So-net無料ブログ作成

「アメイジング・スパイダーマン2」 [映画]

amazingspiderman2.jpg
〔2014年/アメリカ〕


高校を卒業したピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、
スパイダーマンとしてニューヨークの安全を守りながら、
恋人・グウェン・ステイシー(エマ・ストーン)との愛を
順調に育んでいた。


グウェンは巨大企業・オズコープ社で働き始めるが、
社長が亡くなり、
御曹司で、ピーターの友人でもあるハリー(デイン・デハーン)が
新社長となる。


ハリーは、父の持病を受け継いでおり、
治癒の為に、
スパイダーマンの血液が必要だと考えるようになる。


一方、オズコープ社の電気技師・マックス(ジェイミー・フォックス)は、
社内で大変な事故に遭い、
電気を操れるモンスター・エレクトロに変身してしまう。
彼は崇拝していたスパイダーマンを憎むようになり、
両者は対峙することに・・・。





待ちに待ったアメイジング・スパイダーマンの第2弾。


見応え十分。
クライマックスのスパイダーマンとエレクトロの対決は、
見入ってしまって、
143分という長い時間を感じさせない。


このシリーズの好きな所は、
アクションシーンと並行して、
人物の描写が中々優れている所。
ピーターが、失踪した父の気持ちを知る場面などは、
とても感動的だし、
父からピーターを任されたメイおばさんが、
ピーターを叱る場面なども、
本当にその気持ちが分かるので、
うなずいてしまう。


グウェンとの関係も揺れている。
彼らはお互い愛し合ってはいるけれど、
これからの人生に向けて、
まだまだ勉強が必要だと考えるグウェンは、
ある決断をし、ピーターは戸惑うばかり。
一昔前だったら、男女が逆だった気がするけど、
時代は変わったもんだ(笑)。


予備知識ゼロだったので、
今回の敵がジェイミー・フォックスだと知って、
驚いたやら嬉しいやら。


平凡だった彼は、
ある日、偶然スパイダーマンから声を掛けられ、
有頂天になるも、
人々から尊敬されるスパイダーマンに、
嫉妬とも羨望ともつかない気持ちを抱くんだな。
(可愛さ余って憎さ百倍ってやつだ)


で、エレクトロに変身して、
スパイダーマンと対峙するんだけど、
彼が一番反応する言葉は、「必要」。
「お前が必要なんだ」と言われると、
すぐその気になってしまう。
あぁ、人って誰もが誰かから必要とされたいんだよね、
分かるなぁと、思いながら観る。


電気を自在に操れるエレクトロが、
ニューヨーク中の電気を消してしまうんだけど、
病院や空港の管制塔が混乱する場面で、ちょっと涙が出た。
震災の時、計画停電を経験して、
電気の無いという事が、どれだけ生活に支障をきたすのかは、
日本人ならよく知っている事だもの。


何度も書いているけれど、
私はアンドリュー・ガーフィールド君が大好き。
(いい年して(笑))
ただ、やっぱり、彼の年で、
大学生はちょっと苦しいかな(笑)。
このシリーズが終わったら、
今度は大人の役を見てみたい。


共演をきっかけに恋人同士になったという、
エマ・ストーンとのキスシーンにはドキドキした(笑)。
しっかし、アメリカってすごいよね、
高校の卒業式のステージ上で、
みんなが見ている中、キスしちゃうんだから。
日本だったら、大ごとだ(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画