So-net無料ブログ作成

◆私以外みんな不潔◆ [本]


私以外みんな不潔

私以外みんな不潔

  • 作者: 能町 みね子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2018/11/22
  • メディア: 単行本


先日の試写会で、
能町みね子さんのお話を生で聞けた事を書いた。
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2019-07-25


能町さんの本を、
また何か読んでみたくて、
リストを眺めていたら、
タイトルと、
そして、
「私小説です、たぶん」という帯の文字に惹かれたので、
この本を選んだ。


物語は、北海道で生まれた「私」が、
家族で茨城県に引っ越してきたところから始まる。
母に連れられ、
転園した幼稚園に行き、
卒園までが描かれているのだけれど、


ガサツな園児たちに辟易し、
不潔なトイレに絶望する「私」。


大人になった今なら、
対処のしようもあるんだろうけど、
無力な幼稚園児の「私」には、
どうする事もできず、
狭い世界の中で、
なんとか、時をやり過ごすしかない・・・。


やっぱり能町さんって、凄い。
繊細で、
敏感で、
頭が良すぎる子、というのは、
幼稚園の頃から、
世界をどんな風に見ているのかが、
分かる。


そして、
能町さんには足元にも及ばない私だけど、
子供の頃の、
心許なさ、
不安、
哀しみ、
などが、あぁ、分かるなぁって。


私は、誰かに頼まれたとしても、
もう子供時代には戻りたくないな。

nice!(145)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 145

コメント 8

きよたん

子供時代 わたしも戻りたくないです。
あまり楽しいことがなかった
by きよたん (2019-08-20 17:28) 

プー太の父

この映画のことでなくてすみません。
カテゴリーから「狼の挽歌」を見てみましたがホントに懐かしいです。名古屋の映画館で観たのですがもう50年近く前かと思います。あのときは「ある愛の詩」の映画と映画館のはしごをしたので思い出に残っています。あの映画の後すっかりブロンソンのファンになりました。青山さんのブログは映画の博物館みたいですね。
by プー太の父 (2019-08-20 18:28) 

裏・市長

「自分以外みんなブサメン」と思って
生きているボクも読んでみたい
興味深いタイトルですねぇ。

せやねん。
子供だからってナメたらアカンねん。

子供は意外とカシコイ。
大人が思っているようりもカシコイ。

なので、赤ちゃん言葉で話しかけたりするのは失礼。
ボクは基本的に初対面の子供には、
敬語で話しかける。

子供の視点というのは、大人の予想をことごとく裏切る。
あぁ、ワシもこんな目線で世界を見ていた
時代があったのだろうか?と愕然とさせられる。

それは今のワシが失ってしまったものだ。

今のワシはなにを見てもエロに繋がる。
なぜなのだ。
もう、表に出れば世界が桃色に見えてるんですもの!。

ディズニーランドの看板を見ても、
「ソープランド」に見えるんです。

スーパーでデリカフードと書かれていても、
「デリヘル嬢」に見えるんです。

天気予報で風速50メートルと報道されても、
「風俗50分25.000円」に聞こえるんです。

…重症でしょうか?。いいえ、順調です。
by 裏・市長 (2019-08-21 11:20) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

私も、子どもの頃より今の方が、
ずっと自由でいいです^^

by 青山実花 (2019-08-21 17:19) 

青山実花

プー太の父さん
コメントありがとうございます。

映画は、たとえ何年前の作品でも、
思い出せば、昨日の事のように感じられるのがいいですね^^

チャールズ・ブロンソンは、
渋くて、いい俳優さんですね。
きっと、当時は大変な人気だったのでは、
と想像しています。

映画に関して、私は全く若輩者ですが、
こんな与太ブログでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

by 青山実花 (2019-08-21 17:20) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

なめたらあかん~
なめたらあかん~

そうですよ、子どもをなめたらあきまへん。
どうせ意味が分からないだろうと、
子供のいる所で、エロトークしたり、
女性とキスしたりしていると、

あとで、みんなの前で
バラされてしまうのですよ。
裏・市長さんも、お気を付けなさいませね。


ディズニーランドの看板を見ると、
ソープランドと間違える?

では、実際、ソープランドの看板を見たら
どうなるのでしょう。
気が付いたら、
お風呂に入っているのでしょうか。


デリカフードの看板を見ると、
デリヘル嬢に見える?

では、実際、デリヘル嬢を呼ぶと、
どうなるのでしょう。
気が付いたら、
押し倒しているのでしょうか。

それは、重症というより、
末期的症状ですね。
右足の側面が痛くなってませんか?
国立国際医療センターに行ってみたらどうですか?

by 青山実花 (2019-08-21 17:20) 

Ginger

私も、戻りたくない、あの丸腰には。それでも、いつも一所懸命だった自分を、今、褒めてあげられる。ヴィンテージのワインになれる人生にできる、今だから、そう思えます。
by Ginger (2019-08-21 18:40) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

色々あったから、
考えも深くなって、人生も深みを増すのですよね。
今が幸せなら、それでよし!^^
by 青山実花 (2019-08-31 10:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。