So-net無料ブログ作成

「トールキン 旅のはじまり」 [映画]

TOLKIENtabinohajimari.jpg
〔2019年/アメリカ〕


ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン(ニコラス・ホルト)は、
幼い頃、父を亡くし、
また、母も彼が12歳の時に亡くなる。


母の友人のモーガン神父が後見人となり、
学校に通える事になったトールキンは、
ロバート、ジェフリー、クリストファーという
3人のかけがえのない友を得る。


彼らから刺激を受けたトールキンは、
絵の才能と、物語の想像力を開花させ、
それを磨く。


また、同じ家に下宿する、
エディス(リリー・コリンズ)と恋に落ち・・・。





試写会で観た。


J・R・R・トールキンといえば、
誰もが知る、
大作ファンタジー小説、
「指輪物語」の作者であり、
「指輪物語」を映画化した、
「ロード・オブ・ザ・リング」は、
アカデミー賞作品賞を受賞するほど、
凄い物語だったけど、


ただ、解説にもあるように、
不思議と、
トールキンの半生について、
考える人はあまりいない。


そう言われてみると、確かに私もそうだ。
うーん、なぜだろう。
物語が壮大すぎて、
作者にまで考えが行かないのかもしれない。


で、今回、
そんなトールキンが映画化されたわけだけど、


「ロード・オブ・ザ・リング」という作品が、
こんな風な背景で生まれたのかと考えると、
興味深いものがある。


トールキンという人は、
大変に頭がいい上に、
努力家で、
しかも、真っ直ぐな性格だ。


そして、運も大切な要素。
私から見ると、
彼は、中々に運がいい(笑)。
もちろん、運も才能のうちだ。
それに、彼がいい人間だから、
運が味方に付いた、とも言えるわけで。


それから、
一度は壊れかけたエディスと恋も成就させる。
やっぱり、結ばれるべき相手とは、
どんな邪魔が入っても、最後は必ず結ばれるものなのね(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(107)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 107

コメント 2

裏・市長

日本でひとり!。
日本でただひとりだよ!!。

J・R・R・トールキン先生に向かって、
「お前、頭いいな」とか、
「お前、運がいいな」とか言えるの、
青山実花さんただひとり!オンリーワン!。

しかし、この人、自分の作品だけではなく、
自伝まで映像化してもらえてウハウハやな!!。
この調子で、家族、親族一同、
近所に住んでた人まで各種映像化していったら
アメリカ映画界はネタに困らんな!。

日本はネタ切れでライトノベル小説とか、
テレビドラマのスピンオフ、
昔当たった作品の続編…そんなんばっかりや。

ボクもブログのネタが枯渇してきたので、
そろそろ旅に出ようかと考えている。

旅に出て楽しんで、ブログにも書けて、
読んでくださった皆さんが旅をした気分になれる…。

こんないいことないんじゃない?!。
両方ウインウインの関係や!。
早速、明日から奈良県に出かけよう!。
せっかくの連休だしね!。

青山実花さんも前人未到の
ボクによるボクのための、
ボクが送る大和高田市ツアー、お楽しみに!!。
by 裏・市長 (2019-08-10 23:35) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長、
お前は本当に、
頭がいいな。

頭が良くなかったら、
こんなに毎日毎日、
手を変え品を変え、
他人のコメント欄に嫌がらせができまいに。

裏・市長、
お前は本当に、
運がいいな。

ストーカーのターゲットに決めた
青山実花さんが、
大人しくて、可憐で、
思っている事の半分も言えない性格だからこそ、
今まで訴えられずにきてるのだぞ。

我が身の幸せを嚙みしめがよい。


そうか、お前もついに、
旅に出る決心をしたか。

日帰りで大和高田市周遊とは、
なんとも贅沢な。
大和高田大学の大熊講堂や、
コリアンタウンを巡る旅、
ブログを楽しみにしているぞ。

by 青山実花 (2019-08-11 09:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。