So-net無料ブログ作成

「コータローまかりとおる!」 [映画]

kotaromakaritoru.jpg
〔1984年/日本〕


新堂功太郎(黒崎輝)は
私立鶴ヶ峰高校に通う生徒。
腰まで伸ばした髪は、
当然校則違反だが、
決して切ろうとはしない。


彼の傍若無人な振る舞いを
苦々しく思っている、
生徒会長のタラコ(山口良一)は、
彼の髪を切った者が所属する部活に
100万円の報奨金を出すと言う。


そんな中、
学校に、ムーア公国のプリンセス・クララが
留学してくる。
功太郎は可愛い彼女を見て、
ある事を宣言する。


クララの帰国後、
学校の裏組織・蛇骨会は、
功太郎のガールフレンド・麻由美を人質にし、
功太郎を呼び出す・・・。





先日観た映画、「伊賀野カバ丸」で、
カバ丸を演じた黒崎輝さんの
主演第2弾らしく、
ファンの方は、
「カバ丸」のタイトルが出ると、
当然のように、
この「コータロー」のタイトルもセットで頭に浮かぶ・・・らしい(笑)。


ただ、ごめんなさい。
私には、これはちょっと・・・(笑)。
馬鹿馬鹿しさにおいては、
「カバ丸」と双璧をなすのは分かるんだけど、
決定的な違いがある。


それは、
言ってみれば、
少年漫画と少女漫画の違い。
女は、女のスカートの中を覗きたいという
男の心理が、全く理解できないからなぁ。


エロ映画は嫌いじゃないけど、
こういった種類のエロ(というほどではないが)は
望んでいないのよねぇ(笑)。
入り込めなくて、申し訳ないです・・・。


真田広之が「カバ丸」に続いて、
なぜか、お化粧をした、
一風変わった役を。


別にこのころ、彼はそんなイメージではなかったと思うし、
そういう売り出し方もしていなかったと思うのだけれど、
まぁ、偶然かな。
本人も結構楽しそうに見えるし(笑)。


それから、知っているかたに、
ぜひ教えてほしいのが、
伊原剛志演じる、砂土屋俊兵!


この砂土屋というのは、
名前や、アイパッチや、ムチの名手という所からして、
「愛と誠」の砂土谷峻を意識していると思われるのだけれど、
どうなんでしょう。
容貌や、ムチの振り方まで、砂土谷峻にソックリなのだけれど。


私は「愛と誠」が
人生のオールタイムベスト5に入るくらい、
好きで好きで、大好きで、
だから、砂土谷峻のパロディ(?)に、
思わぬ所で出会った事が、
とっても嬉しくて。
こちらの砂土屋俊兵は、コミックにも出てくるキャラなのだろうか。


「カバ丸」と同じように、
「コータロー」の原作も読んでみたくて、
図書館を検索したけれど、
こちらは蔵書してなかった(笑)。
残念。


評価 ★★★☆☆

nice!(70)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画