So-net無料ブログ作成

「ブレス あの波の向こうへ」 [映画]

breathanonaminomukouhe.jpg
〔2017年/オーストラリア〕


1970年代。
仲良しの少年2人、
パイクレット(サムソン・コールター)とルーニー(ベン・スペンス)は、
日々、刺激を求めて動き回っていた。


そんな彼らは、
ある日、
サンドー(サイモン・ベイカー)というサーファーと知り合い、
サーフィンを教えてもらう事に。


サンドーの妻・イーヴァ(エリザベス・デビッキ)が
大変に魅力的な事もあり、
2人は、サンドーの家に入り浸るようになる。


パイクレットとルーニーは、
次第にライバル心を燃やすようになるが、
そんなある日、
パイクレットを打ちのめすような出来事があり・・・。





試写会で観た。


上映前に、
原作を翻訳した、
佐和田敬司さんと、
映画ライターの新谷里映さんによる
トークショーがあった。

breathanonaminomukouhe2.jpg

お二人は、


「オーストラリア映画というと、
どうしても、
”マッドマックス”的なものを思い出す方が多いだろうけれど、
実は素晴らしい映画が沢山ある。


オーストラリア出身でハリウッドで
大活躍している、
ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、
ラッセル・クロウなどの俳優さんも沢山いる。


これを機会にオーストラリア映画をぜひ観てほしいです」
と語られる。


この映画は、
オーストラリアの海辺の街を舞台に、
サーフィンに夢中になる、
少年の成長物語。


といっても、サーフィンだけがメインではなく、
人間の心の葛藤や、
性のめざめなどが、
これでもか、と描かれ、
太陽と海の明るい映画、と考えると、ちょっと違う。


友人と同時に始めた趣味で、
最初は、切磋琢磨してやっていたのに、
片方だけが選ばれる、というような出来事があって、
それは、辛いなぁと思ったり。


でも、人間万事塞翁が馬だ。
結果的に、
選ばれなくて良かったじゃないか、思えるラストで。


サーフィンの場面は、
さすがに見応えがある。
あんな風に波に乗れたら、
気持ちがいいだろうな。


と、サーフィンのメッカ・辻堂に住んだことがあるのに、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2019-03-24
一度もした事がない私が言ってみる(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(110)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 110

コメント 4

英ちゃん

ぁっ、駅探訪は23区はお任せします。
チョッと調べたら23区内は駅が多過ぎなので私はパスしました(゚□゚)
なので多摩地区だけにしたんだけど、結構広範囲ですw
まぁ、近場はチャリで散策します。
by 英ちゃん (2019-07-12 14:35) 

裏・市長

そう言われれば、画像の下の

〔2017年/大和高田市〕

と言う部分に、あまり「オーストラリア」も、
「オーストリア」も見かけた記憶がないなぁ。
「大和高田市」はもっとない。

やはりハリウッドのある、
映画大国「アメリカ」には質でも量でも勝ては
しないのだろうか・・・?。


え~~~~~!!青山実花さんは、
サーヒンをされたことがないのですか!?。
信じられない!。

キムタコと工藤静香さんは
サーヒンで結ばれたのですよ!。

日本のヌーディストビーチと呼ばれる、
湘南の海岸でぜひボクとサーヒンしましょう!。
手取り足取り、そのほか取り、教えて差し上げます。

ただ、サーヒンは麻薬と同じで、やり過ぎは厳禁です。
見てごらんなさい、工藤静香さんの現状を、
あの肌!、あの顔!あの料理!。

もう、妖怪シワクチャクソ婆ばぁですよ!。
当時のファンは皆、オレの青春を返やせ返やせ!と、
家庭裁判所に訴えてますよ!。

青山実花さんもブログ読者の皆さんに、
訴えられないよう、サーヒンとマリハナはほどlほどに・・・。
by 裏・市長 (2019-07-13 22:50) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

お返事が遅くなってごめんなさい。

了解しました^^
英ちゃんさんは、多摩地区を、
私は23区を担当すれば良いのですね^^
といっても、一駅ずつ丁寧に回ったら、
20年くらいかかるような気がします(笑)。

by 青山実花 (2019-07-20 11:47) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

あら、わたくしは、
ここ2年ほどの間に、
「大和高田」映画はずいぶん観ましたわ、
2本ほど。

ほら、
「悪魔のいる図書館」とか、
「家族割引」とか。
どちらも、大和高田海岸でサーフィンをする若者を描いた、
素晴らしい物語でしたわ。


わたくし、湘南に住んでいた頃、
サーフィンはしていなかったのですが、

「ここが拓哉のサーフィン用のマンションだ!」と噂されている建物に、
友人5人ほどで行った事がありますの。

その場にいるだけで、
拓哉の鼓動を感じ、ウットリしたものでございます。

その後、テレビで拓哉が、
「俺は一体、何軒別荘を持ってるんだ」と、
日本各地に、同じような噂があると言っていました。

もう、拓哉ったらぁ、照れちゃって。
わたくしが行ったマンションだけは、本物ですわよねぇ。


・今日は、安全な日だから大丈夫ぅ
・薬飲んでるから、大丈夫ぅ
・穴を開けておいた
 ↑
工藤静香、三択クイズ。

by 青山実花 (2019-07-20 11:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。