So-net無料ブログ作成

「劇場版 エースをねらえ!」 [映画]

acewonerae.jpg
〔1979年/日本〕


岡ひろみ、県立西高校の1年生。
彼女は、テニス部の3年生・竜崎麗香(通称・お蝶夫人)に憧れ、
軽い気持ちでテニス部に入る。


西高は、テニスの強豪校として名を馳せており、
麗香をはじめとして、
部員、特に3年生は実力者揃い。
そして、そんなある日、
テニス部に、かつての名プレーヤー・宗方仁が
コーチとして就任する。


宗方は、部員全員のプレイをビデオ撮影し、
それを見ていたが、
ひろみの映像を見た時、
ハッとして、何度も見直した。


宗方は、地区大会のメンバー5人を発表。
なんと、その中に、ひろみが入っていた。
そのせいで、3年生の実力者・音羽京子が選に漏れてしまう。
部員たちの反発は当然凄まじく、
お蝶夫人も宗方に抗議するが、
宗方は、意に介さない・・・。





「エースをねらえ!」は、
タイトルと、テニスがテーマだという事と、
登場人物の、岡ひろみとお蝶夫人の2人の名前しか知らず、
さらに、アニメ映画全般を、殆ど観た事がない私が、
「大傑作」と言われている本作を
観ていいものなのだろうかと、
少し迷った。


何も感じる事ができなかったらどうしようと、
ちょっと不安な気持ちで、
ビデオをデッキにセットしたけれど、
これが、なかなか面白かった。


まず、物語が大変に分かりやすい。
「エースをねらえ!」初心者でも、すぐに入っていける。
88分という短い上映時間なので、
無駄がなく、話がどんどん進む。
だからといって端折ってるという感じもなく、
物足りなさは全くない。


岡ひろみという、
平凡な高校1年生が、
テニスの地区大会の選抜メンバーとなった事への戸惑い、
周囲の反発、
厳しい特訓ゆえの挫折、
そして立ち直る心・・・
全てに共感できる。


ひろみが、ある理由で、宗方へ電話をかける場面が
2度ある。
1本の映画で、同じ場面が2度あるのは駄目だと、
個人的には思っているのだけれど、
この映画に限っては、2度目が必要不可欠。
ひろみの成長を表す場面として、素晴らしかった。


宗方が、
母とひろみを重ね合わせて考える場面に
考えさせられる。
母親と息子の間には、
切っても切れない絆があるといつも思う。
宗方のラストのセリフに涙。


ひろみがどんな立場になっても、
絶対に支えてくれる、
親友・マキの存在もめっちゃ大きい。
マキがいなかったら、ひろみはどうなっていたのか。
感謝してもしきれない。


ひろみとマキが、2人で映画に行く場面に
笑った。
なんと2人が観ているのは、
インターミッションまである、
めっちゃ長そうなコテコテの戦争映画。
女子高生がなぜそんな作品を選ぶ?って(笑)。


それから、すみません、
私の性格上、
ちょっとだけ茶化させて。
(誰に頼んでるんだか(笑))


竜崎麗香って名前が凄いよね(笑)。
主人公が岡ひろみという、
サッパリした名前なのと対照的に。
名は体を表すの諺通り、
見た目も、性格も、
2人にピッタリのネーミングだと思う(笑)。


しかも、高校生なのに、
あだ名が「お蝶夫人」て。
夫人よ、夫人(笑)。
ご本人は、そう呼ばれる自分の事をどう思っているのかしら。
原作ではそこに触れているのだろうか。


そのお蝶夫人、
どうやら超大金持ちらしく、
庭に噴水があるような大豪邸に住んでいる。
なのに通っている高校が、公立高校というのが、
面白い。


あれだけの金持ちなら、
K応か、A山学院 G習院、もしくはS城あたりに
小学校から入学しそうな気がするけど(笑)。
(あくまでも、東京近郊在住という場合ですが)


いや、しかし、
その件だけは、茶化してはいけないね。
もしかしたら彼女の親は、
色々な生徒のいる公立の学校で、
子供を逞しく育てる方針なのかもしれないし、
大学もエスカレーター式でなく、
一般受験で入りなさい、という考えなのかもしれない。
私もそういう考えって嫌いじゃないし。


そういった細かい事は、
原作を読めば分かるのだろうか。
今度読んでみよう。


評価 ★★★★☆

nice!(55)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画