So-net無料ブログ作成

「マタギ」 [映画]

matagi.jpg
〔1982年/日本〕


マタギ(熊猟師)の関口平蔵(西村晃)は、
7年前、巨大な熊に襲われて以来、
いつかそいつを仕留めると、心に決めていたが、
そんな大きな熊がいるのかと、
半信半疑に思っている者がいるのも事実。


平蔵の家族は、
冬になると都会に出稼ぎに行く息子・岩吉(山田吾一)と、
孫の太郎(安保吉人)の3人。
太郎は厳しくも優しい平蔵が大好きだ。


平蔵の飼い犬が5匹の子供を産んだ。
犬は、マタギにとって、
なくてはならないパートナー。
5匹の中で一番体が小さい犬・シロを、
大人たちは、「使い物にならない」と見捨てたが、
太郎は特別シロを可愛がり、
勝手に訓練する。


それを見ていた平蔵は、
シロのマタギ犬としての才能に気付き、
今度熊狩りに行くときは、
シロを伴っていこうと決める。


真冬のある日、
村の娘が熊に襲われ死んだ。
「あいつだ、あいつがやったんだ」
平蔵は今度こそ巨大熊を仕留めてやると、
シロを連れて狩りに出た。
太郎は、その後ろを密かに付いてゆき・・・。





これは想像していたのと違った。
なかなか面白かった。


まず私は、
この物語を、勝手に明治時代あたりの話だろうと思い込んでいた。
なので、現代劇と知った時は、
ちょっと意外な気がして。


それから、西村晃演じるマタギの爺さんが、
もっと偏屈で、人の言う事を聞かないタイプの人間なのかと
イメージしていたけれど、
決してそのような事はなく、
孫を可愛がり、
村人との協調性もある、
真っ当な人だと分かってホッとした。
別に私がホッとしても仕方ないんだけど(笑)。


熊狩りがメインだと思っていたけれど、
それも違っていた。
主人公は平蔵というより、
孫の太郎なんじゃないかと思わせる場面も多く、
少年の成長物語でもある。


太郎は、平蔵や父の姿を見て、
自然の厳しさや、働く事の尊さを学んでゆく。


小さな犬・シロを太郎が躾けてゆく場面も、
本人は真剣だけれど、
実はとってもコミカルで笑える。
シロが、強いんだか、ヘタレなんだかよく分からず(笑)、
でもそれが可愛くて、
「頑張れ」と、思わず声を掛けたくなってしまう。


村の学校の雰囲気もいい。
ある日、太郎は、
友達3人と、理由は分からないけど、立たされている。


そんな時、窓の外に見えたのが、
出稼ぎから帰った父の姿。
すると先生は、
「荷物を持ってやれ」と、太郎に言い、
太郎は駆け出す。
クラスメイトたちも、
「ズルい」などと言う子は一人もおらず、
「当然」といった顔をしている。
雪深い東北で、
大人だけでなく、子供たちまでが、
互いの事情を理解し、助け合っている様子が見て取れる、
温かく、良い場面だった。


そして、クライマックスの、
平蔵と巨大熊との対峙。


平蔵は、
かつて自分に怪我を負わせた熊を
決して憎んではいない。
むしろ、尊敬と畏敬の念を抱いている。
だから映画が安っぽくならない。
観ている側が、動物パニック映画を期待していたとしたら、
そこは外れてしまうだろうけど、
この映画に限っては、
そんな風に作られなかった事が良かったのだと思う。


評価 ★★★★☆

nice!(78)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画