So-net無料ブログ作成

「ベン・イズ・バック」 [映画]

benisback.jpg
〔2018年/アメリカ〕


クリスマスイブ。
薬物依存症治療のため、
施設に入っている、19歳のベン(ルーカス・ヘッジズ)が、
突然、実家に帰ってくる。


母親のホリー(ジュリア・ロバーツ)は、
ベンとの再会を喜びながらも、
戸惑いを隠せず、
また、妹のアイヴィーは、
あからさまに不安な表情で、
継父・ニールにすぐ連絡を入れる。


ホリーとニールは、
話し合いの末、
24時間だけ、ベンが自宅に滞在する事を許可する。


しかし、彼の帰省を知った昔の仲間は、
一家が教会に行っている隙に、
家に荒らし、飼い犬を誘拐し・・・。





薬物中毒の息子が、
更生施設から、突然帰ってくる。


おかしい、変だ、
施設からは何の連絡も受けていない。
息子は勝手に抜け出してきたのか。
早く施設に帰さなければ。
でも、このまま一緒にいたい。
でも、甘やかすのは良くない・・・


それに、夫のニールと自分は再婚同士。
ベンの実の父でない夫に、
迷惑は掛けられないし、
夫のおかげで今の生活が成り立っている以上、
あまり強い事も言えない・・・


悩み、逡巡する母親・ホリーの気持ちが痛いほど
伝わってくる。
もし、自分がホリーと同じ立場だったら、
めちゃくちゃ迷うと思う。


ところで、息子のベンが、
薬物中毒になったのは、
ベンには全く責任はないのが、
今まで観た事のある、
麻薬中毒者をテーマにした映画と、
全然違うところ。


ベンは、14歳の時、
怪我をした事が原因で、
中毒性の高い鎮痛薬を大量に処方され、
そのせいで、
薬物中毒となってしまったのだ。


ああ、そうなのか、
ベンは可哀想な子・・・と、
思いながら観ていたのだけれど、
途中から、彼が、
麻薬を買うだけでなく、
人に売り、
死者まで出した過去がある事が分かる。


母親・ホリーは、
ベンを中毒者にした医者を殺したいほど憎んでいるけれど、
別の人にとって、ベンは、
ホリーにとっての医者と同様、殺したい相手であるわけで。


一晩の間に、様々な事が起こるわけだけど、
やっぱり、最初にベンが帰ってきた時、
心を鬼にして、
施設に戻すのがベストだったんじゃないかなぁと思うし、
家が荒らされた時、
警察に通報すべきじゃないかなぁと思うし、
その時その時の分岐点で、
選ぶ道が難しい。


ラストも、明確な答えは出ない。


評価 ★★★☆☆

nice!(148)  コメント(6) 

nice! 148

コメント 6

mitu

子育ては何が正解なのかわからない
人生には何が正解なのかわからない辛いことがいろいろ起る
 良かれと思っての選択の結果が悪い方へ向かったとしても
いつも親は、子の幸せだけを願っているのですよね…切ないです。

by mitu (2019-06-10 06:39) 

裏・市長

あ!青山実花さんもご覧になったんですか!。
「ベン・イズ・バック」。

実はボクも観たんですよ、
なんせジュリア・ロバーツはボクの心の1本、
「プリチーウーマン」「愛がわらわれた時」
「ペリカン白書」の主演女優ですし、
ボクと同じ、左利きということで親近感があるんです。

多分、前世では不倫関係にあったんじゃないかな?。
それぐらい、近しく思えて彼女の映画が公開される
と聞くと、いつも「ふ~ん」と思って、
テレビで放映されるのを待ってるんですよ!。

ところが今回は、間違えて劇場で観てしまいました!。
本当は「名探偵ピカチュウ」を観ようとしてましたのに、
映画館の暗がりでチュウに夢チュウになってたら、
ヤクチュウの映画を観てしまっていたのです。

なんチュウことでしょう・・・。


正直、「映画としての派手さ」はない作品でした。
アクションもなければ、直接的な殺人も、
スペクタクルも、そして一番肝心なお色気も。

それだけに登場人物の心情というのは、
よく伝わってきました。
それぞれの立場に立てば、その人物の言動、行動も
理解できないものではないのです。

再婚相手の父親が義理の息子に発した
冷たく聞こえる言葉ですら、自分がもし、
その立ち位置にいたら・・・そう思えば、
言ってはいけないけれど、言ってしまうかも知れません。

義父は義父なりに金銭的な面でも、
義理の息子の更生に協力してくれていたのですから。

決して悪い映画ではないのですが、
入場料が値上げされた昨今、やはり人々が映画に求める、
爽快感、非日常感、そしてお色気はもう少し
欲しかったように思います。特にお色気。

せめてラスト、エンディングに
「ベン・イズ・バック」日本公開版イメージソング、
「あきらちゃん音頭」がかかれば盛り上がったのですが、
大阪ステーションダルクでは、未使用で残念でした。

この曲、実にキャッチーな名曲で、
令和のナウいヤングのハートをドキュンの鷲掴みだそうです。
ボクも早速、カセットテープで購入。

ウォークマンで音漏れさせながら、
上野発の通勤夜行列車内で聴いてますよ!。
青山実花さんもぜひ、おぼえてカラオケで歌ってくださいね!。


by 裏・市長 (2019-06-11 03:29) 

旅爺さん

おはよう御座いま~す(^_^)/”””””””””*
中毒性の高い鎮痛薬を大量に処方されて薬物中毒になるなんてこともあるんですね。
by 旅爺さん (2019-06-11 08:31) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

人生のあらゆること、
人はベストな選択をしたつもりで生きているのですよね。
ベストだと思っていたのに、
間違っちゃう事もあって・・・。

愛する人が幸せなら、自分も幸せって、
大切な気持ちですよね。

by 青山実花 (2019-06-18 09:25) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さんが「便・イズ・バック」を観た事は、
ブログを読ませていただいたので、
知っております。

TOKIOの松岡君が主演の、
あの映画でしょう?

なんでも、
アイドルバンドを組んで活動している時、
「ベースは、本当に弾いているのか?
 コードはちゃんとアンプに繋いであるのか?
 電源は入っているのか?」
と疑われた、メンバーYが便秘になり、
センナ茶を飲んだら、余計に具合が悪くなり、
バンド解散の危機に追い込まれる・・・
というお話しでしたわね。

面白くて爆笑いたしました。


この「ベン・イズ・バッグ」は、
不思議なSFホラーでした。

ベンという17歳の少年が、
ある朝、起きたら、
エルメスのバッグになっていたのでございます。

高級なバッグなのに、
なぜか、それを手にする女は必ず死に、
その度に、
ヤフオク、メルカリ、コメ兵、大黒屋などに
売りに出され、
最後に辿り着いたのが、裏・市長のところ。

裏も死ぬ、かと思っていたら、
ラストで、それを青山実花にプレゼントする事で、
映画が終わり、
「あきらちゃん音頭」がかかりました。

どうやら、続編を作る気満々なようです。
あー、楽しみだなー。


「あきらちゃん音頭」は、
よくカラオケで歌わせていただいております。

あの歌詞がいいですよね、
「ウララ ウララ ウラウラの ウララ ウララ ウラウラよ」
という、
狙い撃ちのパクリみたいなところが。

by 青山実花 (2019-06-18 09:25) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

鎮痛薬で中毒になるという話は、
以前にも聞いた事がありました。

薬って、使い方によっては怖いですよね。

by 青山実花 (2019-06-18 09:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。