So-net無料ブログ作成

「続 夕陽のガンマン 地獄の決斗」 [映画]

zokuyuuhinogunman.jpg
〔1967年/イタリア〕


南北戦争末期。
ジョー(クリント・イーストウッド)と
テュコ(イーライ・ウォラック)のコンビは、
懸賞金を騙し取りながら、
旅を続けていた。


ある時、2人は、
砂漠の中を疾走する馬車を止める。
中にいた瀕死の兵士が、
墓地「サッドヒル」に、
20万ドルの大金を隠した、と言い残して死ぬ。


2人は、すぐに「サッドヒル」に向かったが、
同じく、その20万ドルを狙う
ガンマン・セサンテ(リー・ヴァン・クリーフ)と
三つ巴になり・・・。





上映会で観た。


3月8日に公開される、
ドキュメンタリー映画、「サッドヒルを掘り返せ」の公開記念で、
企画された上映会なのだそうだ。


奇しくも、
これを観た前日、「運び屋」の試写会に行ったばかり。
二日連続で、
88歳と36歳のクリント・イーストウッドを見た事になる。


私なんかが、わざわざ書くまでもなく、
イーストウッドが凄い人なのは分かり切っている事だけど、
やっぱり凄いよ、彼は。


長い間、
全く衰えることなく、
88歳の今でも、
映画の監督をし、演じる事もできる、
その力量。


それも、無理に若ぶった演技や演出をするわけでなく、
年相応の衰えや、哀しみを演じられる、
自分を認められる人。


そして、この「続 夕陽のガンマン」。
私は、こんな若い頃のイーストウッドを
劇場のスクリーンで観たのは初めてだけど、
いやー、掛け値なしのいい男だ。
本当にカッコいい。
自宅でDVDやビデオで観るより、
何十倍も画面に映える。
こういう人を、
本物の映画スターというのだろう。


映画も179分という、
めっちゃ長い作品だけど、
全く飽きる事なく、見入ってしまう。


クリント・イーストウッドとイーライ・ウォラックのコンビの
面白さ。
そして、20万ドルの金を求めて、紆余曲折の末、
墓地「サッドヒル」に辿り着いた瞬間の演出の素晴らしさには、
息を飲む。


先ほど、
ドキュメンタリー映画、「サッドヒルを掘り返せ」の
公開記念上映と書いたけれど、
この「サッドヒル」は、
本物の墓地ではなく、
スペインで、映画用に作られた墓地だそうで、
映画撮影後、50年もの間、
荒れ果てたまま、放置されていたのだそうだ。


で、2015年に、このロケ地に、
再び息を吹き込もうという有志が鍬やシャベルを手に集まり、
映画撮影当時そのままに整地した様子を撮ったのが、
「サッドヒルを掘り返せ」とのことだ。


正直、私は、
この「続 夕陽のガンマン」を観るまで、
「何で今更、そんな面倒くさい事を」と、
不思議な気持ちでいたのだけれど、


今なら、分かる。
「続 夕陽のガンマン」の墓地でのシーンに感動した人なら、
あの墓場を再現したくなるし、
参加は出来なくても、
「サッドヒルを掘り返せ」を観たくなる。


今、
5,000もの墓がある、広大な墓地を、
映画で描こうとするなら、
おそらくCGで作られる事だろう。
それはそれで、
私は映画が面白ければいいと思っているけれど、


でも、50年以上前の、
手作りの映画の凄さは、
やっぱりどこか違う。
「サッドヒルを掘り返せ」、観てみたい。


zokuyuuhinogunman2.jpg
墓地と言っても、日本のそれとは、
雰囲気も規模も違います(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(122)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 122

コメント 6

向日葵

「夕陽のガンマン」

「続・夕陽のガンマン」

の2作品は、たぶん公開当時、映画館には連れて行って
貰えなくて(大人の誰かに連れて行ってもらわないと
映画そのものを見られなかったころだと思います。)
なんとか洋画劇場の類でTVで食い入るように見入った口だと
思います。

男の子たちなんか、もう誰でもイーストウッドで、
当時の人気ももの凄かったですね。
西部的とあって、女の子にはどうだったんだろう・・??

