の記録 (1975)
 幻の殺意 (1971)
★男はつらいよ 純情篇 (1971)
★スパルタ教育 くたばれ親父 (1970)
 座頭市と用心棒 (1970)
★天狗党 (1969)
★千羽鶴 (1969)
★濡れた二人 (1968)
★積木の箱 (1968)
★不信のとき (1968)
★鉄砲伝来記 (1968)
★華岡青洲の妻 (1967)
★砂糖菓子が壊れるとき (1967)
★妻二人 (1967)
★夜の罠 (1967)
★雪の喪章 (1967)
 処女受胎 (1966)
★赤い天使 (1966)
★雁 (1966)
★氷点 (1966)
★処女が見た (1966)
★刺青 (1966)
★妻の日の愛のかたみに (1965)
★不倫 (1965)
★清作の妻 (1965)
★帯をとく夏子 (1965)
 女めくら物語 (1965)
★波影 (1965)
★花実のない森 (1965)
★幸せなら手をたたこう (1964)
 悶え (1964)
★卍(まんじ) (1964)
★獣の戯れ (1964)
★傷だらけの山河 (1964)
★「女の小箱」より 夫が見た (1964)
★温泉女医 (1964)
★新・忍びの者 (1963)
★越前竹人形 (1963)
 女が愛して憎むとき (1963)
★わたしを深く埋めて (1963)
★女系家族 (1963)
 八月生れの女 (1963)
★雪之丞変化 (1963)
★しとやかな獣 (1962)
★秦・始皇帝 (1962)
★瘋癲老人日記 (1962)
★その夜は忘れない (1962)
★やっちゃ場の女 (1962)
★仲よし音頭 日本一だよ (1962)
★閉店時間 (1962)
★爛(ただれ) (1962)
★雁の寺 (1962)
★家庭の事情 (1962)
★妻は告白する (1961)
★新源氏物語 (1961)
★銀座のぼんぼん (1961)
★女は二度生まれる (1961)
★女の勲章 (1961)
★東京おにぎり娘 (1961)
★好色一代男 (1961)
★お嬢さん (1961)
★婚期 (1961)
★花くらべ狸道中 (1961)
★銀座っ子物語 (1961)
 素敵な野郎(1961)
 鎮花祭 (1960)
★偽大学生 (1960)
★安珍と清姫 (1960)
★勝利と敗北 (1960)
★ぼんち (1960)
★からっ風野郎 (1960)
★女は抵抗する (1960)
★女経(じょきょう) (1960)
★初春狸御殿 (1959)
★浮草 (1959)
 実は熟したり (1959)
★美貌に罪あり (1959)
 花の大障碍 (1959)
★次郎長富士 (1959)
★氾濫 (1959)
★山田長政 王者の剣 (1959)
★薔薇の木にバラの花咲く (1959)
★最高殊勲夫人 (1959)
★あなたと私の合言葉 さようなら、今日は (1959)
 新婚七つの楽しみ(1959)
★母(1958)
★娘の冒険 (1958)
★夜の素顔 (1958)
 嵐の講道館(1958)
★一粒の麦 (1958)
★息子の結婚 (1958)
★口笛を吹く渡り鳥 (1958)
★愛河 (1958)
★忠臣蔵 (1958)
★螢火 (1958)
★東京の瞳 (1958)
 妻こそわが命(1958)
★青空娘 (1957)
★夕凪 (1957)
★誘惑からの脱出 (1957)
★永すぎた春 (1957)
★朱雀門 (1957)
★慕情の河 (1957)
 続銀河の都 (1957)
★スタジオはてんやわんや (1957)
 銀河の都 (1957)
 君を愛す (1956)
★四十八歳の抵抗 (1956)
★日本橋 (1956)
★涙 (1956)
 スタジオは大騒ぎ (1956)
 あさ潮ゆう潮 (1956)
★滝の白糸 (1956)
★処刑の部屋 (1956)
★新婚日記 恥ずかしい夢(1956)
★新婚日記 嬉しい朝(1956)
★赤線地帯 (1956)
★虹いくたび (1956)
★新妻の寝ごと (1956)
★花嫁のため息 (1956)
 薔薇の絋道館 (1956)
★弾痕街 (1955)
 七人の兄いもうと (1955)
★珠はくだけず (1955)
★長崎の夜 (1955)
★幻の馬 (1955)
 娘の縁談 (1955)
★薔薇いくたびか (1955)
★月に飛ぶ雁 (1955)
 幸福を配達する娘 (1955)
★螢の光 (1955)
 勝敗(1954)
 荒城の月 (1954)
★月よりの使者 (1954)
 緑の仲間 (1954)
★浅草の夜 (1954)
 慕情 (1954)
★舞妓物語 (1954)
★酔いどれ二刀流 (1954)
★或る女 (1954)
★心の日月 (1954)
 十代の誘惑 (1953)
 無法者 (1953)
 続続十代の性典 (1953)
 春雪の門 (1953)
★祇園囃子 (1953)
 続十代の性典 (1953)
 チャタレー夫人は日本にもいた (1953)
 怒れ三平 (1953)
★十代の性典 (1953)
 総理大臣と女カメラマン 彼女の特ダネ (1952)
 街の小天狗 (1952)
 秘密 (1952)
 明日は日曜日 (1952)
 花嫁花婿チャンバラ節(1952)
★母子鶴 (1952)
 猛獣使いの少女 (1952)
★死の街を脱れて (1952)

