So-net無料ブログ作成

「白ゆき姫殺人事件」 [映画]

shirayukihimesatsujinjiken.jpg
〔2014年/日本〕


長野県内の国定公園で、
美人OL・三木典子(七緒)が、
腹をメッタ刺しにされたうえ、
体に火を付けられた状態で発見される。


ワイドショーのディレクター・赤星(綾野剛)は、
昔の恋人で、典子の会社の後輩だという、
狩野里沙子(蓮佛美沙子)から連絡をもらい、
事件について話したいと言われる。


里沙子の話によると、
城野美姫(井上真央)という、
典子の同期の女が犯人ではないかとの事。


美姫は典子と正反対の、
地味で目立たない女で、
どうやら恋人も典子に奪われてしまったらしいと言う。
しかも、事件の直後から姿を消しているのだ。


これは格好のネタになると思った赤星は、
あたかも美姫が犯人だと決め付けたような
番組を制作し、テレビで流す。
さらに、ツイッターでのつぶやきを頻繁に行い、
美姫が犯人だという情報が、
拡散してゆく・・・。





この映画の原作者・湊かなえはとても好きだけれど、
残念ながら、この小説はまだ読んでいない。
図書館での順番が回って来る前に、
映画が始まってしまった。


ただ、本を読んでいなくても、
湊さんらしい内容だというのは、
すぐに分かる。
人が持つ毒や悪意が全体に広がっていて、
とても意地が悪い。


話自体に大きな広がりがあるわけではなく、
同じ事柄でも、
受け取る人によって感想が変わってきたり、
それを語る時、
人は自分に都合のいいようにしか言わないという事を、
角度を変えながら描かれる。


描きたいのは、
ネットの恐ろしさなんだろうけど、
ここに出てくる証言者たちは、
ネットがなくたって、
噂を流布する人たちなんだろうと思う。
何でもネットのされるのも困る。


ネットに関して一番アホなのは、綾野剛演じる赤星。
彼は常にツイッターでつぶやかなければいられないような男で、
当然、事件について知った事も、
全部公表してしまう。
もしこんな人が現実にいたら、
騒ぎになるのは必至。
テレビ局の関係者が、殺人事件について情報を流すなんて、
興味を持たない方が不思議だ。


テレビのインタビューに答える、
美姫の実家の近所のおばさんも最悪。
美姫の幼い頃の出来事を、
さも事件と結びついていると言わんばかりに喋るその姿。
その出来事だって、
美姫にしてみれば、ちゃんと理由があっての事なのに。


七緒という人の事はよく知らないけれど、
殺されるOLという役がハマりすぎ(笑)。
職場にこんな人がいたら嫌だよ。
殺されて当然の人なんていないけど、
あんまり人の恨みを買うような真似は
しない方がいいんじゃないのかな。


井上真央演じる美姫も、
ちゃんと警察に行きなよ!と思う。
世間から殺人犯扱いされて、
あんた、そのままでいいの?!って。
フィクションの話に、
何もそんなに真剣になる事もないんだけどね(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画