So-net無料ブログ作成

「ガーンジー島の読書会の秘密」 [映画]

GUERNSEYtounodokushokainohimitsu.jpg
〔2018年/フランス〕


1946年。
戦争が終わり、
落ち着いた生活を取り戻しつつあるロンドン。
人気作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)は、
ガーンジー島で行われている読書会のメンバーと
文通するようになる。


ナチに怯えていた戦時中、
その会は結成された。
創始者は、若い女性・エリザベス。


本を読む事によって、
結び合った、人々の心に感動したジュリエットは、
読書会について記事を書こうと、
ガーンジー島を訪ねる。


しかし、なぜか島にはエリザベスがいない。
メンバーと交流してゆくうちに、
その理由を知るジュリエット。
さらに、ジュリエットの人生を
変えてしまう出会いがあり・・・。





試写会で観た。


若き人気女流作家・ジュリエットが、
戦時中に作られた読書会の存在を知り、
その島を訪ねるという物語だけれど、


読書会そのものより、
主人公の人生が今後どうなっちゃうの?と
そちらの方が気になる。


なにせ彼女は、
島に行く直前、
ある男性から、プロポーズされて、
めっちゃゴージャスな指輪をもらっているのだ。


しかも、そのプロポーズ、
船が、「さあ、今から出ますよ」というタイミングの、
人でごった返す、港でされる。


そんな状況で、いやだなぁ、
みんなが見ている前じゃ、
断る事もできやしない。
絶対断らせないという、
男の執念というか、執着というか、
そんなものが透けて見えるよなぁ、
なんて思いながら観ていたけど、


やっぱり、彼は運命の人じゃなかった、
という風に進んでゆく。


リリー・ジェイムズがとっても綺麗。
彼女の事は、
「シンデレラ」で初めて知って、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2015-05-23
これからが楽しみ、と思っていたけれど、
やっぱり活躍している。


それに、「シンデレラ」の時は、
とても若いと思っていたけど、
4年経った今は、
落ち着いた女性になりつつあって、
それもいい。


私も、読書会のような会があったら、
入ってみたいな。
あまりガチガチなのは嫌だけど、
ゆるーく参加できるようなのがあったら。


評価 ★★★☆☆

nice!(114)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 114

コメント 4

裏・市長

なによコレ。

「ガーンジー島」って。
なんで、ガ~~~ンジ~~~~って、
ワザワザ言いにくい言い回しなのさ?。
ガンジー島とか、ガンジ島でエエやろ?。

ガ~~~~~~ンジ~~~~~~って、
伸ばさなくていいところを伸ばすのだ?。

ちょっと今日は不必要なところを伸ばす
実験をしてみましょうか。

ちょ~~っ~~と前にNH~~Kのドラ~マで、
朗~~読教~室で~の出~来事を描い~~た
「この~~声~をきみ~に」っ~てい~~うドラマが
あっ~~た~んですが~、
いろ~~~んな立~場にいる~人々が、
余~~暇、夜~間に集まって~朗~読を~するんだよ。

で、最~後~は~コンク~~ールに…と~
いうス~~~トーリー、
なんです~~が、朗~読、おも~し~ろ~そうだっ~た。

「声に~出~して読む~」と~いうのがい~いのね~。
そ~うだ!青山実~~花さんも声に出~~して~読も~~う!。
ま~ずは~ワ~シに添~い寝して、読~み聞かせ~~して
寝~か~しつ~け~~よう!。すやすや眠~るま~~で。
キ~ミが先に眠るまで~も~ったいないか~ら起~きてる。

そ~う、明~日のブ~ログの~更新と~か、
多分、つ~ら~いん~だ~けど~~~~♪。

では、青~山実花~さ~んよ~ろしくお~願いします。
今~日、読ん~でいただ~くご本は・・・、
「団地妻、真昼の~情~事・今日もあのセールスマンが私を!」
でお願~いいた~します。

…腹立つほど読みづらいな!!。

よく眠れそうだ…。

by 裏・市長 (2019-08-24 05:15) 

mitu

私も、読書会のような会があったら、
入ってみたいな。
あまりガチガチなのは嫌だけど、
ゆるーく参加できるようなのがあったら。
 同感です(^^ゞ
by mitu (2019-08-26 06:47) 

青山実花

ウ~ラ・シ~チョ~さん
コメントありがとうございます。

ウ~ラ・シ~チョ~さん、
あなた、ガ~~~ンジ~~~~島を馬鹿にしてはいませんこと~?

ガ~~~ンジ~~~~とは、
正式には、
ガ~~~ン爺と書くのですよ。

ガ~~~ン爺という、爺さんが島を牛耳っているので、
この名前がついたのですよ。

なぜガ~~~ン爺さんの親が、
ガ~~~ン爺さんが生まれた時、
ガ~~~ンと名付けたか、

それは、爺さんが生まれた時、
あまりにも不細工だったものですから、
父親が思わず、
「ガ~~~ン」とつぶやいたそうなんですの。

そうしたら、それを~聞いていた看護師さ~んが、
名~前と勘違いして~、
出生届に「ガ~~~ン」と書き込んで提出し~て
現在に~至る・・・と、
映画ではそれだけ~の話に~
2時間もか~けておりましたわ。


バ~~~イバ~~~イあ~~りがと~~
さよ~~~うなら~~
愛しい~~~恋人よ~~から

もうやめた・・・。

by 青山実花 (2019-08-29 10:17) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

そう、ユルーいのがいいですよね^^
どんな事でも、
腹六分目^^

by 青山実花 (2019-08-29 10:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。