So-net無料ブログ作成

「パリ、嘘つきな恋」 [映画]

parisusotsukinakoi.jpg
〔2018年/フランス〕


50歳のジョスラン(フランク・デュボスク)は、
無類の女好き。
だけど、深く関わる事はせず、
女は一夜の遊びだと公言している。


ある日、亡くなった母親の車椅子に座っていたところを、
隣に引っ越してきた女性・ジュリーに見られ、
ジュリーは、ジョスランが歩けないものだと勘違いしてしまう。


ジュリーは、ジョスランに、
姉・フロランス(アレクサンドラ・ラミー)を紹介する。
フロランスは事故で歩けなくなり、車椅子生活を送っているが、
テニスをし、
ヴァイオリンの公演で世界を飛び回るような、
アクティブな女性。


今まで会った女と全然違うフロランスに惹かれるジョスランだが、
自分が、本当は歩けるという事を、
言い出しそびれて、
そのまま逢瀬を重ねるようになってしまう・・・。





試写会で観た。


中年のプレイボーイが、
初めて恋に目覚めるも、
車椅子生活と勘違いされ、
それを言い出せずにいる、というコメディ。


このような事が、
現実にあるかどうかは別として、


やっぱりおフランスの人は、
恋愛上手ね。


フロランスが、とっても大人。
大人すぎ。
「そうくるの?」という展開から、
私だったら、あんな対応できるだろうかと思いながら、
観ていた。
すごく、カッコいい。


障害をテーマにしていながら、
まったく、重くなく、湿っぽくもなく、
むしろ、笑っちゃうような展開に、
心が軽くなる。


この映画で、
「嘘はどうの」とか「人を騙すなんて」とか、
そんな無粋な事は、言いっこなし。
コメディなんだし、
ある意味、
ジョスランが、車椅子だと勘違いされなければ、
フロランスとは出会えなかったわけだし、
どんな事でも、
自分のチャンスとして、繋げてゆく。
そこが大事。


それに、10代でもあるまいし、
この年になったら、
もう恋愛に、騙すも騙されるもないでしょ。
嘘なら嘘で、
一生、つき続けていてほしいし、
こっちも、つき続けるわ(笑)。
その瞬間が楽しくて、
本気なら、
それでいい。


実は、ジョスランは、
大きな靴の代理店の副社長で、
大変なお金持ち。
住んでるお家も、めっちゃ素敵。


で、自宅プールでのラブシーンは必見よ。
あんな演出されたら、
きゃー☆となってしまう(笑)。
やっぱりおフランスの恋は素敵。


評価 ★★★☆☆

nice!(124)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 124

コメント 6

ヤマカゼ

いつもは斬り込みかたが鋭いのに、今回は柔らかい評ですね。やっぱりお金持ちのセチュエーションがきにいられたのかな?
by ヤマカゼ (2019-05-23 12:38) 

向日葵

お洒落なおフランス流。。

ちょっと見てみたいですね。。
by 向日葵 (2019-05-25 14:14) 

裏・市長

「恋愛に、騙すも騙されるもない」。

・・・言うたね、確かに聞いたよ。
絶対やな。それは騙されても文句言わない、
弄ばれてもいい、北朝鮮に580円(税込)で
売り飛ばされてもいいということですね。

よし!遠慮なく騙そう。

それにしても、そんな都合のいい事、
もっと早くに言ってほしかったわ。
今からもて遊んでも、ワシの余生がたかが知れてる。

とりあえずワシ、明日から車椅子に乗って生活するわ!。
車椅子に乗っているとステキな出会いがあると、
今日ここで教えられたから。

そう言えば、あの乙武さんでも車椅子に乗っている
おかげで嫁も子供も愛人までいるもんな!。
恋愛の必須アイテムは車椅子。
これ、あながち間違いではないかも知れない。

ボクは乙武さんが嫌いなのではありません。
むしろ、モノ言う障害者の代表として、
あのようなキャラクターの人は必要だと考えます。

ただ、障害者は弱いのだから、出来ないのだから、
やってもらってあたりまえ。
障害者に奉仕しないヤツは人じゃねぇ。
そのような考え方がイヤなのです。

それにしても乙武って立ち上がることは出来ないけれど、
部分的に立てる事は可能なんだな・・・。
by 裏・市長 (2019-05-26 20:17) 

青山実花

ヤマカゼさん
コメントありがとうございます。

やっぱりお金持ちには弱いのかもしれません^^
業突く張りなんでしょうか(笑)。

by 青山実花 (2019-05-26 22:44) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます。

おフランスの恋は素敵ですね^^
見習いたいものです^^

by 青山実花 (2019-05-26 22:45) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

いいですわよ、
いくらでも騙してくださって。

ただ、騙すなら、
一生騙してくださいませね。

例えば、裏・市長さんがカツラなら、
一生、外さずにいてください。
シークレットブーツなら、
一生、履いたままでいてください。
極道の大幹部なら、
刺青は一生、目に触れないようにしてください。


思えば、わたくしたちは出会いからして、
失敗でしたわね。
こんな事なら、
和歌山では、お互い、車椅子に乗っていれば
良かったですわ。

そうすれば、この映画のような事になったかもしれないのに、
映画を観るのが、少し遅すぎましたわね。


わたくしも、乙武さん、好きですよ。
あれだけの障害があるのですから、
女遊びくらい、好きにさせてやれや、と思いますわ。

ただ、大胆な方だとは思いますわね。
秘密のデートをしようにも、
誰が見たって、乙武さんと分かりますからね。
まぁ、女性といても、
人々はスタッフさんと思うだけかもしれませんが。

by 青山実花 (2019-05-26 22:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。