nice!(123)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「螢火」 [映画]

hotarubi.jpg
〔1958年/日本〕


船宿「寺田屋」の女将・登勢(淡島千景)は、
甲斐性無しの夫・伊助(伴淳三郎)に代わり、
店を切り盛りする、しっかり者の女。


姑に辛く当たられ、
夫は妾の所に足繁く通う中、
登勢は、嫌な顔一つせず、
苦労を乗り越えてきた。


養女のお良(若尾文子)も年頃になり、
そろそろ、婿を取らねばと思っていた矢先、
店に坂本龍馬(森美樹)という男がやって来て・・・。





若尾文子さん目的で、
観始めた映画だけれど、


主役は淡島千景さん。
淡島さんの耐える女の役が素晴らしい。


なにせ、淡島さんは、
旅館「寺田屋」にお嫁に来た時から、
苦労の連続。


夫は、仕事より遊びに忙しく、
自分の店だというのに、
淡島さんに任せっぱなし。


一番えげつないのは、姑。
淡島さんをめちゃくちゃいじめる。
一度などは、詐欺師の客から酷い疑いをかけられ、
窮地に追い込まれた淡島さんを、
追い出すチャンスとばかりに、
激しく責め立てるという、
最悪な事を。


夫さえも庇ってくれなかったけれど、
天は淡島さんの味方だった。
嘘がバレた詐欺師は逃げ出し、
淡島さんの嫌疑は晴れる。
溜飲が下がる場面。


そんな淡島さんが、
人生でたった一度だけ、
心を乱す男に出会う。


それが、坂本龍馬なわけだけど、
この先の事は書かずにおこう。


若尾さんが、まだ若く、
とっても可愛い。


血の繋がりはないけれど、
伴淳さんと、淡島さんが両親という設定が凄い。
特に伴淳さん。
若尾さんと伴淳さんが共演した映画って、
他にあったっけ。
なんか、すごいものを観たって気がするんだけど。


評価 ★★★★☆





この作品で、
若尾文子さんの出演映画、160本中119本を観た事となりました。


(★は観た作品)


