So-net無料ブログ作成

「明日吹く風」 [映画]

ashitafukukaze.jpg
〔2018年/ドイツ〕


43歳のパウルは、
出勤の途中で、
ふと、自転車を乗り捨て、
そのまま失踪してしまう。


その後、パウルは、
様々な方法で食いつなぎ、
様々な方法で移動し、
各地を放浪する。


そんな旅の途中で、
風変りな若い女・ネレと出会い、
2人は次第に親しくなってゆく。


一方、パウルの妻は、
急にいなくなった夫を、
興信所を使って、必死に探すが・・・。





試写会で観た。


ドイツ映画祭2019での1本。

germanyeigasai.jpg



最初から、何度も笑わせられる。


主人公のパウルさん、
スーパーの駐車場で、
鍵のかかっていない車の助手席に乗り込んで、
車の持ち主を待っている。


持ち主が戻ってきて、仰天し、
「あ、あんた、誰?」と聞いても、
彼は動じる事なく、
「さあ、行こう」と。
その態度は、めっちゃ自然。
どこかへ乗せていってもらうのが、当たり前のように。


見知らぬ人の、葬式後の会食にも、
勝手に入り込む。
まるで故人と知り合いだったみたいに。


本来、そんな事がバレたら、
通報ものだろうけど、
このパウルさん、
とってもチャーミングなおじさんで、
なぜか憎めない。
その笑顔に、全て許してしまう。


笑えるといえば、
会食の席で、
隣に座ったお婆さんにも、大笑い。


彼女は、大切な秘密を打ち明けるように、
小声でパウルさんに話し掛ける。
「私、エイズなの」と。


ビックリして、パウルさんがお婆さんを見ると、
「日本人にうつされたのよ」だと(笑)。
そんな事で、日本人の名前を出さないでー!と思いながらも、
笑いが止まらない。
他のお客さんたちも笑っている。
それを言ったのが、若い女性じゃなくて、
そんな事とは無縁そうなお婆さんだったのが、
笑いを誘う要因だったのかもしれない。


人が、ある日、突然、
今まで築き上げたものを捨てて蒸発する。
その気持ち、ちょっと分からなくもないな。
もう何もかも、
どーでもよくなって、
プイといなくなれたらいいだろうなと思う事がある。


この映画とは全然関係ないけど、
山本文緒さんの小説、「落花流水」の中にも、
そんなシーンがあって、
その部分を読んだ時は、
後頭部を殴られたような衝撃を覚えたものだ。


それを実行しないのは、
勇気がないだけで、
だから、できる人が羨ましいのかもしれない。


で、私は蒸発はできないけど、
映画を観たり、
旅行に行ったりするのが、
きっとささやかな、
非日常への逃避なんだと、
そんな気がしている。


評価 ★★★☆☆

nice!(134)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

nice! 134

コメント 3

ヤマカゼ

蒸発できないけどとは、意味深ですね。
自分も
サラリーマンですから特別何かしようとか考えては無いですね。
by ヤマカゼ (2019-03-14 22:43) 

きよたん

深刻な映画かなと思ったら笑わせられるなんていいですね
旅への逃避行 面白い 興味がある
青山さんと同じ 小さな非日常への旅も含めて
時々、上野駅や東京駅でふとこのまま
遠くへ向かう電車に乗ってしまいたくなります。

by きよたん (2019-03-15 06:21) 

裏・市長

パウルはアホか?。
失踪するのはいいけれど、家庭持ちかよ!。
これが17~18歳ならいいけれど、
43歳で自分探しかよ?!。

探し物に年齢制限は関係ないけれど、
迷惑、心配をかける対象がいるのに、
それはアカン。こういう事をしたい人間、
する怖れがある人間は、家庭なんか持っては
いけないのだ。

あ!青山実花さん!。
それは今まで築き上げたすべてを捨てて、
関西地方の鹿の匂いのする地方に逃避したいという、
思いを遠回しに匂わせているのですね!。

ボクにはわかりました!。
ボクはそーゆー所はかなり鋭いのです!敏感です。
ビンビンです!。

勇気なんか必要ありません。
必要なのは、片道の新幹線代だけです。

おぉ!いいタイミングだ!。
丁度、今日からダイヤ改正で新大阪から奈良駅まで、
直通になったんですよ!。

もう、これは飛びこめという事ですよ。線路ではありませんよ。

任せてください!奈良駅から大和高田駅までの
電車代位、ボクがお貸しします!。
ご当地で働いて返してくださればいいですよ。
利息はトイチで。

よろしくお願いいたします。
by 裏・市長 (2019-03-16 09:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。