So-net無料ブログ作成

「続 サザエさん」 [映画]

zokusazaesan.jpg
〔1957年/日本〕


相変わらずお転婆でそそっかしいサザエさん(江利チエミ)だが、
フグ田マスオさん(小泉博)に出会ってから、
彼女の中で、何かが変わろうとしていた。


ある日、高校のクラス会に行ったサザエさんは、
旧友たちが皆結婚している事を知り、
ますます結婚への思いを募らせる。


そんな中、
隣家に小説家・伊佐阪難物(三木のり平)と
その妻・軽子(藤間紫)が引っ越してくる。
軽子と会ったお母さん(清川虹子)はビックリ。
2人は女学校時代の同級生だったのだ。


フグ田さんが、母親を連れて、
磯野家にやって来た。
しかし、サザエさんは大失態をおかしてしまい、
もうダメだと泣き出してしまう・・・。





先日書いた、「サザエさん」の続編。


サザエさんの物語と関係なく、
「うわー!」と思ったのが、
江利チエミさんが、クラス会の余興で見せた、
美空ひばりさんと雪村いづみさんの物真似。


江利さん、美空さん、雪村さんといえば、
当時「三人娘」と呼ばれていたのは、
私だって知っている。
この場面は、観客ヘのサービスシーンなのだろうか、
とにかく、当時を知らない私でも、
嬉しくなって、ニコニコしながら観てしまった。


あとはもう、サザエさんらしい小ネタがいっぱい。
カツオに、顔に墨を塗られたまま外出しちゃったり、
ワカメが、お客様に持っていくはずのおはぎを
友達に大盤振る舞いしちゃったり、
伊佐阪先生がいるとは知らず、悪口言っちゃったり。


泥棒騒ぎもある。
サザエさんに出てくる泥棒は、
アニメもそうだけど、
いつもステレオタイプで笑える。
あんな、「私は泥棒です」と体現しているような泥棒、
普通いないよね(笑)。


当時の人々の生活も垣間見える。


サザエさんは、
ワカメの友達の母が風邪を引いたと聞いて、
当然のように家事の手伝いに行く。


私には考えられん(笑)。
自分が寝込んでいる横で、
他人が自分の家を掃除したり洗濯したりって。
あれじゃ気になって、おちおち寝てられない。
余計に具合が悪くなりそう。


そういえば、個人的にウケた事。
サザエさん一家が、
お母さんの実家に行った時、
なんと、家に野生の熊が入り込む、というシーンがある。
最近、「マタギ」やら「リメインズ」やら、
一人熊ブームになっていたので、
なんという偶然、
「また熊か!」って(笑)。
続くときは、続くものだわ。


1作目にも書いたけど、
やっぱり磯野家の表札は、
「磯野松太郎」になっている。
でも、舟は舟のようだ。
だって、軽子さんが、
「お舟ちゃん!」って呼んだもの(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(54)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画