So-net無料ブログ作成

「鶴八鶴次郎」 [映画]

tsuruhachitsurujiroawashima.jpg
〔1956年/日本〕


新内語りのコンビ、
三味線の鶴八(淡島千景)と鶴次郎(高田浩吉)は
その優れた芸で、大変な人気を誇っている。


2人は、普段は仲が良いのだが、
芸の事になると、
絶対に譲歩せず、
大喧嘩を繰り返す。


そんなある日、鶴八は、
ご贔屓の松崎(山村聡)から嫁に欲しいと申し出される。
松崎は、人柄も家柄も申し分ない相手。
鶴八がその事を鶴次郎に打ち明けると、
鶴次郎は、「昔からお前が好きだった」と恋の告白。
その言葉を待っていた鶴八は、嬉し涙。


鶴八と鶴次郎の結婚が決まるが、
つまらない理由で鶴次郎が激昂。
2人は本当に別れてしまい、
鶴八は松崎の妻になる。


2年後。
松崎の妻として、
不自由のない生活をしていた鶴八に、
一度だけ、鶴次郎と舞台に出ないか、という話が持ち上がり・・・。





4年前、
山田五十鈴と長谷川一夫の、
1938年版の方を観て、
めちゃくちゃ感動し、
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2015-08-29
リメイクされた、
この1956年版もぜひ観たいと思っていたのだけれど、
願いがやっと叶った。


とはいえ、
やっぱり1938年版の印象が強烈すぎるのかなぁ、
こちらが凡作に感じられてならない。


そもそも、長さが全然違う。
1938年版が89分だったのに対して、
こちらは125分。
なんだかダラダラしている印象が否めない。
この映画だけ単品で評価すれば、
名作だと思うのだろうけど、
どうしても、あちらと比べてしまうから分が悪い。


これらの映画が作られた当時、
まさか、このような鑑賞のされ方をする未来が来るとは、
予想もしていなかっただろうなぁ。


もちろん、こちらの映画にも
良い所はいっぱいある。


鶴八と鶴次郎が、
別れる事になった理由の伏線が
こちらではきっちり描かれている。
それが、上映時間が長くなった原因でもあるけど、
なるほど、そんなサイドストーリーがあるのかと納得。
おそらくそれは、
川口松太郎さんの原作に書かれているのだろうと想像する。


淡島千景さんと高田浩吉さんの
コンビネーションもいい。
2人は芸の事になると、
それはもう、大変な喧嘩をするのだけれど、
少し頭が冷えると
「ごめんね。てへ」って感じで謝るのよ。
それが可愛くて。


周囲の人たちは、なんとか2人に喧嘩をさせまいと、
「芸の話はするなよ、するなよ」と、
そればかり気にしていて、笑える。


観終わって、色々調べていたら、
この映画の元になったという洋画があると
書かれている方がいた。


それって本当?
まったくキリがない。
1つの映画を観ると、
芋づる式に(言葉の使い方間違ってる?(笑))
別の映画のタイトルが出てくる。
観たくてたまらなくなる。
都内に1件、在庫しているレンタル店があるようだ。
今度行ってみよう。


評価 ★★★☆☆

nice!(125)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 125

コメント 4

旅爺さん

昔山田五十鈴と長谷川一夫や三益アイコ等の映画が来ると、
母親に連れられて良く見に行きました。懐かしいです。
by 旅爺さん (2019-07-10 10:02) 

裏・市長

「正直、あなたそれ、病気です」。

        TOKEO 松岡昌宏


また出た!元ネタを求める果てしない旅シリーズ!。

知らなきゃそれまでですが、
実はこの作品、ある作品にヒントを得て、
制作されたんです。それがまた・・・。

などと聞かされると人間だったら、
気になるよねー、ダヨネー。

自分で確認してみて、どこがどう違うのか、
え、こんなに年代が違うのに、
後から作った方が劣化してる1とか、
やはり元祖には勝てないな・・・と勝手に
納得したりしたいよねー、ダヨネー。

実はあの名作と名高い、「タイタニック」。
あれだって、史実を元にしてるのだから、
どこまでも追求したいなら、青山実花さんご自身が
船旅をする必要があるよねー、ダヨネー。

ボクはその船をがんばって沈没させます。

その時はじめてリアルに、その映画に登場した
人々の心境を理解する事が出来るのです。

キミならできる!。
東京23区内全線キセル乗車の旅を制覇した
キミではないか!。しかもバレずに。

まぁ、がんばれよ。

ボクは今、パソコンデータの引っ越しをするのに
忙しいんだ!邪魔しないでくれたまえ!。
今、1時間50分経過したが、まだ終わりそうにない!。
なんとかしてくれ!。

オレを・・・オレを・・・助けて・・・。フギィィィ~~~!!。



by 裏・市長 (2019-07-13 22:23) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

山田五十鈴さん、長谷川一夫さん、三益愛子さんなどを
リアルタイムで劇場で観られただなんて、
羨ましいを通り越しています^^

by 青山実花 (2019-07-20 11:06) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

「正直、あなたそれ、病気です」。

なんですの?これ。
松岡昌宏くんの、
ドラマの決めゼリフなのですか?
松岡君は、
「便・イズ・バック」以外にも、
何かに出演されているのでしょうか。

わたくしは、彼はてっきり、
圧力かけまくりの事務所に所属する、
ドラムを叩いている人という認識だけでしたわ。


わたくし、川口松太郎さんって、
ズルいと思うんですのよ。

もしも本当にこの「鶴八鶴次郎」に
元ネタがあるとするなら、
それを小説にした、川口さんは、
丸パクリ、という事ではありませんか。

しかも、その丸パクリの作品で、
第一回目の直木賞まで受賞しているとは、
恐れ入りますわ。

でも、いいんです。
川口松太郎さんといえば、
川口浩様のお父様。
わたくしにとっては舅も同じ。
もう、何をしても許してしまうのでございます。


わたくしは、裏・市長さんのお仕事を邪魔するつもりは
ありませんわ。

ただ、今度、わたくしが大型客船で
世界一周の旅をする時、
大和高田港まで、見送りに来て、
旗を振ってほしいと、それだけお願いしているのでございます。

by 青山実花 (2019-07-20 11:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0