So-net無料ブログ作成

「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」 [映画]

bestseller.jpg
〔2015年/イギリス〕


1929年。ニューヨーク。
ヘミングウェイやフィッツジェラルドを見出した
名編集者・マックス・パーキンズ(コリン・ファース)の所に、
無名の作家・トマス・ウルフ(ジュード・ロウ)が
原稿を持ってやって来る。


トマスの、その原稿は、
あらゆる出版社から相手にされず、
最後にマックスに持ち込まれたのだ。


大変に長いその小説を読んだマックスは、
トマスの才能に気付き、
出版を約束する。
しかし、それには条件がある。
この膨大な量の文章を、
大幅に削除する事だ、と。


話し合いを重ねながら、
やっと完成した処女作「天使よ故郷を見よ」は、
一躍ベストセラーとなり、
歓喜する2人。


しかし、トマスの恋人・アリーン(ニコール・キッドマン)や
マックスの家族は、
すっかり置いてけぼりとなり、
さらに、世間では、
トマスはマックスがいないと作品が書けないとの
噂が立ってしまう・・・。





試写会で観た。


実在の作家・トマス・ウルフと、
彼を見出した編集者・マックス・パーキンズの
友情と葛藤を描いた物語。


才能のある編集者って凄いものだなと、
マックス・パーキンズの力に感動してしまう。
なにせ、彼は、
どの出版社からも相手にされなかった、
トマスの小説を読み込み、
「これはいける」と直感する。


電車の中で読了した瞬間、
マックスの顔に浮かんだ、
かすかな笑みが全てを物語る。
そんなマックスを演じるコリン・ファース、
凄い俳優だわ。


トマスの頭の中は、
言葉で溢れかえっているように感じられる。
彼は饒舌で、
初めて会うマックスの家族にも、
お喋りが止まらない。


どれだけ語彙が多いんだろう。
やはりベストセラー作家になるような人は、
語彙の量が一つの勝負なのだろう。
何せ彼が、次回作として持ってきた原稿は、
ワゴン3つ分(笑)。
つまり、それだけの数の言葉を
持っているという事だものね。


トマスの恋人のアリーンは、
トマスとマックスの仲に、
激しい嫉妬を感じるのだけれど、


同じ経験がないので、
その辺りの心理は、想像でしか考える事ができない。


自分の恋人が、
異性でなく、同性と親密に仕事をしていても、
嫉妬って感じるものなんだろうか。
その親密の度合いにもよるんだろうか。
私がアリーンだったら、
恋人がいい編集者に巡り合えて、
本が売れて良かった良かった、と思ってしまいそうだけど、
人の心って、そんなに単純ではないのだろうか。


イギリスを代表するような俳優、
コリン・ファースとジュード・ロウ、
そして、
オーストラリア出身のニコール・キッドマン。
彼らが、
実在したアメリカ人を演じるというのも
面白く感じた。


・・・と、ここまで書いて調べたら、
これってイギリス映画なの!?
アメリカ人にしたら、
「お前関係ねーじゃん」と言いたくならないのかしら(笑)。


日本でいえば、
隣国が、隣国の俳優を使って、
実在した日本人の物語を作るようなものなんじゃ・・・
って、ちょっとニュアンスが違うんだろうけど(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(74)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画