So-net無料ブログ作成

「稲妻」 [映画]

inadumabaishouchieko.jpg
〔1967年/日本〕


会社勤めをする清子(倍賞千恵子)の家庭は複雑だ。
長男・嘉助(柳沢真一)、
長女・縫子(稲垣美穂子)、
次女・光子(浜木綿子)、
そして三女の清子の、四兄妹は、
全員、父親が違うのだ。


さらに、光子の夫・呂平(田口計)は、
縫子と昔恋仲で、いわばお下がり。
そして、そんな呂平が交通事故で死ぬと、
赤ん坊をおんぶした愛人が現れ、
保険金を寄越せと言う。


そんな中、清子を見初め、
結婚したいという、綱吉(藤田まこと)がいた。
しかし、綱吉は、
いつしか縫子と出来上がり、
さらに、光子とも出来上がる。


清子は、そんなだらしのない家庭がほとほと嫌になり、
家を出るべく、
部屋を探し始めるが・・・。





いやー、すごいわー、藤田まこと(笑)。
調子のいい男は、
どこまでも調子よく、図々しく、
他人からどう思われようと、
意に介さない。


なにせ、長女と出来上がり、
長女の夫が怒鳴り込んできたというのに、
普通に風呂に入っていて、どこ吹く風。


そして、次女に喫茶店の開店資金を出してやり、
いつの間にか、
その喫茶店の二階で、
次女と寝泊まりしている。


さらに、嫉妬した長女が、
喫茶店に押し込んできて、
次女と、取っ組み合いの喧嘩をしている最中、
なんと、三女を口説く始末(笑)。


ただ、こんな男でも、
商売だけは上手いようで、
金を稼ぐ才覚は優れているようだ。
金持ちになるには、
これくらい厚顔無恥でなければ駄目なのかもしれない(笑)。


原作は、林芙美子さんの小説で、
高峰秀子さん版に続いての映画化。
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2012-02-04

原作があるので、
高峰さん版と基本は同じだけど、
多少のアレンジがされてある。


特に、藤田まことさんの顔。
登場人物の皆さんは、
藤田さんの写真を見ても、
直接会っても、
みんな口を揃えて、
「顔が長い」を繰り返す(笑)。
本人も、自嘲気味に言う。


これは、藤田さんの特徴であり、
原作とは関係ないから、
きっと、笑いの要素を入れたのだろう。
・・・って、藤田さんの事ばっかり。
だって、強烈なんだもん(笑)。


それにしても、
父親の違う子を四人も生む女の気持ちって、
どんななんだろう。


母親は、清子と二人きりになった時、
「あんたのお父さんに、一番惚れていた」と言う。


なるほど、父親が違うと、
子どもの顔を見ながら、
心で、そんな事を思うわけか。


男の順位で、
子供への待遇も違ったりするんだろうか。
いや、生んでしまえば、
誰が父親だろうが関係なく、
どの子も可愛いんだろうとは思うけど。


評価 ★★★☆☆

nice!(124)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 124

コメント 6

ヤマカゼ

林芙美子さんらしい作品ですね。
by ヤマカゼ (2019-06-12 12:28) 

英ちゃん

前に司葉子さん主演のドラマの仕事をした事があると書きましたが、そのドラマの旦那さん役が藤田まことさんだったんだよね。
藤田まことさんはお調子者の関西人て感じですが生まれは東京なんだってさ(゚□゚)
東京で生まれて京都で育ったらしい。
ドラマの仕事をしてた時は、スタッフにも気軽に声をかけてくれる優しいおじさんと言う感じでした。
by 英ちゃん (2019-06-13 00:30) 

青山実花

ヤマカゼさん
コメントありがとうございます。

私もそう思いました。
ザ・林芙美子って感じですね^^
by 青山実花 (2019-06-15 00:09) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

えー!藤田さんって東京生まれなんですか!
本気でビックリです。
だって、どんな映画を観ても、
そりゃあもう、コテコテの関西人って感じですので^^;

そうなんですか、素顔は素敵な方なのですね。
やっぱり、人は気さくで優しいのが一番ですね。
スターだからと偉ぶっていたら、
ガッカリしてしまいますものね。

by 青山実花 (2019-06-15 00:12) 

裏・市長

わ!倍賞千恵子さん版の「稲妻」って、
ビデオにもデーブイデーにもなってないんちゃうか!。
どこで観てん?!。
見たい見たい見たい見たい見たい、
見せろ見せろ見せろ見せろ、
まずは上から・・・。

藤田まことさんの顔が長い長いと、
世紀の発見をしたように仰いますが、
あれは長いんじゃない。横幅が狭いだけ。

あれで横幅があったらイースター島のモアイ
みたいに顔デカになってしまう。

借金だらけの人生だった、などとよく言われますが、
裏返せば、それだけ人徳、信用があった・・・と、
いうことですわな。

信用のない者、返済能力のないものに、
貸してくれる人も銀行もおりませんわな。

後年、テレビに出まくって見事完済し、
ある日、突然ポックリ逝ってしまわれた。

相棒の白木みのるさんはお元気なのに。

どうですか、青山実花さん!。
私に投資してみませんか?!。
吸いませんが、返せるアテはまったくありません!。
齢88歳ですので、借りたままあの世に逃げる事に
なりそうです。

それでも、この年寄りにひとつ夢を見させてやるという、
善行を積むのもよいものですよ。

決心がつかれましたら、お電話は今すぐ。
24時間受付中です。

ただいまから30分間、オペレーターを増員して
あなたからのお電話、お待ちしております。


by 裏・市長 (2019-06-15 02:55) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

え!?
そうなんですか?
この映画って、そんなにレア物なんですか?

そんな貴重な作品だとはつゆ知らず、
会社の帰りにのんきに名画座で観てしまいました。

もっと丁寧に、正座して観るべきでしたわね。


藤田まことさんは、
やはり人徳のある、
素晴らしい方なのですね。

どおりで、
並みの関西人とは違うと思っていましたら、
やはり東京生まれだったんですね。

そういえば、やはりコテコテの関西人だと思っていた、
ミヤコ蝶々さんも、実は東京は日本橋小伝馬町の生まれだとか。
お二人とも、品格が違いますわね。


裏・市長さん、
そんなに言われるなら、
わかりました、
お金を用立ていたしましょう。
26億円ほどでよろしいかしら。

現在88歳の裏・市長さんなら、
あと20年は稼げる計算でございます。
返済は、利息込みで、
毎年5億円もくだされば結構です。

そのお金でどんな事業を始められるのかしら。
日本パンダセンターでも作るのかしら。

by 青山実花 (2019-06-18 07:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。