So-net無料ブログ作成

「愛のうず潮」 [映画]

ainouzushio.jpg
〔1962年/日本〕


武彦(平田昭彦)と綾子(新珠三千代)は、
結婚5年の夫婦。
武彦は仕事に忙しそうで、
綾子は淋しい気持ちを、
趣味のろうけつ染めで癒している。


実は武彦は、
社長の姪で、専務秘書をしている夏江(草笛光子)と
不倫している。
夏江は会社の情報に詳しく、
武彦に色々な事を教えてくれるので役に立つのだ。


そんなある日、
綾子は、ろうけつ染め教室に写真を撮りにきた
カメラマン・香川(三橋達也)と出会う。
綾子の美しさに惹かれた香川は、
綾子の不幸な境遇を知り、
自分なら彼女を幸せにできるのに、と思うようになる。


武彦に、夏江の事を問い質した綾子は、
言い争いになり、
京都の実家に帰る。
すると、
夏江の運転する車に乗った武彦が事故で、
怪我をしたとの連絡が入る・・・。





グズグズグズグズグズグズグズグズした、
新珠三千代さんが
歯痒くてたまらない。


彼女の夫・平田昭彦さんは、
冷酷で、
「嫁なんて、女中と同じ」みたいな事をほざいて、
新珠さんに優しい言葉の一つも
かけてやりはしない。


元々、2人は、
大恋愛の末、結ばれたというわけでもなさそうだし、
もういいじゃん、
そんな嫌な男、
「YOU、見切りつけちゃいなよ」と、
どこかのアイドル事務所の社長みたいな事を言いたくなる(笑)。


しかも、
その平田さん、
愛人の車に乗っていて、
事故を起こしただぁ?
あぁ、別れるのに、
こんな都合のいい理由ってあるだろうか。
チャンスよ、チャンス。


でも、新珠さんは迷う。
つまり、
「貞女、二夫にまみえず」
という事らしい。


こうなると、
もう、現代とは価値観も何も違いすぎて、
私がいくら、
スクリーンの前でヤキモキしても、
仕方ない。
もう、好きにしなよ、と(笑)。


名画座で観た、この映画、
フィルムが劣化していて、
最初から最後まで、
画面がピンク色で、
元が、モノクロなんだか、カラーなんだかも分からなかったし、
ずっと細かい雨のような傷がついていた。


でも、私は逆に、
そんな作品が観られて嬉しかった。
このままいけば、
そのうち、観られなくなる。
観ておいて良かった、って。


評価 ★★★☆☆

nice!(109)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 109

コメント 8

リュカ

確かに貴重な映画を観たんだと思います。フィルムは劣化していきますものね。
今日、時間がとれたらシリアルキラー展に行ってくるつもりです^^
19時までやってるみたいだから♪
by リュカ (2019-07-02 12:07) 

きよたん

劣化してゆく前に観られてよかった。と考えるのは素晴らしい
私なんかはこんな画面では目が疲れちゃう 損したとか。。いうと
思うから。やはり 青山さんすごい

by きよたん (2019-07-02 21:25) 

beny

 新玉三千代さんっていいなぁ。松本清張の愛人だった?
by beny (2019-07-06 18:23) 

裏・市長

おっ・・・奥さん、かまへんがな!、
減るもんでもなし、かまへんがな!。

・・・そんな感じやな。この写真。

時代が違う。
これに尽きる。

もう、この当時はいっぺん嫁に行った女は、
二度と帰って来るな、この家の敷居をはまたがせん!。
離縁して実家に戻るなんて「世間体」が許さなかった。

世間は別れた理由は「女にある」と決めつけた。
反論は許さない。そんな時代だった。

だから金珠三千代さんが、
グズグズグズグズグズグズグズグズしても
「仕方ない」面もあったのだ。

女がひとりでは生きていけない時代があったのだ。

そう思えば、令和に生きる女性はラクやなぁ。
声をあげることが出来る。

昔ならブログのコメント欄に粘着して、
エロチカなコメントを連日書き連ねられようが、
耐えるしかなかったのが、反撃のし放題。
こっちはやられ放題。

コメントひとつにも気を遣わなければならない・・・、
男にとってはホント、イヤな時代ですよ。

だからボクなんか、毒にも薬にもならない
コメントしか書く事ができない・・・。
もっと自由を!ワタシに自由をください!!。

一応、データ上、この映画は「カラー作品」だそうです。
そうかぁ、そんなに劣化しているか。
東宝はそんな映画が多いなぁ。
旧作にはあんまりチカラは入れていないようだ・・・。

by 裏・市長 (2019-07-09 23:08) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます。

古い映画全てが、
綺麗にプリントし直されたらいいなぁ、と思います^^

お返事が遅れてごめんなさい。
シリアルキラー展、行かれたようで良かったです。
こんな与太ブログでも、
参考になったのなら、幸いです^^

by 青山実花 (2019-07-11 21:09) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、本当に劣化していたので、
もし、きよたんさんが観られたとしても、
「ギリギリセーフ!」と思われるのではないかと
思います^^

by 青山実花 (2019-07-11 21:09) 

青山実花

benyさん
コメントありがとうございます。

新珠美千代さん、素敵ですね。
松本清張さんとの事は分かりませんが、
美しいので、
そういう噂が立っても当然かもしれませんね^^

by 青山実花 (2019-07-11 21:10) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

まったく、もう、
美しい物語も、
大和高田弁で語られると、
なぜにこうも、鶴光のようになってしまうのでしょうか。

三橋達也さんは、「かまへんがな」なんて言ってませんわよ。
「君を幸せにするよ」と言ったんです!

新珠三千代さんたら、
真面目過ぎますわ。

女が男と離婚できない理由の一つは、
経済的な問題でございましょう?
別れたら、食べていけない、と。

でも、新珠さんには、三橋さんという立派な
後釜が控えているではありませんか。
さっさと乗り換えればいいんですよ。

しかも、平田さんは、
愛人の車に乗った事故がきっかけで、
片足を失ったんですわよ。
そんな男にくっついていたって、
何の良い事がございましょう。
原因を作った愛人が、一生、面倒みればいいんですよ。


え?
裏・市長さんのエロコメントに、
反撃するような凄い女性がいるんですか!?

わたくしは、人様のコメント欄はほぼ読んでいないので、
そのような方がおられるとは、初めて知りました。
わたくしなどは、何を書かれても、
「分かります、分かります」としか書けないというのに。
見習いたいものでございます。

そうなんです、画面がずっとピンク色に退色していて。
これがほんとのピンク映画だと思いましたわ。

by 青山実花 (2019-07-11 21:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。