So-net無料ブログ作成

「アンダー・ユア・ベッド」 [映画]

underyourbed.jpg
〔2019年/日本〕


30歳の三井直人(高良健吾)は、
今までの人生、
誰からも認められる事なく、生きてきた。
たった一人の女性を除いて。


大学時代、一人の友人もいなかった直人に、
声を掛けてくれた、同級生の佐々木千尋(西川可奈子)。
11年後、
千尋の消息を興信所を使って突き止めた直人は、
既に結婚している千尋の家の向かいのテナントを借り、
熱帯魚ショップを始め、
同時に、彼女の生活を監視し始める。


しかし、大学時代、
あれほど生き生きと輝いていた千尋が、
死んだような目をしている事を不思議に思った直人は、
すぐにその理由を知る。


千尋は夫から、毎日のように壮絶なDVを受けていたのだ。
そんなある日、
千尋が店にやってきて、
直人の事を思い出す事なく、
グッピーを買ってゆくが・・・。





え!
あの、イケメン俳優・高良健吾くんが、
女性の部屋のベッドの下に隠れて、
生活を監視するだぁ!?
何という事を!と、
喜んでいいんだか、気持ち悪いんだか、
よく分からない状況を楽しもうと、観に行ったんだけど、


そんなのんきな気持ちはいっぺんにぶっ飛んだ。


というのも、
高良君が恋する千尋の夫のDVが、
もう尋常でない酷さで、
体が固まる。


千尋の体は全身、
痣と傷だらけ。
このままいったら、
殺されてしまう、というくらい。
あの体で病院に行ったら、
医者も驚愕すると思われるような凄さで。


あれを見たら、
高良君のストーカーなんて可愛いもんよ。
いや、あんな酷いDVを、
ベッドの下や、盗聴器で知っていながら、
なんで助けないの!?
とイライラし、
「早く警察に通報しろ!」と、
叫びたくなってしまう。


実際、千尋を助けようと、
高良君は、スタンガンを持って、
待機したりもするんだけど、
いざとなると体が動かない。


そんなヘタレな姿に、
「だからお前は、誰の記憶にも残らないんだよ!
 一生に一度くらい、正義の味方になってみろよ!」と
肩を揺さぶりたくなる。


それにしても、
ストーカーって思っているより大変なのね。


高良君は、千尋夫婦のベッドの下に、
何時間も潜んでいられるようにと、
紙おむつの着用までする。
そっかぁ、確かに何時間もトイレに行けない可能性もあるものね。


それから、人のベッドの下に隠れるって、
真夏や真冬はできないなぁとも思った。
例えば、今のような40度近い猛暑日に、
そんなことをしたら、
熱中症になる事間違いなしだし、
逆に、真冬に冷たい床にずっと横たわっていたら、
凍えてしまう。
見知らぬ他人の死体が
自分のベッドの下から出てきたら、
それこそ、ホラーだわ。


評価 ★★★★☆

nice!(118)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 118

コメント 8

きよたん

高良健吾がストーカー役だなんて珍しいですね
どうなっちゃうんでしょう
最後は 気になります。

by きよたん (2019-08-18 17:50) 

リュカ

かなり壮絶な感じの映画なのね!
タイトルだけみると、ただのちょっとエロい映画?って思ったけど
かなり違う感じがします(@@;;
どんな結末なんだろう。
わたしも高良君はわりと好きなのっ
by リュカ (2019-08-18 17:54) 

NONNONオヤジ

タイトルからしてアメリカ映画か何かの日本語吹き替え版かと思ったら、
れっきとした日本映画だったことにまずびっくりしました。
日本でもこういう作品が撮られるようになったんですねぇ~。
by NONNONオヤジ (2019-08-18 22:18) 

裏・市長

高良健吾、このレビューを読んでたら
無職、引きこもりのようなイメージを
受けるけれど、ワザワザ、過去の同級生の女の
家の前にグッピー屋を開店させるなんて、
「資金」はあるんやな!。

それに「行動力」もある。

普通、考えてはみても実行には移せない。

てーか、他人の家のベッドの下に
パンパース着用で潜り込めるこの思い切りの良さ!。

これって、江戸川乱歩の「人間椅子」のリメイク?。
ちゃんと「原作・江戸川みなみらんぽう」って、
クレジットされてた?。

そうですか、青山実花さんは高良健吾なら、
自室のベッドの下に潜り込んでいても、
笑顔で許してしまうんですね。

わかりました。
私は少し遠慮してベッドはやめておきましょう。
トイレの天井に張り付いておく程度に留めておきます。

これで、どんな危険が迫っても安心ですよ。
24時間監視体制です。
セコムに加入するより安心、それに無料なんです!。

いいなぁ、自分ばっかり。
by 裏・市長 (2019-08-21 10:38) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

高良君なら、ストーカーしなくたって、
女性にモテモテなのに・・・
というツッコミはせずに観ろ!という事なのでしょうね(笑)。

by 青山実花 (2019-08-21 18:06) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます。

私も、高良君が独身女性に
ストーカーする話だと勝手に決め付けて
観に行ったので、
この内容には驚きました^^;

高良君、素敵ですよね^^
あんな子が、身近にいたらいいですね^^

by 青山実花 (2019-08-21 18:06) 

青山実花

NONNONオヤジさん
コメントありがとうございます。

確かに、タイトルだけ見たら、
外国映画?と思っちゃいますね^^

邦画にしては、中々の衝撃作だと思います。
機会がありましたら、ご覧になってみてくださいね^^

by 青山実花 (2019-08-21 18:07) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さん、
あなたはなんて頭のいい方なの。

人の家の、ベッドの下でなく、
トイレの天井に貼り付くだなんて。

確かに、そうすれば、
パンパースを着用する必要はありませんわね。
パンパース代を浮かせるという、
その節約精神、経済観念の発達、
あなたの発想には、頭の下がる思いでございます。

そういえば、
わたくし、11月に、
ドバイに旅行に行く予定ですの。
その10日間の間、
ずっとトイレの天井に貼り付いていてくださいませね。
絶対に降りないでくださいね。
帰ってきてから、
確認しますからね。

あ、すみません、
やっぱり、降りてきてもいいですわ。

その代わり、
お部屋の掃除と、庭の草むしりをお願いしますね。
あと、雨が降ってきたら、
天窓も閉めておいてくださいませね。

by 青山実花 (2019-08-21 18:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。