So-net無料ブログ作成

「花いちもんめ。」 [映画]

hanaichimonme.jpg
〔1985年/日本〕


元大学教授で、現在は、松江の歴史資料館で働く、
鷹野冬吉(千秋実)は、
ある日、大切な縄文土器を床に落とし、
粉々に割ってしまう。
それが全ての始まりだった。


資料館で、「勇退」を勧められた冬吉は、
それが体のいい「クビ」だと悟り、
ショックを受ける。
ある日、孫と出掛けた彼は、
洞窟の中で、動けなくなってしまう。


長男・治雄(西郷輝彦)の妻・桂子(十朱幸代)の付き添いで、
診察を受けた冬吉は、
アルツハイマーだと診断される。
冬吉の面倒は、妻の菊代(加藤治子)が看るつもりでいたが、
菊代は心臓病で入院してしまい、
冬吉は治雄の家に引き取る事になる。


その日から、
桂子の壮絶な介護が始まる・・・。





私が図書館内でしている、
映画上映ボランティアにかけた作品。


老人介護という内容のせいか、
満席。
上映後も、お客様数名から、
「良かった」
「考えさせられる」などのご意見をいただく。


私は、この映画について、
何か言える立場ではない。
同じ経験をしていない者が何を言っても
机上の空論なだけで、
何ら説得力がない。


ただ、一つだけ。


痴呆の進んだ千秋実が、
妻や、息子や娘がいる場で、
息子の嫁の十朱幸代とキスをしたと言い出す。


皆が仰天していると、
十朱幸代が、
「本当に、ちょっと軽くなんですぅ」と言う。


実際、それはとても軽く、
いやらしい場面ではなかったけれど、
でも、
そんな事を馬鹿正直に話す必要があるのだろうか。


そのせいで、
姑・加藤治子はショックを受けて、再び倒れ、その後死ぬ。
夫・西郷輝彦は、それ以上の事があったのではないかと疑う。


ボランティアのお友達とも、
その部分について話し合ったけど、
「していない」で押し通す、という意見でまとまる。


人は咄嗟の時に、
機転を利かせる能力も必要だなと
考えさせられた場面。


評価 ★★★☆☆

nice!(113)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 113

コメント 4

裏・市長

大変長らく、お世話になりました!。


はるか遠い昔に見た記憶がある…。
テレビで放送してた。確か月曜ロードショー。
西郷隆盛と十朱久雄の濡れ場なかったっけ?。
売りにならないぐらい軽いの。

おい!それよりみんな!今日の記事で
スゴイことが書かれているぞ!。

あんなにプライベートなことを表に出さない
青山実花さんが・・・、
「図書館内でしている映画上映」…。

青山実花さんは図書館の清掃員だったのだ!。
知らんかった!!。

でも、いいんですか?、
ここまでプライベートをさらけだして…。
ネット探偵、という言葉があるように、
この記事の中の様々なキーワードを組み合わせて、
青山実花さんの個人情報が赤裸々に
晒されてしまいますよ。

ほら、もう早速ボクのブログのコメント欄に
タレコミが書き込まれています。

えぇ~!青山さんって本名がケメ子なの?!とか、
ブラジャアのカップ数まで2つと…。

多分、明日の朝、図書館に出勤したら、
扉の前でブログ読者さんが2~3人、
待ち構えているんじゃないかな?。

ボクですか?ボクは入口になんか行きませんよ。
トイレにカメラを仕掛けるのに忙しいのです。
by 裏・市長 (2019-07-31 23:40) 

mitu

老人介護や認知症介護の経験はなくても、いいろいろな意見は言ってもいいと思います。
また、例え経験があったとしても、それぞれ状況は違うでしょうし
 みんなで考えなければいけない問題なのだと思うから

by mitu (2019-08-01 17:17) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

嫌いだわー、
普通の家庭の、普通の夫婦の濡れ場・・・。

まっっったくロマンティックな要素が一つもなく、
それでいて、めっちゃ生々しい。
父ちゃんと母ちゃんのを見せつけられてるみたい。


裏・市長さん、
残念でしたわね。

わたくし、今はもう、
図書館の清掃員はやめておりますの。

ブログをよーくご覧になってくださいよ。
トラックバックの表示が付いているではありませんか。

このレビューは、
32年前に書いて、下書きにいれておいたものを、
やっと出してきたんですの。

どなたかが書かれていた説によりますと、
このソネットブログも、
もう先が短いのではないかとの事。
それなら、せっかく書いたレビューを
出さなくては勿体ないですわ。

あと1200ほど下書きに入っておりますので、
全部出すのに、一体どれくらいの日数がかかるのかしら。


裏・市長さん、あなたでしたの?
図書館の女性用トイレの個室に、
男性用の革靴を忘れていったのは(実話)。
どうやって帰ったのかしら。
急に野性に目覚めて、裸足だったのかしら。

by 青山実花 (2019-08-11 08:20) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

そう言ってくださると、
ブログをしている甲斐があります。
想像でしか、介護の事は掛けませんが、
経験がないからこそ、
思い付く、という事もあるかもしれませんね。

by 青山実花 (2019-08-11 08:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0