★春の雪 (2005)
★竹取物語 (1987)
★ある映画監督の生涯 溝口健二の記録 (1975)
 幻の殺意 (1971)
★男はつらいよ 純情篇 (1971)
★スパルタ教育 くたばれ親父 (1970)
 座頭市と用心棒 (1970)
★天狗党 (1969)
★千羽鶴 (1969)
★濡れた二人 (1968)
★積木の箱 (1968)
★不信のとき (1968)
★鉄砲伝来記 (1968)
★華岡青洲の妻 (1967)
★砂糖菓子が壊れるとき (1967)
★妻二人 (1967)
★夜の罠 (1967)
★雪の喪章 (1967)
 処女受胎 (1966)
★赤い天使 (1966)
★雁 (1966)
★氷点 (1966)
★処女が見た (1966)
★刺青 (1966)
★妻の日の愛のかたみに (1965)
★不倫 (1965)
★清作の妻 (1965)
★帯をとく夏子 (1965)
 女めくら物語 (1965)
★波影 (1965)
★花実のない森 (1965)
 幸せなら手をたたこう (1964)
 悶え (1964)
★卍(まんじ) (1964)
★獣の戯れ (1964)
★傷だらけの山河 (1964)
★「女の小箱」より 夫が見た (1964)
★温泉女医 (1964)
★新・忍びの者 (1963)
★越前竹人形 (1963)
 女が愛して憎むとき (1963)
★わたしを深く埋めて (1963)
★女系家族 (1963)
 八月生れの女 (1963)
★雪之丞変化 (1963)
★しとやかな獣 (1962)
★秦・始皇帝 (1962)
★瘋癲老人日記 (1962)
★その夜は忘れない (1962)
★やっちゃ場の女 (1962)
★仲よし音頭 日本一だよ (1962)
★閉店時間 (1962)
★爛(ただれ) (1962)
★雁の寺 (1962)
★家庭の事情 (1962)
★妻は告白する (1961)
★新源氏物語 (1961)
★銀座のぼんぼん (1961)
★女は二度生まれる (1961)
★女の勲章 (1961)
★東京おにぎり娘 (1961)
★好色一代男 (1961)
★お嬢さん (1961)
★婚期 (1961)
★花くらべ狸道中 (1961)
★銀座っ子物語 (1961)
 素敵な野郎(1961)
 鎮花祭 (1960)
★偽大学生 (1960)
★安珍と清姫 (1960)
★勝利と敗北 (1960)
★ぼんち (1960)
★からっ風野郎 (1960)
★女は抵抗する (1960)
★女経(じょきょう) (1960)
★初春狸御殿 (1959)
★浮草 (1959)
 実は熟したり (1959)
★美貌に罪あり (1959)
 花の大障碍 (1959)
★次郎長富士 (1959)
★氾濫 (1959)
★山田長政 王者の剣 (1959)
★薔薇の木にバラの花咲く (1959)
★最高殊勲夫人 (1959)
★あなたと私の合言葉 さようなら、今日は (1959)
 新婚七つの楽しみ(1959)
★母(1958)
★娘の冒険 (1958)
★夜の素顔 (1958)
 嵐の講道館(1958)
★一粒の麦 (1958)
★息子の結婚 (1958)
★口笛を吹く渡り鳥 (1958)
★愛河 (1958)
★忠臣蔵 (1958)
★螢火 (1958)
★東京の瞳 (1958)
 妻こそわが命(1958)
★青空娘 (1957)
★夕凪 (1957)
★誘惑からの脱出 (1957)
★永すぎた春 (1957)
★朱雀門 (1957)
★慕情の河 (1957)
 続銀河の都 (1957)
★スタジオはてんやわんや (1957)
 銀河の都 (1957)
 君を愛す (1956)
★四十八歳の抵抗 (1956)
★日本橋 (1956)
★涙 (1956)
 スタジオは大騒ぎ (1956)
 あさ潮ゆう潮 (1956)
★滝の白糸 (1956)
★処刑の部屋 (1956)
★新婚日記 恥ずかしい夢(1956)
★新婚日記 嬉しい朝(1956)
★赤線地帯 (1956)
★虹いくたび (1956)
★新妻の寝ごと (1956)
★花嫁のため息 (1956)
 薔薇の絋道館 (1956)
★弾痕街 (1955)
 七人の兄いもうと (1955)
★珠はくだけず (1955)
★長崎の夜 (1955)
★幻の馬 (1955)
 娘の縁談 (1955)
★薔薇いくたびか (1955)
★月に飛ぶ雁 (1955)
 幸福を配達する娘 (1955)
★螢の光 (1955)
 勝敗(1954)
 荒城の月 (1954)
★月よりの使者 (1954)
 緑の仲間 (1954)
★浅草の夜 (1954)
 慕情 (1954)
★舞妓物語 (1954)
★酔いどれ二刀流 (1954)
★或る女 (1954)
★心の日月 (1954)
 十代の誘惑 (1953)
 無法者 (1953)
 続続十代の性典 (1953)
 春雪の門 (1953)
★祇園囃子 (1953)
 続十代の性典 (1953)
 チャタレー夫人は日本にもいた (1953)
 怒れ三平 (1953)
★十代の性典 (1953)
 総理大臣と女カメラマン 彼女の特ダネ (1952)
 街の小天狗 (1952)
 秘密 (1952)
 明日は日曜日 (1952)
 花嫁花婿チャンバラ節(1952)
★母子鶴 (1952)
 猛獣使いの少女 (1952)
★死の街を脱れて (1952)

nice!(113)  コメント(6) 
共通テーマ:映画