So-net無料ブログ作成

「恐喝こそわが人生」 [映画]

kyoukatsukosowagajinsei.jpg
〔1968年/日本〕


新宿のクラブでボーイをする・村木(松方弘樹)は、
店のマネージャーが、
酒屋と密造酒の取引をしているのを聞いてしまい、
口止めのため、殴られる。


憤った村木は、
仲間の、
関(室田日出男)
野口(城アキラ)
お時(佐藤友美)と組み、
酒屋を強請り、金をせしめる。


それがきっかけとなり、
「四つ葉会」を結成した彼らは、
恐喝に精を出すようになるが・・・。





昨日書いた、
「わが恐喝の人生」
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2019-04-15
のタイトルを最初に見た時、


「たしか、『恐喝こそわが人生』という映画があった気がするけど、
2つの映画は何か関係があるのだろうか」、と思い、
調べてみた。


するとやはり、
こちらの「恐喝こそわが人生」は、
「わが恐喝の人生」をリメイクしたもののようで、
深作欣二監督の作品ということを知る。


そうなると、もう気になっていられない。
早速、観る。


うーん、これはもう、
どう考えても、
「わが恐喝の人生」の勝ち。


このストーリーは、
仲の良かったチンピラが、
片方が、犯罪者に、
そして片方が、刑事になる、というのが、
面白い所なんだと思うけど、


この映画には、
将来、刑事になる友人は出てこない。


なので観ているこちらは、
ただひたすら、主人公の恐喝だけを
見せられる事になる。


まぁ、あまり捻らず、
犯罪映画に徹したかったのかもしれないけど。


村木と、お時が、
途中、男女の関係になるというのも、
わたし的には、あんまり好みじゃないかなぁ。


仲間は仲間として、
一線を守っていないと、
雰囲気が生々しくなるよね。


ラストは、
え!?え!?え!?って感じで、
巻き戻して、もう一度観てしまった。
そこは中々面白かった。


評価 ★★★☆☆

nice!(107)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 107

コメント 6

英ちゃん

恐喝と言う言葉をタイトルに使うのが凄いよね(゚□゚)
今の時代は使えないだろうね?
by 英ちゃん (2019-04-17 06:19) 

よーちゃん

リメイクものって、どうしても元のと
比べてちゃいますよねー(^_^;)
by よーちゃん (2019-04-17 09:28) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

たしかに今、「恐喝」と付くタイトルはないですね。
ヤクザ映画自体、あまりないし・・・。

by 青山実花 (2019-04-17 15:18) 

青山実花

よーちゃんさん
コメントありがとうございます。

リメイクして、良くなっているならいいのですが、
これは、オリジナルの方が面白いという(笑)。
by 青山実花 (2019-04-17 15:19) 

裏・市長

また今日も恐喝!!。
もう、日常的に恐喝しているとしか思えません!。

ここで気になる表現を私は発見してしまいました。

このブログに訪れる多くの皆さんは、
よく出来たオトナですから、気付いてもいちいち言いません、
書きません。読み流してくださいます。

でもボクはオトナじゃないので書きます!。
オトナかオトナじゃないかは、
根がせてみれば分かることです。

ぺろ~~~~~~ん。


「巻き戻して、もう一度観てしまった」。

画像にはデカデカと、「D V D」と書かれています。

青山実花さんの家のデーブイデーは、
巻ーきー戻ーせーるーんーでーすーかぁ~~~~?。
(腹の立つ書き方)

ひょっとして青山実花さんって~~~~~~~~~~、
昭和生まれですかぁ~~~~~~~~~~~~~?。

テレビのチャンネルもいまだに、
回すぅぅ~~~~~とか言うんですかぁ~~~~~~?。

電話もダイヤルするぅぅ~~~~~~とか、
言っちゃう感じですかぁ~~~~~~~~~~~~~?。

まさか電子レンジを「チンする」なんて、
言わないですよねぇぇぇ~~~~~~~~~~~~~?。

いやいや、これは失礼。
いくらなんでもナウイ青山実花さんに限って、
それはないでしょう。大変失礼しました。

ではまた明日。
by 裏・市長 (2019-04-19 20:11) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

今日という今日は、
わたくしは裏・市長さんに
ハッキリと抗議したいと思います。

あなた、いくらなんでも、
女性の年齢を、こんな所で、聞くなんて、
失礼すぎますわよ。

わたくしが昭和生まれだなんて、
馬鹿にしてるんですか?

わたくしは、め・い・じ!
明治生まれですよ!
まったくもう!
次回から間違えないでくださいませね。


わたくしが若い頃は、
まさか、
明治・大正・昭和・平成・令和
という
5つの時代を生きるなんて、
夢にも思っておりませんでした。

これだけ生きてきたのですから、
DVDを「巻き戻す」くらい言ったって、
いいじゃありませんか。

ここまできたら、
次の元号まで見届けますわ。

次は、「香香」と決まっていると、
政府関係者から、密かにきいております。

香香元年が、
来年なのか、30年後なのかは分かりませんが、
その時までに、
馬子とKKが破談になっているといいですわね。
鹿子がつかえている事ですし。

by 青山実花 (2019-04-21 17:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。