So-net無料ブログ作成

「トットチャンネル」 [映画]

tottochannel.jpg
〔1987年/日本〕


昭和28年。
仕事を探していた柴柳徹子・通称トット(斉藤由貴)は、
NHKで日本初めてのテレビ放送の開始を前に、
専属俳優を募集している事を知る。


試験を受けたトットだが、
あまりの世間知らずに、
ペーパーテストは殆ど間違い、
歌、パントマイムも上出来とは言えなかったが、
そのまっさらな様子が逆に良いと、合格する。


合格といっても、養成期間があり、
トットはそこで、
新しい友人たち、
西里涼子(渡辺典子)
中村かおる(村上里佳子)
横井美保(網浜直子)
黒沢圭一郎(高嶋政宏)
今泉光二(堀広道)らと共に、
テレビ俳優としてのノウハウを学んでゆく。


実際のラジオドラマに、
その他大勢のガヤガヤとして出演したトットだが、
声が大きすぎる上に、
どこか他の人とは違うらしく、
一人外されてしまう事も少なくない。


それでも何とか、
テレビに出演する事になったが、
そこでも失敗ばかり・・・。





黒柳徹子さんの同名エッセイの映画化なのだけれど、


大変に面白く、
場内は爆笑に次ぐ爆笑、
私も可笑しくて何度もケラケラ笑っちゃった。


内容は基本的に、
原作通りに描かれていて、
主人公のトットは、
別に人を笑かせようとしているわけでは決してないのに、
彼女の失敗の一つ一つが、
なぜか笑いを誘うという、
徹子ワールド全開(笑)。


ただ、失敗続きのトットが、
少しずつ放送に慣れ、
成長してゆく姿も大変にいい。
青春物としても秀作。
演じる斉藤由貴も、トットそのもので可愛い。


日本で初めてのテレビ放送のエピソードも満載で、
大変に興味深い。
例えば、刑事ドラマで、
刑事役の俳優さんが、犯人役の俳優さんの手と自分の手を
手錠で繋げたはいいけれど、
手錠の鍵が見つからなくて、
刑事が家に帰ってくつろぐ場面でも、
カメラに映らないように、
犯人がずっとそこにいる、とか。


素人の子供が特技を披露する番組で、
出演者の男の子2人が、
本気で取っ組み合いの喧嘩を始めちゃって、
トットは笑っちゃって大失敗、なんてのもある。
私だって、そんな場に居合わせたら、
笑いが止まらなくなるだろうよ(笑)。


今ならコントに使われそうなネタが、
実際にあったわけで、
何事も、始まったばかりの頃は、
混乱が付き物なんだなぁと思う。


当時はドラマもバラエティも、
全てが生放送で、
だからこそ、起こったアクシデントだけれど、
もしそんな映像が残っていたら、
きっと今、大爆笑しながら観られたのにと思うと、
本当に残念。


観終わってすぐ、
久し振りに原作を読み始めた。
映画では描き切れなかった、
細かい描写がいっぱいで、
大変に面白い。
テレビ創世記の記録としても貴重だと思うし、
こういった物を残してくださった黒柳さんにも
感謝したい気持ちでいっぱいです。


評価 ★★★★☆

nice!(24)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画