So-net無料ブログ作成

これが「いいともロス」というやつか。 [時事]

平日、
会社が終わって、
家に帰って、
DVDか、
劇場へ行くか、
とにかく1本映画を観る。
至福のひととき。


そして、
そのあと、昼間録画しておいた「笑っていいとも!」を観る。
映画を観るのとは、また違った種類の楽しみ。


今週の月曜日まで、
それがここ数年の私の日課だった。
別に強調する事もないけど、
「いいとも」の終了が決まったからと、
突然見始めたわけでは絶対なく、
それ以前から、かなりのヘビーウォッチャーだったと、
それは胸を張って言える。


火曜日に、このブログで「いいとも」の最終回と、
夜のグランドフィナーレについて書こうかとも思ったけれど、
ヤフーや、その他のネットの見出しは、
「いいとも」の話題でいっぱいで、
なんとなく、「私が書かなくても」という思いで、
今日まできた。


でも、今夜、家に帰って、
「あの楽しみはもう無いのか・・・」とふと考えた時、
とっても淋しくて、喪失感がいっぱいで、
やっぱり文章にして残しておきたいという思いにかられて、
こうして書いています。


「いいとも!」の楽しさは、
最終回の発表があった時、
このブログで書いたので、
繰り返さないけれど、
グランドフィナーレについて。


この事は、かなり大きく話題になり、
今更な感じもするけれども、
やっぱり書きたい。


ダウンタウンの松っちゃんと、
爆笑問題の太田(愛情を込めて、呼び捨てにさせて下さい)が、
同じステージに上がった瞬間の衝撃ったら、
もう心臓が飛び出しそうだった。


私は2人の事がとてもとても好きなのだ。
ネットの噂なので、あまりいい加減な事は書けないけれども、
タイプの違う笑いでいつも私を楽しませてくれる2人が、
喧嘩する事なく、
同じステージに上がる姿を見ていたいって、
ずっと思ってきた。
だから、あの瞬間は、本当に、心の底から嬉しかったよ。


ステージで2人が会話する事はなかったけれど、
その後、千原ジュニアが語った裏話として、
CM中、松っちゃんが太田に、
「ありがとうな」と言ったとか。


なんて素敵なエピソードなんだろう。
そのニュースを知った瞬間、
同じく両人のファンである友人に
すぐLINEしちゃった。
「ええ話や~」って(笑)。
友人も、「いい話だねー」と、2人で感慨無量。


「いいとも」がなくなって、
今の気持ちを一言で表現するなら、


「つまんない」。


いい年して何言ってんのかと自分でも思うけど、
本当につまんない。
「いいともロス」は数日経ってやって来た。
毎日録画して、のんきに楽しめる番組なんて、
もう当分ないだろうなぁ。


たかがテレビ。
されどテレビ。
今まで本当に楽しかった。
番組に関わる全ての皆さま、
本当にありがとうございました。

nice!(31)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