So-net無料ブログ作成

「パドマーワト 女神の誕生」 [映画]

PADMAAVAT.jpg
〔2018年/インド〕


13世紀。
シンガル王国の王女・パドマーワトは、
神をも平伏す美しさで、
西インドのメーワール王国の王・ラタン・シンと
恋に落ち、妃となる。


一方、北インドの武将・アラーウッディーンは、
獰猛な野心家で、
叔父を暗殺するような、手段を選ばない男。


そんなアラーウッディーンが、
パドマーワトの美しさを耳にし、
我がものにしたいと考え、
メーワール王国に攻め入るも、失敗。


諦めきれないアラーウッディーンは、
ラタンを拉致し、
パドマーワトを自分の城におびき寄せるが・・・。





試写会で観た。


いやはや、豪華絢爛。
164分という長い映画なのに、
全く飽きずに、
物語と、美しい映像に魅せられた。


・・・と、ここまで書いて、
調べてみたら、
インド映画史上、
最高の製作費が掛かっているのだそうだ。
納得。


ストーリーもいい。
タイトルにもなっている、
美しい王妃・パドマーワトを自分のものにしようと、
戦争を仕掛ける男と、
彼女を絶対的な愛で守る夫でもある、国王。


そして、男たちが力で争うなら、
女は頭だ、とでも言うように、
パドマーワトは、
知恵を使う。


特に、ある小憎らしい僧を、
自分の手を汚さずに葬った場面は、
溜飲が下がったわ。


それにしても、
美しい女って、存在だけで、
罪なのね(笑)。


なにせ、アラーウッディーンというアホ男は、
一度も会った事もない、
ただ、美しいと噂に聞いただけの
パドマーワトのために、
あれだけの大騒動。


自分が家臣だったら、怒るよ(笑)。
私の命は、
あんたの色ボケの為にあるんじゃないよ、って(笑)。
あんなんで死んでいった兵士たちは、
情けないだろう。


インド映画らしく、
ダンスのシーンもあるけど、
今まで見た事のあるのと違って、
とってもクール。
ダンスは分からない私でも、
キレがいいなと感じる。


ポスターにもあるけど、
パドマーワトの鼻輪には注目よ。
めっちゃ煌びやか。
毎回、変えてるみたいだけど、
あれは、インドの方にしたら、ピアス感覚なのでしょうね(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(117)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 117

コメント 10

zombiekong

鼻輪が重くないのかとか食事の時はどうするのとか鼻水が出たらとか⋯余計なことばかり気になってしまいました。
by zombiekong (2019-05-28 13:28) 

青山実花

zombiekongさん
コメントありがとうございます。

本当ですね。
私のように、いつも鼻水が出ている女は、
ティッシュが引っ掛かって仕方ないと思います(笑)。
鼻水が出るような女は、
女王にはなれないのかもしれません^^;
by 青山実花 (2019-05-28 14:34) 

きよたん

こういう映画は映画館で観たいですね
インド映画は踊りで楽しめるし面白いですよね
インドの美人も素敵です
by きよたん (2019-05-28 21:12) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

確かに、この豪華絢爛な感じは、
大きなスクリーンで観た方が、のめり込めるかもしれませんね。
それに、とにかく長いので、
家で観たら、ダレてしまうかも^^;

パドマーワトも、とても綺麗でした。



by 青山実花 (2019-05-28 21:55) 

英ちゃん

鼻輪って、牛かっ(゚□゚)
豪華だけど重そうw
by 英ちゃん (2019-05-28 23:56) 

あとりえSAKANA

インドマニア(笑)から情報を。

鼻輪はノーズティカと言います。
ちなみに眉間につける「赤い点」もティカと言います。

ティカは既婚者の印で、特にノーズティカは結婚が
決まったら必ず開けるんです。
(花嫁衣装で着けることが決まっているのだそうです。)

また、煌びやかなアクセサリーは富の象徴なんで、
毎シーン美しいものが付いていたのでしょうね。

今、予告編見ました。
背が高くて顔が小さくて、デビュー映画でファンに
なった女優さんですー☆

絶対見に行きます☆☆☆
素敵な情報、ありがとうございます☆☆

by あとりえSAKANA (2019-05-29 09:30) 

裏・市長

ひきこもりのインドアマニアから情報を・・・。

インド映画・・・どれもこれも長げぇんだよっ!!。
これも4時間あるそうじゃねぇか!。
ケツが痛いんだよっ!。

館内に椅子じゃなくてベッドを用意してくれよ!。
できればダブルベッド!。
贅沢を言わせてもらえれば、回転するヤツ!。

♪インドのカレーはよいカレー♪、
♪おなかの皮まで踊りだす~~♪と、
西田敏行さんも歌っておられますが、
本編が長いんだよ!踊り過ぎなんだよ!。


「自分の手を汚さずに葬った」。
・・・怖すぎる・・・インド版青山実花のようだ・・・。
だから私は逆らわないようにしている。
短い余生だが、命は惜しいからのぅ・・・。
by 裏・市長 (2019-05-29 20:46) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

そうなんです、これに縄をつけて、
引かれて歩くんです・・・というのは嘘です(笑)。

by 青山実花 (2019-05-30 15:18) 

青山実花

あとりえSAKANAさん
コメントありがとうございます。

素晴らしい情報、ありがとうございます!
やっぱり、お詳しい方に聞くべきですね。
私ったら、「鼻輪」だなんて(笑)。

なるほど、
ノーズティカは、既婚者の証ですか。
日本でいえば、お歯黒みたいなものなのでしょうね。
あまりに、ゴールドやジュエリーが煌びやかなので、
ピアスホール(でいいのかな?)が、
どんどん広がってしまいそうですね^^;

パドマーワトを演じる女優さんって、
もしかして、「恋する輪廻」のかたですか?
そっかぁ、調べれば良かったです^^;
今も綺麗ですが、若い頃からとてもお綺麗でしたね。

こんな与太ブログ、全然参考になりませんが、
ぜひ、観てみてくださいね^^

by 青山実花 (2019-05-30 15:19) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

インドアマニア・・・
それは、昨日から日本では袋叩きにされています。

インドアマニアだから、人を殺めた、
インドアマニアだから、包丁を振り回した、
インドアマニアだから、ダブルベッドを要求した、
インドアマニアだから、回転も要求した、
・・・という事らしいです。

しかも、仕事と、家と、映画館にしか行かない人も、
厳密に言うと、インドアマニアと定義されるそうです。

あなたもわたしも、危険なインドアマニアです。
明日からは、道も歩けません。


「自分の手を汚さずに葬った」。

いえ、わたくしの手はとっくに汚れておりますわ。
裏・市長さんに何かあったら、
このコメント欄を見れば、いがみ合っているのが一目瞭然。
真っ先に疑われるのが、わたくしでございます。

by 青山実花 (2019-05-30 15:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。