So-net無料ブログ作成

「奇跡」 [映画]

kiseki.jpg
〔2011年/日本〕


両親の離婚により、
母(大塚寧々)に付いていった兄・航一(前田航基)と
父(オダギリジョー)に付いていった弟・龍之介(前田旺志郎)。


2人はそれぞれ、鹿児島と福岡で暮らし始め、
新しい友達もできたけれど、
やっぱり淋しい。


特に航一は、家族が4人揃って暮らす事を望んでおり、
しょっちゅう龍之介に電話をする。
龍之介は弟らしく、
兄ほどには深く考えていないようだ。


ある日、航一は、
九州新幹線が開通した日に、
博多から出発する「つばめ」と、
鹿児島から出発する「さくら」の
一番列車が擦れ違う瞬間を見ると
願いが叶うという噂を聞く。


何とか一緒に、
その瞬間に居合わせたいと、
2人は、友達や家族や先生を巻き込んで、
無謀な計画の実行に動き出す・・・。





両親の離婚に胸を痛める兄弟。
特に兄は、
来年中学生というだけあって、
そろそろ色々分かりかけてくる。
なんとか4人一緒に暮らせないかと画策する。


子供たちの演技が自然で、
素晴らしい。
主役の2人も、
さすが実の兄弟なだけに、
掛け合いもピッタリだし、
それから、彼らと一緒に冒険に出掛ける5人の子供もいい。


彼らは新幹線の擦れ違う町まで来たはいいけれど、
泊まる所の事まで考えていなくて、
でも、ある誤解から、
全く知らない老夫婦(高橋長英・リリィ)の家に、一晩やっかいになる事になる。
その場面がとても好き。


あんな風に、私のうちにも、
全く知らない子供たちが泊まったら面白いだろうなぁと、
想像できる描き方で、
老夫婦がちょっと羨ましかった(笑)。


そして、翌朝の、
子供たちが電車の擦れ違いに立ち会う場面。
この場面で私は、
本気で手を合わせて、
子供たちと一緒に、
今一番望む事を願掛けしちゃった。


この映画をDVDで観た方って、
皆さん、同じ事をしないのかな?しない?(笑)
もし劇場で観ていたらどうしただろう。
他の観客の迷惑にならない程度に
手を合わせて、
やっぱり願掛けしちゃう気がするけど。


それから、
子供の目線とは違う所で、
大人の事情も、とっても気になる。
大塚寧々が大人になれないオダギリジョーに
怒る気持ちも分からなくはなくて、
あれじゃ愛想尽かしたくなるよなぁと思ったり。


この映画の先に未来があるなら、
あの子供たちは一体どんな風に育ってゆくのだろう。
2人が、そして全ての子供たちが幸せになってほしい。


評価 ★★★★☆

nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画