So-net無料ブログ作成

「帰ってきたヒトラー」 [映画]

kaettekitaHitler.jpg
〔2015年/ドイツ〕


ドイツ・ベルリンのある空き地で、
死んだはずのヒトラー(オリバー・マスッチ)が突然蘇える。


今がまだ1945年だと思い込んでいるヒトラーは
歩き出すが、
人々の、自分を見る目が変だ。
ついには、話しかけた女性から、
催涙スプレーをかけられる始末。


ヒトラーはキオスクに売られていた新聞で、
今が2011年だと知る。
そして、そこに偶然居合わせたテレビカメラに
写り込んでしまう。


一方、テレビ局をクビになりかけていた
フランクは、
偶然テレビに映ったヒトラーを、
物まね芸人と勘違いし、スカウトする。
ヒトラーがトーク番組で、
演説をぶつと、
その様子がyoutubeにアップロードされ、
その再生回数が凄い事に。


スターにのし上がったヒトラー。
ついに彼に、
政界から入党依頼が舞い込み・・・。





試写会で観た。


現代にヒトラーが蘇えるという、
考えようによっては不謹慎な物語が
コメディタッチで描かれていて、
劇場内は爆笑の渦。


特に前半が面白い。
誰一人、彼を本物のヒトラーと思わない中、
ずっとヒトラーのままでいるヒトラー。
両方の意識の差が可笑しくて。


ヒトラーが、自分の軍服を洗ってもらうため、
クリーニング店に行く場面も笑える。
今まで、そんな事を想像した人がいるだろうか。
しかも、その時来ていた軍服しか持っていない彼は、
クリーニング店から借りた、
ヨレヨレの黄色いシャツと、
デニムを着て帰ってくる。
その姿が映った瞬間・・・


あははははは~。
それはもう、威厳なんてぶっ飛んじゃうような、
ただのおっさんで、
可笑しかったなぁ。


彼はその演説能力の巧みさから、
現代でもスターになっていくわけだけれど、
ドイツではその原作は、
絶賛と非難で大騒ぎとなり、
売れに売れたのだそうだ。


日本でもこういった物を作ったら面白いのになぁと思うけど、
国民性の違いもあるし、
やっぱり難しいのかもしれないな。


評価 ★★★☆☆

nice!(73)  コメント(16)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画