So-net無料ブログ作成

「長崎の歌は忘れじ」 [映画]

nagasakinoutahawasureji.jpg
〔1952年/日本〕


第二次世界大戦の真っ只中、
アメリカ軍の兵士・ヘンリー・グレイは、
日本人捕虜・オクムラタカシから、未完の楽譜を託され、
完成を約束した直後、オクムラは死ぬ。


戦争が終わり、
オクムラの故郷・長崎を訪ねたヘンリーは、
ホテルに勤務する牧原桃子(久我美子)と親しくなる。


桃子には、
原爆のせいで盲目になった姉・綾子(京マチ子)がいた。
綾子は、自分の目を不自由にした、
アメリカと、アメリカ人を決して許そうとはしなかった。


綾子は、夫・道信の復員を
心待ちにしていた。
夫が戦死したら、自分も死ぬ、
と公言するくらい、
彼女は夫を愛していた。


ところが、オクムラがヘンリーに託した曲が、
道信の作曲ということが分かる。
道信は捕虜になった際、偽名を名乗っていたのだ。
義理兄の死を、綾子にどう伝えればいいのか。
桃子は、悩み苦しむ・・・。





これは大変に貴重な映画だ。
観られて、めちゃくちゃ嬉しい。


というのも、
若尾文子さんが、
ほんのチョイ役で出演されているのに、
オフィシャルサイトにも、
このタイトルが載っていない作品なのだ。


しかも、この映画、
公開されたのが、1952年3月27日。
若尾さんのデビュー作とされている、
「死の街を脱れて」は、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08
1952年5月22日なので、
こちらこそ、本物のデビュー作ではないか。


この映画に若尾さんが出演しているのではないか、
という噂は、
私も何かで読んではいたのだけれど、
確証がなく、
確証がないのに、DVDを買うのはためらいがあり、
何年も迷っていたところに、
友人Aさんが、DVDを持っていると知り、
お借りして、観る事ができたのです。
Aさん、本当にどうもありがとうございます。


若尾さんのファンとして、
とても貴重な映画だけれど、
それを差し引いても、
本当にいい映画だと思う。


原爆で、盲目となりながら、
出征した夫の帰りを、
今日か、明日かと、
待ちわびる京マチ子さんは、
まるで童女のように可愛くて、
本気で夫を愛しているのだなぁと、
その気持ちの深さに心打たれる。


そして、
姉の夫が既に死んでいる事を知ってしまい、
それをどう知らせようか、
悩む久我美子さん。


黙っていたら駄目なんだろうか、と、
ちょっと思ったりもする。
京さんは、夫の死を知ったら、
後追いするのは間違いなさそうなので、
5年10年して、京さんが諦めた頃、
伝えるとか・・・って。


いや、
それは、戦後70年以上も経った今だから言える事で、
当時は、
そうはいかなかったのだろう。


戦後は、そういった事例が沢山あったのだろうと
推察する。


終盤からラストにかけて、素晴らしい。
ああ、良かった、と思える終わり。


評価 ★★★★☆




この作品で、
若尾文子さんの出演映画、161本中122本を観た事となりました。
(今まで、出演作は160本としてきましたが、
 本作から161本にします)


(★は観た作品)


