So-net無料ブログ作成

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」 [映画]

heartsbeatloud.jpg
〔2018年/アメリカ〕


ブルックリンの片隅で、
小さなレコード店を営む・フランク(ニック・オファーマン)は、
男手一つで、娘のサム(カーシー・クレモンズ)を育ててきた。


そのサムも、もう17歳。
優秀なサムは、UCLAの医学部へ進学が決まっており、
もうすぐ、家を出る。


そんなある夜、フランクは、サムを誘い、
セッションし、その曲をネットにアップロードした。
すると、それが人気を集め、注目されるようになる。
若い頃、音楽の道を挫折した経験のあるフランクは・・・。





試写会で観た。


シングルファーザーのフランクと、
娘のサムのあり方が面白い。


なんとなく、一般的には、
バンド活動に夢中になる子供に対して、親が、
「そんな事していないで、勉強しろ!」というパターンが
多い気がするんだけど、


フランクったら、
勉強しているサムに、
「ねーねー、サムー、ジャムろうよー、
 勉強なんてあとでもいいじゃん、いいじゃん」みたいな感じで、
サムは迷惑そう(笑)。


しかも、
自分たちの曲がレコード会社から目を付けられると、
「大学に行くのは、一年延ばせないかなー」だと(笑)。
なんだかんだ言って、
道を大きく踏み外せない、臆病な私からすると、
考えられないような、自由っぷり(笑)。


それから、
サムに、女の子の恋人ができた時も、
フランクは、
「ん?どうした?ガールフレンドでもできたか?
 それとも、ボーイフレンドか?」と、
まったくの日常会話のように、そんな事を聞く。


サムの性的指向をちゃんと理解してくれていて、
すごく信頼してくれている。
どんな人が父親かで、
人生は大きく変わる。


フランクとサムが、
レコード店で開催した、
小さなライブがとってもいい。
偶然でも、あんな場に居合わす事ができたら、
幸せだろうなぁ。


ラストも私好み。
なんだかホッとした。


評価 ★★★☆☆

nice!(135)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

nice! 135

コメント 3

ヤマカゼ

旅立ちのうたに訳された題名もおしゃれですね。
by ヤマカゼ (2019-05-29 12:44) 

mitu

なんだかホッとする映画・・・観てみたいです^^
by mitu (2019-05-30 00:59) 

裏・市長

「サムに、女の子の恋人ができた」。

日本人の固定観念って、
男は女と、女は男と、青山実花は、
裏・市長さんとくっつくもんだという、先入観がある。

「恋人」って性的なとか、いやらしいとか、
そんなんじゃなくって、性別を越えたウマの合い加減、
相性で魅かれあう間柄があってもいいじゃないか。

魅力を感じた相手がたまたま、
戸籍上、男だった、女だった、それだけではないか。

でも、今の日本ではまだまだ暮らしにくいだろうねぇ。

小さなライブで思い出した!。
最近、ボク、インストアライブにハマっちゃってさぁ~。
ブログにも掲載させて頂いてますが、
先日も見てきましたよ!。

ストアライブって言うか、本当にストア、
スーパーマーケットが会場で横でお寿司
売ってたりしたのが、アーティストさんにとって、
少々気の毒でしたが・・・。

やはり「臨場感」が違うね!ナマは!。
ナマは快感が違う!これからはずっとナマだ!。

会場が一体となるのね、普通は。

まぁ、先日のスーパーマーケットのライブは、
観客席に高齢者が多かったので、
手が肩から上にあがらない・・・なんて人もいて、
「手を大きく振って!」とか、
「みんな、もっと大きな声で!」なんて、
要望には応えられなかったけれど、
観客の心はひとつだったよ。

あぁ、惣菜コーナー、早く半額シール貼らねぇかな…って。

by 裏・市長 (2019-06-05 03:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。