男の子ほどの人気ではなかった・・みたい・・???

クラスで話されるには、まだワタクシ達自身が幼過ぎた
のかな・・??
by 向日葵 (2019-03-02 18:02) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます。

「夕陽のガンマン」も続編も、
とても古い映画なので、
劇場に行くには難しかったかもしれませんね。
ちなみに私も、
「夕陽のガンマン」は2010年にビデオで観たと、
映画日記に書いてあります^^

若い頃のイーストウッドは、
どちらかというと、
女性より男性に人気だったのかもしれませんね^^
男が憧れる男、みたいな^^

by 青山実花 (2019-03-03 09:37) 

MONSTER ZERO

こりゃまた懐かしい!(^^;

とは言っても我々の世代はテレビで観た人が多いのではと思います
大スクリーンもさることながら、CS、ブルーレイ等で高画質バージョンを観ることが可能な現代はホントに羨ましい限りです!

前作「夕陽のガンマン」もそうでしたが、脇役のリー・ヴァン・クリーフがあまりにカッコ良くて痺れましたねぇ!

極めつけは「怒りの荒野」でのジュリアーノ・ジェンマの師匠役!(^^;
by MONSTER ZERO (2019-03-04 13:11) 

裏・市長

すごいよね。
一人の俳優の半世紀の記録を、
2日連続で観てしまったのだな。

これだけ長い期間、
第一線で活躍し続ける・・・というのも、
なかなかできるこっちゃない。

日本ではちょっと無理やね。
最近の日本は、なんだか俳優も使い捨て。

若い頃はチヤホヤもみもみするけれど、
次から次へと、目新しさばかりに気を取られて
しまっている。このままでは俳優が育たずに、
ますます日本映画界が衰退してしまう。

だって、日本製作の映画ランキング上位は、
ドラゴンボールとか、プリキュアとか、
アニメばっかりやで。

オスとメスのデートだって、邦画と洋画、
どっちを観る?ってなったら、皆、洋画を選ぶ…。

ボクは本当に日本映画の未来を危惧しているのです。

青山実花さんはso-netブログ界に君臨していただき、
半世紀どころか、2~3世紀は継続し続けて、
え?青山実花?そう言えばいたなぁ!いたいた!。
え?あのクソババア、まだブログなんてやってんの?!と、
世間を呆れさせてやってください。

3世紀後まで生きろなんて無理は申しません。

その頃には機械の体がデフォです。
ブログネームも微妙に変えましょう。
「青山メカ」と・・・。
by 裏・市長 (2019-03-06 05:38) 

青山実花

MONSTER ZEROさん
コメントありがとうございます。

劇場で観られなかった映画を観るって、
昔は今よりずっと大事な時間でしたね。
なにせ、レンタルも何もありませんから、
その時間は絶対外せないわけで。

リー・ヴァン・クリーフ私も、
カッコイイなーと思いました^^

by 青山実花 (2019-03-10 08:19) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

36歳の人が、
52年経つと、こんな風に老けるのだなと、
よく理解できた、貴重な2日間でした。
ありがとうございます。


今の日本は、
俳優や歌手のスキャンダルにうるさすぎるのでございます。

昔の俳優さんをご覧なさい。
阪東妻三郎さん、三船敏郎さん、三國連太郎さん、タンバリン、
田宮二郎さん、勝新太郎さん、鶴田浩二さん・・・

皆さん、愛人がいて、
愛人に産ませた子供までいるかたも
多いのでございます。
栗椅子だって、複数の女性の
子供を生ませているのでございます。

でも、世間はそんな事で騒ぎはしなかった。
いや、騒ぎはしたのでしょうが、
やれ降板だ、謹慎だ、なんて事はなかった。
だからこそ、素晴らしい作品が
多数、世に出てきたのでございます。

俳優やミュージシャンが、
人畜無害、聖人君主だったら、
もう全然面白くありません。
破天荒だからこそ、の芸能人なのでございます。


はい、もちろんです。
わたくし、ブログはやめませんわよ。
どんな嫌がらせにあっても、続けていくつもりでございます。

だって、ブログを続ける事自体が、
嫌がらせになりますでしょう?おほほ。

by 青山実花 (2019-03-10 08:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。