So-net無料ブログ作成

「二重生活」 [映画]

nijuseikatsu.jpg
〔2016年/日本〕


大学院で哲学の勉強をする白石珠(門脇麦)は、
講師の篠原(リリー・フランキー)から、
修士論文のテーマに、
「哲学的尾行」をしてみたらどうか、と言われる。


ターゲットを定め、
その人間の後をつけ、
行動を全て記録する。
条件は、対象者と絶対に関わってはいけない、という事。


珠は、自宅マンションから見下ろせる位置にある
一軒家の主・石坂(長谷川博己)を尾行する事に決めるが、
絵に描いたような、幸せな家庭を築いている石坂に
実は愛人がいる事を知る。


珠には同棲している男・卓也(菅田将暉)がいる。
仲は悪くはないが、
心の深い所で、彼と結びついていないと感じられ、
そうしっくりとはいっていない。


そんなある日、
珠は石坂から呼び止められ、
「なぜ自分を尾行するのかと」詰め寄られる・・・。





試写会で観た。

nijuseikatu2.jpg
※リアルライブさんより


主要なキャストの皆さんの舞台挨拶があり、
この映画の面白さをお話しされたのだけれど、
私は、俳優の皆さんより、
「特別ゲスト」として、
途中から登壇された、
原作者の小池真理子さんに、
脊髄反射してしまった(笑)。


大好きな小池真理子さん。
まさか来られるとは思っていなかったので、
嬉しくて。
初めて肉眼で見たのだけれど、
やっぱり素敵なかた。
先日、
自伝的小説だと言われている「無伴奏」を再読したばかりで、
勝手に一人で、とても身近に感じられている所だった。


で、この映画。


原作については、
以前にこのブログで書いているけれど、

http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-04-12
ちょっと話を膨らませ過ぎかなぁという印象。


原作がそれほど深くないので、
仕方ないとは思うけど、
余計なエピソードを足せばいいってものでもないし。


なのに、肝心の別のエピソードを
削ってあったりして。
やはり、読む者によって、
重要だと思う箇所が違うのであろう。


主人公の白石珠は、
私の中では、
門脇麦さんより、もう少し大人なイメージで、
だから、彼女が、
ある場所で石坂に自分語りをした場面に、
なんてつまらない女なんだ、と思いながら観ていたら・・・・


当の石坂から、
強烈な言葉を投げられて、
「そうなのよ、
私が言いたいのは、そのたった一言で表せるのよ」と、
すんごく納得した感じが、
一人で可笑しかった。
yonta*さん、あの場面はどう思われたでしょうか。
(と、呼びかけてみる(笑))


映像で観てみると、
尾行って思っていたより大変ね(笑)。
だって、自分が行く場所に、
必ず同じ人がいたら、
絶対気付くって。


いや、男性は案外気付かないのかなぁ。
石坂の愛人は、
すぐに気付いたけど(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(75)  コメント(16)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画