So-net無料ブログ作成

「タリーと私の秘密の時間」 [映画]

tullytowatashinohimitsunojikan.jpg
〔2018年/アメリカ〕


マーロ(シャーリーズ・セロン)は、
臨月のはち切れそうなお腹を抱えながら、
主婦業に奮闘している。


夫は優しいけれど、
仕事が忙しく、
情緒不安定気味の長男が問題を起こす度に、
学校から呼び出しを食らい、
こんな事で3人目の子を育てていけるのか。


そんなこんなの中で、
タリーは出産するが、
案の定、地獄のような日々が始まる。
新生児は泣き止まず、
朦朧とした意識の中、
子供たちの世話や、家事をこなさねばならない。


もう限界だと感じ始めた頃、、兄が薦めてくれた、
夜間専門のベビーシッターを頼んでみようかと思う。
他人に子供を任せるなんて、
不安でたまらないけれど、
このままでは、どうにかなってしまう。


やって来たのは、
想像よりずっと若い女性・タリー(マッケンジー・デイヴィス)。
しかし、見た目と裏腹に、
子育ても、家事も、
完璧にこなしてくれるタリー。
さらに、彼女は、
マーロの悩みまで聞いてくれる・・・。





昼夜を問わず、
泣いている新生児がいれば、
お母さんが睡眠不足になるのは当然の事と、
分かってはいるけれど、


この映画は、
そんな母親・マーロの疲労っぷりが、
とても上手く描かれた作品で、
観ているこちらまで、
ぐったりとしてしまう。


そんな孤軍奮闘の母を、
シャーリーズ・セロンが好演。
どこかで読んだけれど、
彼女は18キロも体重を増やして、
この役に臨んだそうで、
確かに、お顔は美しいままだけど、
体はとてつもなく太っている。


彼女は、以前にも、
映画「モンスター」で、
めっちゃ太った役を演じていたけれど、
その後また、体重を戻し、
美しいお姿を、披露してくださる。
大変な女優魂。


それから、この映画は、
タリーを演じるマッケンジー・デイヴィスも
大変に魅力的。


ベビーシッターのために現れた彼女は、
ちょっと風変わりで、
子育てや家事を任せて大丈夫?と
最初は思うのだけれど、
その仕事は完璧。


そのおかげで、
マーロはぐっすり眠れて、
皆がハッピーってわけで。


タイトル通り、
タリーには秘密があるのだけれど、
それは観てのお楽しみ(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(55)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

23区内全駅制覇・東京メトロ銀座線 [23区内全駅制覇]

G01.渋谷駅
     ginza01.JPG

G02.表参道駅
     ginza02.JPG

G03.外苑前駅
     ginza03.JPG

G04.青山一丁目駅
     ginza04.JPG

G05.赤坂見附駅
     ginza05.JPG

G06.溜池山王駅
     ginza06.JPG

G07.虎ノ門駅
     ginza07.JPG

G08.新橋駅
     ginza08.JPG

G09.銀座駅
     ginza09.JPG

G10.京橋駅
     ginza10.JPG

G11.日本橋駅
     ginza11.JPG

G12.三越前駅
     ginza12.JPG

G13.神田駅
     ginza13.JPG

G14.末広町駅
     ginza14.JPG

G15.上野広小路駅
     ginza15.JPG

G16.上野駅
     ginza16.JPG

G17.稲荷町駅
     ginza17.JPG

G18.田原町駅
     ginza18.JPG

G19.浅草駅
     ginza19.JPG



--------------------


全駅制覇、31回目の掲載は、
東京メトロ銀座線です。


虎ノ門駅での試写会や、
京橋駅のフィルムセンターに行くのに、
とても便利に使わせていただいている路線です。


けれど、何と言っても今は、
上野に、
シャンシャンを見に行くための路線!(笑)
銀座線、ありがたいです。


それから、
三越前駅の、
駅名表示板が素敵です。


これは取り換えずに、
ずっとそのままにしておいてほしいです。


--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
数年間かけて、
先日、やっと全駅制覇を完了いたしました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(65)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

さくらももこさん。 [時事]

漫画家のさくらももこさんが亡くなられた事を、
昨日、ニュースで知りました。


私はさくらさんの世界観が大好きでした。


「ちびまる子ちゃん」のコミックスは全巻揃えて、
時々、取り出しては読んでいました。
まるちゃんの、
ぐーたらで、のんきで、
でも、自分の好きな事になると、
それがどんなにくだらない事でも、
途端に一生懸命になる、
あの姿勢が好きでした。


