So-net無料ブログ作成

「アルキメデスの大戦」 [映画]

archimedesnotaisen.jpg
〔2019年/日本〕


昭和8年。
軍事路線を歩み始めた日本。
海軍は、戦艦大和の建造を計画するが、
山本五十六(舘ひろし)は、
それに反対する。


巨大戦艦の建造がいかに無駄遣いか、
それを証明するため、
山本は、数学の天才と言われる、
帝大中退の青年・櫂(菅田将暉)に、
見積りの再計算を依頼する。


しかし、櫂は大の軍隊嫌いで、変わり者。
最初は頑なに拒否していたが、
山本の熱心な言葉に心動かされ、
帝国海軍の中枢に飛び込んでゆく・・・。





試写会で観た。


今の邦画の戦争ものは、
どうも、しゃっちょこばってばかりで、
あまり好きではないので、
この映画もどうかな、と思っていたのだけれど、
とても面白かった。


親に対しても敬語を使うような、
最近の戦争ものに、
「いくら昔だって、そんなわけないだろ」という思いでいたけど、
この映画は、
笑いの要素が多分にあり、
130分と長いけど、
え!もう終わり!?と思うくらい、
あっという間。


菅田将暉くん演じる、
天才数学者、というのが、
それはそれは凄くて。


彼は、常にメジャーを持ち歩き、
ありとあらゆる物の長さを計測する。
彼の部下についた、柄本佑くんに、
「君、物の長さを測りたいと思わないの?
 へー、変わってるね」と、
のたまうくらい。
変わってるのは、お前じゃ(笑)。


そんな菅田くんだから、
横須賀に行って、本物の軍艦に乗り込んで、
そこかしこを測りまくって、
なんと、大和の図面を予測で製作してしまう。


その後も色々あり、
菅田くんの、
天才っぷりに目を見張るばかりなのと、


とにかく、時間に追われる内容で、
「早く早く」と、
こっちの気が急いてしまう(笑)。


悲しい、悲惨、笑い声は将校の高笑いだけ、
なんていうのでなく、
これからも、
こういう反戦映画が、
どんどん作られるといいのになぁ。


評価 ★★★★☆

nice!(122)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 122

コメント 6

ヤマカゼ

もう間も無く終戦記念日。季節がららしい映画ですね。
by ヤマカゼ (2019-07-17 15:30) 

英ちゃん

菅田将暉君は演技力もあるし、歌もうまいし、バラエティ番組でもまぁまぁ面白いし、そしてイケメンだし言う事なし(゚□゚)
チョッと褒めすぎかw
by 英ちゃん (2019-07-18 00:42) 

裏・市長

「しゃっちょこばって」。

…300年ぶりぐらいに聞いた…いや、
読んだわ。しゃっちょこばって!。

今、菅田将暉さん、あっちこっちのテレビに
出まくってるわ。この映画のプロモーションで。

役作りに拘るあまり、黒板に書く数式も
全部暗記したとのこと。
丹波哲郎とは違うな!。

丹波哲郎は、台本は読まない主義らしい。
現場に来て、共演者に聞くそうだ。

「これはどんな筋書きだ?」。

で、続けて

「オレはどんな役だ?」。

あげく撮影する場面ごとに、
セリフをその場で弟子たちに口頭で
教えさせていたという…。

…そりゃあ後年、インタビューなんかでも、
「あの作品の時はいかがでしたか?」と聞かれても、
「な~んにも覚えてない!」と言うハズだよ!。

これでも「役者」として通用していたのだから、
すごい時代があったもんだ。

今だったら共演者がSNSで暴露して、
ネット民に袋叩きだろうね。

それはそうと、
「青山君、物の長さを測りたいと思わないの?」。
どうぞどうぞ、測ってください。
こんなんで、よろしければ…。
あ、素手で結構ですよ。遠慮なく。

…ぺろ~ん。
by 裏・市長 (2019-07-20 01:39) 

青山実花

ヤマカゼさん
コメントありがとうございます。

戦争の記憶を風化させないためにも、
こういった映画は必要なのかもしれませんね。

by 青山実花 (2019-07-28 09:58) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

菅田将暉くん、
演技力、歌うまい、面白い、イケメン、
さらにプラスして、お勉強もできるそうですね。
なんてパーフェクト^^

by 青山実花 (2019-07-28 09:58) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そうねぇ、
わたくしが20代だった60年ほど前は、
皆様、ふつうに「しゃっちょこばって」などと
口にしていたものですけれど、
今のお若い方は、
そういう事は言わないんですかねぇ。


菅田将暉さん、
そんなに宣伝に駆け回ってますか。

わたくしも、一つだけ、
「徹子の部屋」を見ましたわ。
黒柳さんは、わたくしと同級生ですので、
菅田さんくらい年下の方を恋人にするには、
どんな扱いをしたらいいのか、
参考にしようかと思いましたの。

そしたら、
さすが、黒柳さん、
孫のような菅田さんを、
ちゃんと捌いておりましたわ。

来週あたり、
2人がホテルから出てくるところを、
フライデーされるかもしれません。


さすが、戦前生まれのタンバリンは、
あらゆる無駄を排除した、
徹底した合理主義、素晴らしいですわ。

事前に台本を読んでいくなんて、
何のために、
高いお金を出して、
弟子を雇っているのか分かりませんわ。

by 青山実花 (2019-07-28 09:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。