So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「0.5ミリ」 [映画]

0.5milli.jpg
〔2013年/日本〕


天涯孤独の介護ヘルパー・山岸サワ(安藤サクラ)は、
派遣先の主婦から、
お爺さんの冥途の土産に、
一夜を共にしてやってくれと頼まれ、
承諾する。


ところが、その事が引き金となり、
とんでもない事故が発生、
サワは仕事を失ってしまう。


街を彷徨っていたサワは、
カラオケボックスの受付で、
モタモタしている老人を見つけ、
強引にオールに引き込む。


また、駐輪場の自転車をパンクさせては、
憂さを晴らしている、孤独な老人・茂(坂田利夫)を見つけると、
それをネタに、
強引に茂の家で暮らし始める。


茂と別れたあと、
今度は、書店でエロ写真集を万引きした、
義男(津川雅彦)を見つけ、
これまた、それをネタに、
義男の家に入り込み・・・。





一人高知県映画祭2本目。


監督は、安藤桃子さん、
主演は、安藤サクラさんという、
姉妹コンビ。


全編、高知県で撮影がされ、
この映画がきっかけになって、
桃子さんは、高知県への移住を決めたという。


映画がきっかけで、
住み慣れない土地に引っ越すってすごいな、
と思わなくもないけれど、
それだけ高知が魅力的な場所なのだと、
それはちょっと旅行しただけの私でも、何となく分かる。


映画は、といえば、


これはもう、安藤サクラさんに尽きる、というくらい、
サクラさんは凄い。


本当にいいね、この人は。
先日は、「百円の恋」を観たばかり。
どんな映画を観ても、
その存在感には圧倒される。


いわゆる、「美人女優」扱いでなく、
いい意味でふてぶてしく、
線が太い。
そして、ご自身が、
そんな自分を一番よく知っていらして、
それが演技に生かされているように思う。


この映画でも、
冒頭からびっくりだ。


介護ヘルパーのサクラさんは、
お爺ちゃんとベッド(布団?)を共にしてやってほしいと
言われるも、断らない。
他の女優さんだったら、
生々しくなってしまうところであろうが、
簡単にOKするサクラさんに、
「らしい」とさえ思ってしまう(笑)。


その後、
様々な爺さんの家に、
半ば脅しのような形で入り込み、
いつもまにか、
爺さんの心を掴んでしまうサクラさん。
(あくまでも、心だけ(笑))


なかなか面白かったけど、
ただ、これ、
観ている方は、
サクラさん側から、ものを考えているから、
サクラさんに肩入れしてしまうけど、
爺さんの家族にしたら、
怖いかも。


例えば、父親が一人で暮らす実家に、久し振りに帰ったら、
知らない女が、
愛人でもなく、雇われヘルパーでもなく、
ただなんとなく、家に住み着いていたなんて
事になってたら、どうします?(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(57)  コメント(12) 
共通テーマ:映画