それから、まるちゃんとお父さんの関係が、
とても羨ましかった。
まるちゃんがどんなにやらかしても、
「ま、どーにかなるさ」というお父さんの姿勢は、
私が育った環境にはなかったもので、
もし、まるちゃんのお父さんのような人に育てられていたら、
私の人生、変わっていただろうと、
本気で思ったりしています。


エッセイも、どれもとても面白かったです。


「もものかんづめ」シリーズ、
「あのころ」シリーズ、
妊娠中の爆笑エピソードを綴った「そういうふうにできている」などなど。
私が特に気に入っているのは、
他のエッセイとは、ちょっと毛色の違った、
「うみのさかな&宝船蓬莱の幕の内弁当」。
それから、私の大好きな土屋賢二先生との共著、
「ツチケンモモコラーゲン」が出版された時は、
驚いたし、とっても羨ましかった。


そういえば、私がモーオタだった頃に出された、
「ハコイリ娘。」という本もありましたね。
北野武さんが、まるちゃんに出てきたこともあります。
そう考えてみますと、
とてもおこがましいのですが、
さくらさんの好きな人や、選ぶ人が、
私が好きだなと思う人と、結構被っている気がします。


さくらさんには、もっともっと、
面白い漫画やエッセイを書いてほしかったし、
可愛くて、綺麗なイラストを描いてほしかった。


若すぎます。
残念です。

chibimarukochan.jpg
nice!(58)  コメント(18) 
共通テーマ:映画

「500ページの夢の束」 [映画]

500pagenoyumenotaba.jpg
〔2017年/アメリカ〕


自閉症のウェンディ(ダコタ・ファニング)は、
自立を支援する施設で暮らす女の子。


「スター・トレック」が大好きなウェンディは、
ある日、「スター・トレック」の脚本コンテストがある事を知り、
500ページの作品を書き上げる。


しかし、郵送したのでは締め切りに間に合わない事に気付いた彼女は、
施設を飛び出し、
ハリウッドまで直接原稿を届けようと決意する・・・。





試写会で観た。


自閉症という障害を抱えた女の子・ウェンディが、
たった一人でハリウッドを目指すロードムービー。


中々面白い。
障害がある、といっても、
その症状や、特性は様々で、
ウェンディの場合、
簡単な仕事はできるし、
会話だって普通にできる。


そして、何より素晴らしいのが、
「スター・トレック」に関する知識なら、
誰にも負けないという事。
障害の有無に関わらず、
好きなものがあるというのはいい。


施設を抜け出したウェンディは、
様々な困難を切り抜けながら、
ハリウッドを目指すわけだけど、
途中、訳あって入院した病院から逃亡する。
その時の方法に、
「あ、この手、使える」と思ってしまった(笑)。


それから、捜索願が出されたウェンディを見つけた
警察官が、
逃げようとする彼女を説得する場面に
大笑い。
とってもいい場面。


爽やかないい映画だった。


評価 ★★★★☆

nice!(56)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

「女と男の観覧車」 [映画]

onnatootokonokanransha.jpg
〔2017年/アメリカ〕


1950年代のコニーアイランド。
ここでウエイトレスをするジニー(ケイト・ウィンスレット)は、
再婚同士の夫と、
自分の連れ子の3人暮らし。


ジニーには、
誰にも話せない秘密がある。


ある日、夫の娘・キャロライナが突然訪ねてくる。
キャロライナは、父親の反対を押し切り、
マフィアの男と結婚したが、
マフィアの秘密を警察に喋った事から、
今は追われる身。


この娘が現れた事から、
ジニーの人生の歯車が狂い始め・・・。





大傑作。


息苦しいような、
八方塞がりな感じが、
素晴らしく上手く、描かれている。


登場人物全ての気持ちが分かるし、
私も同じ立場なら同じことをする、と思える場面も多数ある。


ウディ・アレン監督、
82歳。
嘘でしょ?と言いたくなる。
どんだけ体力があるの?
これだけ精神的に追い込まれるような作品を作るって、
体力がなければ、
できない気がする。


それに、きっと、
内容の濃い人生を送ってきたのだろう。
これだけ人間の心の機微を描けるって、
人生経験が豊富でないと、
無理なんじゃないか。


おそらく、好き嫌いの分かれる映画だろうし、
サイトによっても、評価が違う。
ただ、私が一番信頼しているサイトでは、
めちゃくちゃ高得点だった。
嬉しかった。


この映画を理解できるかたとなら、
仲良くなれるような気がする(笑)。
(理解できない方とは仲良くなれない、という意味ではないです)


評価 ★★★★★

nice!(58)  コメント(10) 
共通テーマ:映画