★春の雪 (2005)
★竹取物語 (1987)
★ある映画監督の生涯 溝口健二の記録 (1975)
 幻の殺意 (1971)
★男はつらいよ 純情篇 (1971)
★スパルタ教育 くたばれ親父 (1970)
 座頭市と用心棒 (1970)
★天狗党 (1969)
★千羽鶴 (1969)
★濡れた二人 (1968)
★積木の箱 (1968)
★不信のとき (1968)
★鉄砲伝来記 (1968)
★華岡青洲の妻 (1967)
★砂糖菓子が壊れるとき (1967)
★妻二人 (1967)
★夜の罠 (1967)
★雪の喪章 (1967)
 処女受胎 (1966)
★赤い天使 (1966)
★雁 (1966)
★氷点 (1966)
★処女が見た (1966)
★刺青 (1966)
★妻の日の愛のかたみに (1965)
★不倫 (1965)
★清作の妻 (1965)
★帯をとく夏子 (1965)
★女めくら物語 (1965)
★波影 (1965)
★花実のない森 (1965)
★幸せなら手をたたこう (1964)
 悶え (1964)
★卍(まんじ) (1964)
★獣の戯れ (1964)
★傷だらけの山河 (1964)
★「女の小箱」より 夫が見た (1964)
★温泉女医 (1964)
★新・忍びの者 (1963)
★越前竹人形 (1963)
 女が愛して憎むとき (1963)
★わたしを深く埋めて (1963)
★女系家族 (1963)
 八月生れの女 (1963)
★雪之丞変化 (1963)
★しとやかな獣 (1962)
★秦・始皇帝 (1962)
★瘋癲老人日記 (1962)
★その夜は忘れない (1962)
★やっちゃ場の女 (1962)
★仲よし音頭 日本一だよ (1962)
★閉店時間 (1962)
★爛(ただれ) (1962)
★雁の寺 (1962)
★家庭の事情 (1962)
★妻は告白する (1961)
★新源氏物語 (1961)
★銀座のぼんぼん (1961)
★女は二度生まれる (1961)
★女の勲章 (1961)
★東京おにぎり娘 (1961)
★好色一代男 (1961)
★お嬢さん (1961)
★婚期 (1961)
★花くらべ狸道中 (1961)
★銀座っ子物語 (1961)
 素敵な野郎(1961)
 鎮花祭 (1960)
★偽大学生 (1960)
★安珍と清姫 (1960)
★勝利と敗北 (1960)
★ぼんち (1960)
★からっ風野郎 (1960)
★女は抵抗する (1960)
★女経(じょきょう) (1960)
★初春狸御殿 (1959)
★浮草 (1959)
 実は熟したり (1959)
★美貌に罪あり (1959)
 花の大障碍 (1959)
★次郎長富士 (1959)
★氾濫 (1959)
★山田長政 王者の剣 (1959)
★薔薇の木にバラの花咲く (1959)
★最高殊勲夫人 (1959)
★あなたと私の合言葉 さようなら、今日は (1959)
 新婚七つの楽しみ(1959)
★母(1958)
★娘の冒険 (1958)
★夜の素顔 (1958)
 嵐の講道館(1958)
★一粒の麦 (1958)
★息子の結婚 (1958)
★口笛を吹く渡り鳥 (1958)
★愛河 (1958)
★忠臣蔵 (1958)
★螢火 (1958)
★東京の瞳 (1958)
 妻こそわが命(1958)
★青空娘 (1957)
★夕凪 (1957)
★誘惑からの脱出 (1957)
★永すぎた春 (1957)
★朱雀門 (1957)
★慕情の河 (1957)
 続銀河の都 (1957)
★スタジオはてんやわんや (1957)
 銀河の都 (1957)
 君を愛す (1956)
★四十八歳の抵抗 (1956)
★日本橋 (1956)
★涙 (1956)
 スタジオは大騒ぎ (1956)
 あさ潮ゆう潮 (1956)
★滝の白糸 (1956)
★処刑の部屋 (1956)
★新婚日記 恥ずかしい夢(1956)
★新婚日記 嬉しい朝(1956)
★赤線地帯 (1956)
★虹いくたび (1956)
★新妻の寝ごと (1956)
★花嫁のため息 (1956)
 薔薇の絋道館 (1956)
★弾痕街 (1955)
 七人の兄いもうと (1955)
★珠はくだけず (1955)
★長崎の夜 (1955)
★幻の馬 (1955)
 娘の縁談 (1955)
★薔薇いくたびか (1955)
★月に飛ぶ雁 (1955)
 幸福を配達する娘 (1955)
★螢の光 (1955)
 勝敗(1954)
荒城の月 (1954)
★月よりの使者 (1954)
 緑の仲間 (1954)
★浅草の夜 (1954)
 慕情 (1954)
★舞妓物語 (1954)
★酔いどれ二刀流 (1954)
★或る女 (1954)
★心の日月 (1954)
 十代の誘惑 (1953)
 無法者 (1953)
 続続十代の性典 (1953)
 春雪の門 (1953)
★祇園囃子 (1953)
 続十代の性典 (1953)
 チャタレー夫人は日本にもいた (1953)
 怒れ三平 (1953)
★十代の性典 (1953)
 総理大臣と女カメラマン 彼女の特ダネ (1952)
 街の小天狗 (1952)
 秘密 (1952)
 明日は日曜日 (1952)
 花嫁花婿チャンバラ節(1952)
★母子鶴 (1952)
 猛獣使いの少女 (1952)
★死の街を脱れて (1952)
★長崎の歌は忘れじ (1952)

nice!(122)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 122

コメント 8

Mitch

貴重な発見をされましたね^^
by Mitch (2019-02-08 18:15) 

裏・市長

青山さんは若尾文子のファンなんですね
161本中122本をご覧になったとはすごい!
by 裏・市長 (2019-02-08 21:26) 

青山実花

Mitchさん
コメントありがとうございます。

ありがとうございます。
皆様にとってはどーでもいいことだと思うのですが、
マニアには貴重なんです^^;
by 青山実花 (2019-02-08 21:54) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

はい、若尾文子さん大好きです。
色っぽいところが、
私にちょっと似て・・・ませんね(笑)。

by 青山実花 (2019-02-08 21:55) 

yamatonosuke

若尾文子さんの映画見てみたくなりました♪
by yamatonosuke (2019-02-09 01:09) 

裏・市長

へー・・・若尾文子さんの出演作、
161本に増えたのか。

この1本というのは実は大きいのです。

昔、手塚治虫先生が漫画全集を出した時、
「史上初!」として全300巻で完結させたんです。

そしたらその後、藤子不二雄先生が
全集を発行して、「3 0 1巻」で完結させたんです。

1冊だけ多いんです。

「萬画の神様」に対してイヤらしいことするな~~~と、
当時、ボク思いました。

そしたら負けず嫌いの手塚治虫先生、
追加で全集の続きを刊行!。
「全 4 0 0 巻」にいたしました(笑)。

やはり手塚、キング・オブ・キング!と思ったら、
石ノ森章太郎先生が全500巻の全集を出しました。
・・・なんやそれ。
by 裏・市長 (2019-02-11 17:29) 

青山実花

yamatonosukeさん
コメントありがとうございます。

若尾文子さんの映画は、
本当に面白いです。
「雁の寺」
「妻は告白する」
「清作の妻」あたりは特におすすめです^^

by 青山実花 (2019-02-17 08:57) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

本当、たった1本の映画でも、
それが付け加えられるか、られないかでは、
大変な違いですわね。

ニール・アームストロング船長も言っておられますわ。

「世間とっては小さな一本だが、青山にとっては偉大な飛躍だ。」と。

やはり、初めて月面に降り立つような偉大なかたは違います。
極東の小国の一介の映画好きにまで、
お言葉を残されておられるのですね。


それに引き換え、
日本の漫画家先生たちの
大人げない事ったら。

手塚先生、藤子不二雄先生、石ノ森章太郎先生。
この中で、一番大人げないのは、一体誰なんでしょ。

どれも同じ、五十歩百歩でしょうか・・・。

by 青山実花 (2019-02-17 08:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。