So-net無料ブログ作成

「シークレット・アイズ」 [映画]

secreteyes.jpg
〔2015年/アメリカ〕


FBIの捜査官・レイ(キウェテル・イジョフォー)は、
殺人事件の連絡を受け、
同僚の捜査官・ジェス(ジュリア・ロバーツ)たちと現場に駆け付けた。
凌辱された挙句、ゴミのように捨てられた被害者を見て、
レイは絶句する。
それはジェスの娘だったのだ。


容疑者らしき男・マージンが、
捜査線上に浮かぶ。
しかし、時は2002年。
911事件直後のFBIは、
殺人事件より、テロ事件に力を入れており、
マージンは、ある政治的理由で釈放。
そのまま姿を消す。


それから13年間。
レイは毎日、PCに向かい、
マージンの行方を追っていた。
すると、ついに、
マージンによく似た男が、
ムショから出てきたことに気付く。


あいつだ、あいつに違いない。
レイは、
エリート検事補・クレア(ニコール・キッドマン)と共に、
マージン逮捕に全力を尽くすのだが・・・。





試写会で観た。


「衝撃のラスト」という事で、
楽しみにしていたけれど、
オチを観た時、
南米の某映画と同じじゃないか、と思った。


まさかハリウッドが、そこまであからさまなパクリはしないだろうから、
リメイクだと銘打っているんだろうな、と、
家に帰って調べてみたら、
あるサイトに、
「オリジナル脚本」として、
某映画の脚本家さんの名前が書かれてあった。


ただ、私は、
その、某映画のタイトルは、
絶対に、ここには書かない。
あの映画を観た方は、
タイトルを聞いただけで、オチが分かってしまう。
それほどインパクトの強いラストだったから。


いつも映画を観る時は、
極力、予備知識を入れないようにしているのだけれど、
今回は特に、何も知らずに観て良かった、と思った。
何度観ても、あのラストは衝撃。


それにしても、
この「シークレット・アイズ」の中の、
ニコール・キッドマンの、
マージンへの取り調べのカッコ良さったら!


ニコールはマージンのコンプレックスを刺激する。
マージンを挑発し、
口を割らせようとする。
「あんたのピーナッツじゃ・・・」云々と。(詳しくは映画を観てください(笑))
これはニコールが言うからいいのよねぇ(笑)。


ジュリア・ロバーツも、
ほとんどお化粧をしない顔で、
娘を殺され、悲しみのどん底にいる母を、
鬼気迫る演技で表現していた。
彼女の気持ち、分かる。


評価 ★★★☆☆

nice!(69)  コメント(9)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画