So-net無料ブログ作成

「ハッピー・デス・デイ 2U」 [映画]

happydeathday2u.jpg
〔2019年/アメリカ〕


9月19日。
車の中で一夜を明かした大学生のライアン(フィー・ヴー)が、
寮の自室に戻ると、
ルームメイトのカーターと、
彼の恋人のツリー(ジェシカ・ロース)が、
まだイチャついている。


部屋に入れないライアンは、
仕方なく、大学の研究室に行き、
自分が作製した、
「シシー」という量子反応炉をいじっていると、
ベビーマスクをかぶった何者かに殺されてしまう。


けれど、
目が覚めると、
そこはまた9月19日。


驚いたライアンが、
その事をツリーとカーターに相談すると、
ツリーは、
自分も同じ体験をしたと説明。


どうやら原因は、
「シシー」にあるらしい。
そしてツリーは、
今度は、別の次元に飛んでしまい、
そこでまた、同じ時間を繰り返す事に・・・。





先日、
試写会で観させていただいた、
「ハッピー・デス・デイ」。
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2019-06-27


これが、とっても面白かったので、
続編の「2U」も観たい、と書いたけれど、
本当に観にいってしまった。
試写会、侮れない(笑)。


で、本作も、
とても面白かった。
今回、主人公のツリーは、
時間でなく、
次元をループする、という内容で、
いわば、パラレルワールドに飛んじゃったわけで。


で、これが涙なくしては観られない。


というのも、
ツリーが飛んだ別次元では、
既に死んでいるはずの、
ツリーの最愛の母が生きているのよ。


母の元気な顔を見たツリーは、
喜びに震えるんだけど、
良い事もあれば、悪い事もあって、
ツリーの恋人・カーターは、
ツリーの友人の恋人で、
2人のイチャイチャしている姿を、
辛い思いで見ていなくてはいけない、というわけで。


で、ツリーは、
どちらの次元で、
今後生きていくのか、
選ばなければならない。


なんという究極の選択。
母が生きている世界では、カーターは得られず、
カーターと恋人同士の世界には、母はいない。


あー、ツリーの気持ちになって、
私まで、本気で悩んでしまう。


この続編、
もう、ホラーというより、
SF映画になっちゃってる(笑)。


どうやら「3」ができる雰囲気なんだけど、
きっとまた観に行っちゃいそう。


評価 ★★★★☆

nice!(121)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 121

コメント 6

きよたん

ホラーだけではない要素もあり、楽しめそうな映画ですね
by きよたん (2019-07-18 17:56) 

美美

先日テレビでも、
この映画はコメディに近いと言っていましたが
ポスターを見るとチャッキーを思い出して
怖いイメージが先行してしまいます(^^;
by 美美 (2019-07-18 18:24) 

裏・市長

量子反応炉・・・。

そんなモン、作るなよ!学校で!。
それがそもそもの間違い。

別次元とか過去に戻れたらとかで思い出すのが、
「結婚できない男」やな。

桑野の隣の部屋のちゅらさんが、
「知り合う前に戻りたいです…」と
つぶやくシーン。

まるで、青山実花さんの現在の心境を
表しているようではありませんか!。

あぁ、なんで私、コメント欄開けて
ブログをはじめてしまったんだろう…。

あの人が近づいてきた時に、
すぐブラックリストに入れておけばよかった…。
そう考えていらっしゃるのが
手に取るようにわかります。そうでしょう、そうでしょう。

支障があるので、実名公表は控えますが…。

そうそう実名公表といえば、
京都アニメーションの殺人放火犯人!。
ようやく実名がテレビで報道されましたね。

実はボク、昨日の夜、まだ未確定の段階で、
フライングして記事に名前を書いてしまったんですよ。

「…ひょっとして、別人だったらどうしよう…」。
「名誉棄損で訴えられないかな…」
「別人だったら、無関係の他人に
 すごい迷惑をかけちゃうな…まぁ、いいか。
 オレじゃないし」と、いろいろ心配していました。

でも、ビンゴ!でした。
よかったです。首の皮一枚ででつながりました。

こうして泥船に乗ったボクのブログは、
危うく、行くあてもなく続いてゆくのです。
キミも見習え。

で、今回は出口にベイビーマスクはいませんでしたか?。


by 裏・市長 (2019-07-20 01:57) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

そうなんです、
ホラーというより、サスペンス、SF、コメディの要素、
満載で^^

by 青山実花 (2019-07-28 10:34) 

青山実花

美美さん
コメントありがとうございます。

あ、やはりテレビでも、
そのような事を言っていましたか^^
本当にポスターほどには、
怖くないのですよ。
美美さんにも観てほしいです^^


by 青山実花 (2019-07-28 10:34) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そうなんです、
「量子反応炉」がいけないんです。
これが、全て悪いんです。

だって、わたくしだって、
自宅で同じものを作っていて、
完成間近だったのですよ。
なのに、タッチの差で、
ライアンが完成させやがったんですよ。

特許料が入ったら、
裏・市長さんに、天丼かトマトお好み焼きを
奢ろうかと思っていたのに、
本当に残念ですわ。


わたくしが、なぜ、
「量子反応炉」を作ろうとしていたか、
それは、
和歌山県で井戸に突き落とされたあの日より前に、
戻りたかったからでございます。

不思議な事に、
あの日以来、
ブログのコメント欄は、
嫌がらせやエロが書き込まれ、
警察に相談しているのですよ。

支障があるので、実名公表は控えますが…。
157.192.93.154


そうそう実名公表といえば、
ジャンプのイベントで、
火炎放射した人も、
ネットで晒されていますわね。

ただ、納得いかないのは、
あれの学校が、A山学院とか、都立A山とか、
言われている事でございます。

学校側は否定されているそうですが、
当然ですわよね。
どちらも都内有数の名門校。
あんな、あんな、坊主頭が入れるわけない・・・
というのは偏見・・・ではないと思いますけれど。


by 青山実花 (2019-07-28 10:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。