So-net無料ブログ作成

「神様のカルテ2」 [映画]

kamisamanokarte.jpg
〔2014年/日本〕


松本の本庄病院で、
相変わらず忙しく働く医師・栗原一止(櫻井翔)と、
彼を支える妻・榛名(宮崎あおい)。


そんな中、一止の大学時代の同期で、
将棋部の仲間でもあった進藤辰也(藤原竜也)が、
本庄病院に勤務するためやって来る。


大学時代、成績も良く、
真面目で、
その上、将棋部員で一止が惚れていた進藤千夏(吹石一恵)と
結婚した辰也。


一止はそんな彼を大歓迎するが、
なぜか辰也は昔の元気を無くしていた。
定時になるとさっさと帰ってしまい、
夜中の電話には出ないなど、
救急病院の医師とは思えない言動で、
職場での評判は最悪なものとなってしまう。


辰也を激しく責める一止だったが、
逆に辰也から、
「医師が病院にいるという事は、
 その間、家族とは一緒にいられないという事だ」と言われ、
絶句してしまう。
辰也は家庭に何か問題を抱えているようだ。


ある夜勤の夜、
一止が尊敬する医師・貫田(柄本明)が倒れてしまい、
検査の結果、悪性リンパ腫だと分かる・・・。





それほどの期待はないけど、
「1も観たし、ちょうどいい時間にこれしかないし」、
みたいな理由でチケットを買ったけれど、
それなりに面白かった。


1でもそうだったけれど、
お医者さんって、本当に忙しいんだぁと痛感する。
特に一止が勤務する本庄病院は、
「365日24時間」をモットーに、
屋上のネオンは、
その文字がでかでかと掲げられている。


さらに一止のように、
患者一人一人を丁寧に診察しようとすれば、
時間はいくらあっても足りない。
キリがない。
「白い巨塔」でいえば、
彼は里見のような存在だ。


では、辰也は財前か、
といえば、そうではない。
彼だって、実は立派な里見だ。
ただ、ある事情から、
とても傷ついている上に、
定時で家に帰らねばならない理由があるのだ。


宮崎あおいは大好きなので、
スクリーンで見られるのはとても嬉しいのだけれど、
前作でも書いたけど、
なんでこの夫婦、
ずっと敬語で話してるんだ?(笑)


セリフ回しだけでいえば、
まるで時代劇。
もしかして、敬語で話していた方が、
男と女はいつまでも新鮮でいられるとか?
いちゃいちゃする時も敬語なんだろうか・・・。
あー、なんというくだらない妄想。
そんな映画じゃないっつーのに(笑)。


一止と榛名の住む家に下宿する学生役を、
濱田岳が演じていて、
なかなか面白かった。


彼は、やりたい事が見つからないと言い、
下宿屋のオヤジ・原田泰造から馬鹿にされる。


でもでも、若者にやりたい事を探せとかって、
あんまり言わない方がいいんじゃないかと、
私は個人的に思う。
そんなにみんながみんな、やりたい事なんて
探せるわけないじゃないか。
逆に、やりたい事に拘るあまり、
就職先が見つからないケースもあると聞く。


やりたい事を見つけられたり、
それを職業にできたとしたら、
それは「運が良かった」くらいの気持ちでいるくらいが、
丁度いいんじゃないかと思うんだけど。


評価 ★★★☆☆