So-net無料ブログ作成

「北の果ての小さな村で」 [映画]

kitanohatenochisanamurade.jpg
〔2017年/フランス〕


デンマークで暮らす28歳の教師・アンダースは、
グリーンランドの東部の村、チニツキラークの小学校に
赴任する。


軽い気持ちで、かの地に行ったアンダースだが、
考えが甘かったことに、
すぐ気付かされる。


酷寒の慣れない生活、
よそ者を受け入れない人々、
言う事を聞かない生徒・・・。
アンダースは、この土地にすぐ嫌気が差す。


そんな中、
生徒の一人・アサーが、
一週間も学校を欠席し・・・。





試写会で観た。


フィクションとノンフィクションが混ざったような、
ドキュメンタリーにも近い映画。


教育ってなんだろうと、
考えずにはいられない。


教師として赴任したアンダースが、
学校に来ない生徒・アサーの家を訪ねると、
祖母が言う。


「アサーは、祖父に付いて、
 一週間、猟に出ている。
 人生で必要な事は、全て祖父から教わる。
 それは学校に行くより重要な事だ」と。


確かに、グリーンランドの猟師になるには、
読み書きや計算より、
犬ぞりの走らせ方、
アザラシの捕らえ方や捌き方のを学ぶ方が
ずっと大事だ。
それが生きる事に直結する。


それから、
グリーンランドの人々が、
事あるごとに、
「これだからデンマーク人は」とか、
「ここはデンマークじゃない」などと言うのも、
なんだか他人事とは思えずに観ていた。


隣り合ったり、近かったりする国同士って、
なぜか揉めやすい。
そして、そこに、
昔、植民地にしてたとか、されたとか、
そんな理由が加えられると、
さらに拗れる。


日本も、某隣国と、
今、最悪の状況にあるらしいけど、
きっと、地球規模で見たら、
「よくある事」の一つなだけなんだろうなぁ、と。


映画も楽しみだったけど、
上映後のトークショーがめっちゃ楽しみだった。
ゲストに、エッセイストの能町みね子さんが登壇されたのです。
能町さんの本は何冊か読んでいます。
特に、「お家賃ですけど」は最近読んだばかりで、
なんだかタイムリーな感じで嬉しい。

IMG_4983.JPG

生で見る能町さんは、
テレビやお写真で見る印象より、
さらにお綺麗で、
思わず「うわぁ、素敵」と
ひとりごと言っちゃいました。

IMG_4987.JPG

能町さんは、
「逃北〜つかれたときは北へ逃げます」という本を書かれているくらい、
何かあると、北の方に逃げたくなるという方で、
その理由について、


南に住まわれているかたは、
どこかで、
南を誇りに思っているようなところがあるのだけれど、
北に行くと、
「なんでこんな所に来たの?」と、住んでいる当人たちが言うくらい、
どこか卑下したところがある。
そこがいい、と。
そっかぁ、
そんな風に考えた事はなかったけど、
言われてみると、確かにそんな気もする。


で、そんな能町さんは、
雪深いグリーンランドが大好きで、
長期間旅した事があるそうだ。


お話しを聞いているうちに、私も、
「北、いいかも・・・」と思ったりして、
まったく、すぐ影響される女(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(126)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 126

コメント 6

sakamono

あ、でも私も記事を読んで、北に行くのもいいかも、って
思っちゃいました^^;。
by sakamono (2019-07-25 23:21) 

きよたん

北 いいかもって私も思った
by きよたん (2019-07-26 10:24) 

青山実花

sakamonoさん
コメントありがとうございます。

sakamonoさんも、
影響されやすいかたのお一人ですね^^

by 青山実花 (2019-07-30 07:55) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

きよたんさんは、
色々ご旅行していそうですね^^
羨ましいです。

by 青山実花 (2019-07-30 07:56) 

裏・市長

パクリやがって!!。

不謹慎ではありますが、
今年の流行語大賞にノミネートされそうな
ひとこと。

次点で「お前ら、テープ回してへんやろな?」。

この映画、完全に日本のパクリですね。
日本が誇る親の都合で子供を振り回す物語の
最高峰、倉本聰脚本「北の国から」。

名作の誉れ高い有名作ではありますが、
ツッコミどころ満載の珍作だとボクは思います。
初期はまだ「迷い」があったのか、
UFOまで出てきてしまうんですよ。

あげく、子供2人は親の背中を見て育った通り、
好き勝手に生きてます。不倫したり、未成年を
孕ませたり…。

で、父子で謝りに行くんですけど、
お詫びの品に自分ちの畑で取れた大根持っていくの…。

誰でも「ふざけんな、真面目にやれよ!」と思うで。
文太に説教されるもん。
「誠意って何かね?」と。

青山実花さんは変わらず、本をよくお読みですね。
つくづく不思議です。
どこにそんな時間があるのかと。
週に3回は試写会に出向き、
週末は必ず奈良県で過ごし、
昼間はパンダの檻の前にしがみついているのでしょう?。

どこに本を読むスキマスイッチ時間があるのですか?。
あぁっ!そうか勤務中か!。
仕事をするフリをして、台帳の間に挟み込んで
読むのですね!。

サラリーマンが通勤電車でよくやる手口です。
太宰治の本と見せかけて~~~からの、
「お隣のお姉さんドキドキ写真集」を舐めるように
眺めてんだよ!朝いちばんから!。

そうか、青山実花さんもその手を使っていたか。
納得です。
by 裏・市長 (2019-07-31 22:43) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

え、
そうなんですか?
わたくしは、今年の流行語大賞は、

「ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる」に賭けておりますのよ。

時点は、
「東大行けるなんて、印象操作も大概にせーや」と、
「不吉だから、早よ終われ」と、
「香香」の
どれかだと思っております。
どれも捨てがたいですわ。
いっそ全部、という手もありますわね。


「北の国から」は、
以前、裏・市長さんに薦められ、
youtubeにアップされていたものを、
さわりだけ見てみたのですが、
どうもわたくしの性に合わず、
やめてしまった経緯があります。

でも、あの田舎暮らしの先に、
そんなドロドロな出来事が起こるのですか!
それもこれも、
田中邦衛さんの教育の賜物。
やっぱり日本国民として、
見ておいた方がいいかもしれませんわね。


わたくしの読書は、
読書専用の執事が、
マイバッハでの移動中に
読み聞かせてくれるのでございます。

この執事は、
何でも読んでくれるんですの。

谷崎潤一郎先生、
三島由紀夫先生、
団鬼六先生など。

そうだ、今度、裏・市長さんも
うちの車にお乗りになりません?

by 青山実花 (2019-08-04 10:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。