So-net無料ブログ作成

「シェイド」 [映画]

shade.jpg
〔2003年/アメリカ〕


ガブリエル・バーンとタンディ・ニュートンは、
恋人同士でもあり、詐欺コンビでもある。


次の仕事に取り掛かるに当たって、
若き天才ギャンブラー・スチュアート・タウンゼントと組み、
ある人物を陥れ、
カジノで大金をせしめる。


しかし、手に入れた金が、
盗まれたマフィアのボスへの上納金だった事から、
返金しなければならない事態に陥る。


金なんか、とっくに無い。
困った3人は、
伝説のギャンブラー・シルベスター・スタローンに
勝負を挑むのだが・・・。





騙し、騙され、
裏切り、裏切られ、という、
詐欺師同士の攻防を楽しんだ。


途中で何度も話が回転し、
観ている私も騙されている事に気付くという、
まぁ、詐欺物に有りがちな話ではあるけれども、
「そうだったのか!」と思わされる内容は悪くない。


詐欺物は特に、
これから観られる方にネタばらしになってしまうので、
詳しい粗筋が書けないのだけれど、
ある大スターが、大変に贅沢な使われ方をしているのには驚く。


そして、いよいよ、
御大・シルベスター・スタローンとの大勝負。


彼の筋肉馬鹿なイメージは、
この映画では封印、
そろそろ引退を考える、伝説のイカサマ師を、
カッコ良く演じている。
(それが観たくて借りてきた(笑))


ポーカーを知らないので、
その辺りが不安だったけれど、大丈夫。
ルールを知らなくても、
緊張感と雰囲気だけで十分楽しい。
(ポーカーに詳しい方には、物足りないというご意見もあるようだけれど)
あれがポーカーじゃなくて、
ババ抜き、七並べでも、
同じだった気がする(笑)。


賭け金の多さも凄い。
一度の賭けに8万ドルも使ってしまう。
そんな事に驚くような気の小さい私には、
やっぱりギャンブルは無理だと思わされた場面。


ラストのラストまで驚かされる。
鈍い私は、
オチが全然読めなかったわ(笑)。


評価 ★★★☆☆