So-net無料ブログ作成

「永遠に僕のもの」 [映画]

eiennibokunomono.jpg
〔2018年/アルゼンチン〕


1971年。
17歳の少年・カルリートス(ロレンソ・フェロ)は、
罪悪感というものがなく、
金持ちの家に忍び込んでは、
窃盗を繰り返している。


ある日、学校で、
ラモン(チノ・タリン)と知り合ったカルリートスは、
ラモンと、ラモンの父親の3人で、
猟銃店や、宝石店に
盗みに入るようになる。


やがて、カルリートスは、
窃盗だけでなく、
人殺しをするようになり、
その数はどんどん増えてゆき・・・。





試写会で観た。


これは、1970年代に、
アルゼンチンで実際に起こった事件を描いた実話だそうで、
連続殺人をしていたのが、
17歳の少年、
それも、とびきりの美しい少年だったことから、
国中が大騒ぎになったという。


それにしても、
犯罪を繰り返す、カルリートスの、
罪悪感の無さには驚く。


窃盗にしても、殺人にしても、
物怖じするという事がなく、
まるで日常の事のように、普通にやってのける。
相当な悪だと思われる、
友人のラモンの父親がビビるくらいに。


少し前に、
松本人志氏が、
ある事件の犯人について、
「人間の不良品」云々と発言して、
物議を醸したけれど、
まぁ、不良品という表現はともかく、
この映画を観ると、
生まれながらのモンスターというか、
サイコパスというか、
そういう人が一定数輩出されてしまうのは、
仕方がないのかも、と思わされる。


親の、子育ての問題でもなさそうだ。
カルリートスの両親は、
大変に真面目で、
カルリートスの事を、
とても気に病んでいる。
あんないい両親から、
なんであんな息子が、と不思議なくらい。
母親の胎内で細胞分裂している段階から、
そういう子が育っていたとしか思えないような感じ。


で、内面が、
そんなとてつもないモンスターだというのに、
見た目は、
まるで天使のようなカルリートス。
なにせ、この映画の原題は、
「THE ANGEL」よ。


で、そんな天使のようなカルリートスを演じているのが、
アルゼンチンの新人俳優・ロレンソ・フェロ。


うーん、確かに可愛い。
クルクルの巻き毛に
ベビーフェイス。
私好み(笑)。


ラストは衝撃。
モンスターには、
モンスターなりの対応をしなけりゃ
駄目って事なのでしょうね。


評価 ★★★☆☆

nice!(134)  コメント(16) 
共通テーマ:映画

nice! 134

コメント 16

Rinko

実話なんですか・・・( ゚Д゚)

by Rinko (2019-08-09 08:02) 

よーちゃん

ラストが気になるわー!!
by よーちゃん (2019-08-09 09:10) 

わたし

みたい映画です、実話ならなおさら。

by わたし (2019-08-09 10:07) 

リュカ

あ、こういうお顔、わたしも好み♪♪
by リュカ (2019-08-09 10:39) 

ヤマカゼ

英国を震撼させた、切り裂きジャックも英国王室の王子が夜な夜な娼婦小屋に通い、子供が出来て仕方なく王室御用達が次々に王子に関わった娼婦を殺していく映画でしたね。最後はその御用達も裁判にかけられる処刑されてました。この映画の最後はどうなるのでしょう?
by ヤマカゼ (2019-08-09 20:42) 

英ちゃん

日本全国の「武蔵」を全制覇する?
やってみようかな?
まぁ、武蔵の国だけなら何とか制覇できるかも?
武蔵の国と言うのは、かつて日本の地方行政区分であった令制国の一つなんだよね。
その範囲は、今の東京・埼玉・神奈川の一部なのでね。
でも結構広範囲なので時間かかるな(゚□゚)
まぁ、気長にやりますわw
by 英ちゃん (2019-08-10 09:42) 

Ginger

わーん、こわーい。願わくばモンスターに出会いませんように。。。
by Ginger (2019-08-10 17:46) 

裏・市長

「THE ANGEL」をどうひねったら、
「永遠に僕のもの」になるのか。
青山実花を小一時間問い詰めたい。

罪悪感…というか、
なにかが欠落している…そんな人っているよな。
そのほかはカンペキなのに、
そのひとつが欠けている。

で、そのひとつに限って自分的に許せない。
惜しいな。実に惜しい。

カンペキですよね!非の打ち所がない!と、
よく言われるボクですが、欠点がただひとつ。

屁が出るんです。

プリプリ出るんです。

普通じゃない回数なんです。

普通じゃない音量なんです。

ここからはお悩み相談みたいになって
しまうのですが青山先生、この屁が出る、
大音量で…というのをコントロールする方法は
ありませんでしょうか?。

また、出てもバレない方法でも結構です。
悩める子羊にどうか光明をお導きください。
メェ~~~~~~~~~~~~~。

by 裏・市長 (2019-08-11 01:26) 

青山実花

Rinkoさん
コメントありがとうございます。

70年代の事件のようですので
当時はネットもないし、
あまり知られていないのかもしれませんね。
(私も、知りませんでした^^;)

by 青山実花 (2019-08-12 14:55) 

青山実花

よーちゃんさん
コメントありがとうございます。

ご安心ください(笑)。
カルリートスは、死んだわけではなく、
終身刑で、今も刑務j所にいるようです。

by 青山実花 (2019-08-12 14:56) 

青山実花

わたしさん
コメントありがとうございます。

実話だと余計に気になりますよね。
ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

by 青山実花 (2019-08-12 14:56) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます。

ロレンソ・フェロくん、
アルゼンチンだけでなく、
ハリウッドにも進出してほしいですよね^^

by 青山実花 (2019-08-12 14:57) 

青山実花

ヤマカゼさん
コメントありがとうございます。

どこの国も、
世間を震撼させる連続殺人事件があるのですよね。
やはり、そういう人が出てきてしまうのは、
仕方のない事なのでしょうか。
この事件の犯人は、射殺される事なく、
今も刑務所にいるようです。

by 青山実花 (2019-08-12 14:57) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

全国の「武蔵」、ぜひ制覇してください^^

なるほど、「武蔵の国」というのが、
昔あったのですね。
関東圏なら、なんとかなりそうな気がします・・・って、
なんだか英ちゃんさんをけしかけているようで、
ごめんなさい^^;

by 青山実花 (2019-08-12 14:57) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

この子の怖いところは、
見た目が天使な事ですね。
私、すぐ引っ掛かっちゃいそう^^;

by 青山実花 (2019-08-12 14:58) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

あら、裏・市長さん、
もしも、この映画のタイトルを、
「THE ANGEL」と原題のまま付けたら、
世間の人々は、
「青山実花主演の映画がついに完成したか!」
と勘違いしてしまうではありませんか。

この邦題は、
そうならないようにと配慮した、
映画会社さんの知恵なのですよ。
苦心して付けた邦題の、
裏にある意味を、読み取ってくださいませね。


裏・市長さん、わたくしは、
たしかに医学部は卒業しております。
でも、専門は脳外科なので、
腸の問題については
お答えしかねます。

わたくしなどより、
芸能界には、お医者さんが沢山おられるでは
ないですか。
西川史子さん、おおたわ史絵さん、ケーシー高峰さん、
田宮二郎さん、唐沢寿明さん、岡田准一さんなど。

それらの方に診ていただいてはいかがでしょう。

ウメェ~~~~~~~~~~~~~。

by 青山実花 (2019-08-12 14:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。