So-net無料ブログ作成

「クリーピー 偽りの隣人」 [映画]

creepy.jpg
〔2016年/日本〕


元刑事の高倉(西島秀俊)は、
自分の失態が原因で警察を辞め、
現在は、大学で犯罪心理学を教えている。


妻・康子(竹内結子)と、
郊外の一軒家に引っ越した高倉は、
隣家の主人・西野(香川照之)に、
不気味な違和感を覚える。


そんな中、かつての同僚・野上(東出昌大)から、
6年前に起こった一家失踪事件の
分析を依頼された高倉は、
一人生き残った娘・早紀(川口春名)に会うが、
早紀の記憶が曖昧で、
核心に辿り着けない。


康子と西野が親しくしている事に、
なぜか危機感を感じる高倉だが、
どうする事もできない。
西野は危険だと、
元刑事の勘が働くだけだ。


一家失踪事件を調べていくうちに、
早紀の記憶が少しずつハッキリしてくる。
早紀の家族の失踪は、
隣家に住んでいた男が関係しているらしい・・・。





試写会で観た。


イライラさせられるわぁ、竹内結子(笑)。
彼女は、引っ越しの挨拶に行った時、
隣家の奇妙な主人・香川照之に違和感を覚えて、
帰ってきた西島秀俊に、それを訴える。


にもかかわらず、だ。
翌日、彼女は、
「シチューが余ったから」と、
わざわざ隣家に持っていく。
信じられん。


しかも、ある日、西島が帰宅すると、
香川が家にあがっていて、
西島、唖然。
西島は、数日前、香川のあまりの変人っぷりに驚き、
暗に、「深く関わらない方がいい」と、
竹内と会話したばかりだというのに。
何なんだ、この危機意識の低さは。


この手の映画が、
いかに観る者をイラつかせるかが勝負だとしたら、
素晴らしい出来だと思う(笑)。
とにかく最初から最後まで
神経逆撫でされっぱなし。


突っ込みどころも満載。
西島が調査を始めた、
一家失踪事件と、
引っ越したばかりの家の隣人が関係ありそうだなんて、
どんだけ偶然なのか(笑)。


香川の家の間取りも凄い。
外観は普通の一軒家だというのに、
中には、重そうな鉄の扉があって、
その向こうでは、
大変な作業が行われている。
あんな家、誰が設計したんだ?(笑)。
あんな、殺人にお誂え向きの家。


まぁ、良い。
130分、飽きずに観ていられた事だけは確か。
香川照之の、
安定した不気味っぷりを見るだけで
価値があるかも。


評価 ★★★☆☆

nice!(69)  コメント(14)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画